美容

プールの塩素で肌が白くなる⁉︎それとも荒れる? その真相とは

投稿日:

『プールの塩素で肌が白くなる』そんな噂が世間で話題になっています。

 

白くなるって、いい意味で色白になる?

悪い意味で肌が荒れて白くなる?

どちら?という疑問を解決したいと思います。

 

確かに水泳選手って、色白な方が多い気がしませんか?

 

プールに通って肌が荒れたという人も、聞いたことがあります。

 

それはプールに入っている塩素が影響しているのか?

 

そんな疑問から真相をお伝えします。

プールに入っている塩素とは

まず塩素とは何かご紹介したいと思います。

簡単に言うと消毒の役割があるものです。

 

塩素とは次亜塩素酸ナトリウムのこと。

強いものだと漂白剤、カビキラーなど、薄いものだと水道水やプールにも含まれています。

 

漂白剤などから考えると、塩素って強い毒性のものだと思いますよね。

 

でも水道水やプールは、安全の範囲内で塩素の濃度を法律で決めています。

 

ちなみに水道水の濃度より、プールの塩素量は少し多いくらいが基準だそうです。

 

しかしプールの利用者数や、入れた直後では濃度が高くなる場合もあります。

時々塩素臭いプールがありますよね。

 

特に幼稚園とか小学校の屋外プールは、塩素くさかった気がします。

プールの塩素に美白効果はあるのか

塩素によって肌が綺麗に白くなるのか。

そんな噂もありますが、それは残念ながらありません。

 

水泳選手など肌がきれいに見えるのは、長い時間水中にいることで、毛穴が引き締まり、キメ細かくなっているからだと考えられます。

 

キメが細かい肌は綺麗ですよね。

なので塩素によって肌が綺麗になる訳ではありませんでした。

プールの塩素による肌の影響

逆に塩素による肌の影響がいくつかある事が分かりました。

 

具体的には皮膚がしみる、刺激感がある、かぶれ、アトピーの悪化があるとされています。

 

酷くなると、悪い意味で肌が白くなります。

 

私は感じたことはありませんでしたが、肌に異変がある場合は、速やかに皮膚科への受診が必要ですね。

 

基準値を上回ると、皮膚に悪影響があります。

しかしプールの衛生上、塩素の使用は必要ですよね。

プールの塩素で肌トラブルにならない為には

プールに含まれている塩素の量は肌にトラブルがないように基準値が決まっています。

 

しかし塩素の量が、基準値より多かったりした場合は肌トラブルを引き起こす原因となります。

 

そんな時は、プール後のケアが必要なんです。

 

1.塩素を落とす

プール後は、シャワーでしっかり洗うことが大切です。

 

2.入浴をする

入浴をする事で、毛穴が開き目には見えない汚れを落とすことができます。

 

3.保湿をする

しっかり保湿をすることで、乾燥から肌を守ります。

 

この3つを守ることで、塩素による肌トラブルを防ぐことができます。

肌を白くするためには

では綺麗に肌を白くしたい時は、どうするべきなのでしょうか。

 

まず肌が黒くなる原因をご紹介します。

・紫外線を浴び、日焼けをする。

・メラニン色素量が多い。

・肌がくすんでいる。

 

つまり肌を白くする為には、この3つを防ぐことが大切なんです。

 

紫外線から受けるダメージを最小限にする

紫外線で肌が黒くなるのは、肌を紫外線から守るためにメラニン色素を大量に作るためです。

 

このメラニン色素を増やすと肌が黒くなるんです。

 

つまり紫外線から受けるダメージを最小限にすることが、肌を白くするためには重要なんです。

 

そのためには日焼け止めは、年中使用することが大切ですね。

 

目からも紫外線を吸収するので、UVカットのサングラスや、コンタクトレンズの使用をお勧めします。

 

メラニン色素を減らす、肌のくすみ対策

肌を明るく見せるためには、シミやくすみを防ぐことも大切です。

 

そこで美白効果の化粧品がオススメです。

美白専用にはメラニンを抑える効果もあるので、専用を使いながら、しっかり保湿することが大事ですね。

 

あとはビタミンCを積極的に摂ることで、メラニン色素の量を抑える効果もあります。

 

簡単にできる美白テクニック

日焼け止めや、美白化粧品は毎日のお手入れとして大切です。

 

それ以外に簡単にできる美白テクとして、ピーリングがあります。

 

2週に1.2回程度で、古い角質を落として、肌の代謝をあげることができます。

 

無添加のものを選べば安心ですし、透明感がアップして、くすみを改善することができます。

まとめ

・塩素自体には、肌を白くする効果はない。

・むしろ肌が荒れることがある(それで白くなりたくはないですよね)。

肌を白くするために

・紫外線から受けるダメージを最小限にする。

・日焼け止めは年中使用する。

・UVカットのサングラス、コンタクトレンズを使用する。

・美白化粧品を使用する。

・ビタミンCを摂取する。

・ピーリングをする。

 

プールの塩素肌は白くはなりませんでしたが、美白になる為には、紫外線対策、メラニン色素を減らす、シミやくすみを予防することが重要だとわかりました。

 

ピーリングを日課にすれば、肌の代謝があがり、透明感のある美肌になれますね。

 

ぜひ夏だけではなく、年中美白ケアをして満足のいく肌に仕上げましょう。

-美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スカルプシャンプーのメリットとデメリットは? 特徴も含めてシャンプーマニアが解説します!

皆さんが使っているシャンプーは、スカルプシャンプーですか。   男の人にお勧めと言われていますが、もちろん女性にも使うことができます。 スカルプシャンプーとは一体どんなシャンプーなのでしょう …

オイルシャンプーは泡立たない? 泡立ちにくい理由と対策をご紹介!

オイルシャンプーは洗浄力や保湿力が高くて、美容に敏感な方は愛用しているのではないでしょうか。   そんなオイルシャンプーを使ってみたら、泡立ちにくい経験をした人も多いはず。   私 …

ホワイトニングを自宅で簡単に行うやり方! ホームホワイトニングとセルフホワイトニングのメリットとデメリットについて元歯科衛生士がお答えします!

性別や年齢に関係なく、歯のホワイトニングを行っている人は増えてきています。 歯のホワイトニングの方法は4つありますが、今回は比較的に気軽に行えるホームホワイトニングとセルフホワイトニングについて、メリ …

鯖の水煮缶の汁は飲んだほうがいい? 栄養やカロリーは? ダイエット効果がある?ない?

女性なら、誰もが気になる体形。   雑誌やSNS、テレビ番組などで「○○ダイエット」と聞くと 食い入るように見てしまう私です(汗)。   そんな私が注目しているものが、「鯖缶ダイエ …

ワセリンを使うと肌が黒くなるって本当⁉︎ その原因は? スキンケアに良いはずなのに!?

ワセリンはご存知ですか?   薬局やコストコにも販売されているので、手軽に購入できますよね。   コストコにあるワセリンは驚く大きさですよね。   ちなみに私がワセリンの …