生活 美容

ボディソープやリンス, シャンプーに使用期限はある? 過ぎると腐る? どうなるの?

投稿日:2018年12月6日 更新日:

皆さんは、ボディソープや、リンスを使ったことがあると思います。詰め替えでもボトルでも、買ったらすぐに使い始め、中身がなくなるまで使いますよね。

 

しかし、食品のようにボディソープやリンスにも使用期限はあるのでしょうか?もしあるとしたら、使用期限が過ぎるとどうなるのでしょうか。

 

今回はそれらを解説していきます。

ボディソープやリンスに使用期限はある?

ボディソープやリンスに使用期限はあります。薬事法により、使用期限が書かれていないボディソープやリンスで、3年くらい経っても安全面や有効性で変わらないものは使用期限を書かなくても良いという決まりがあります。

 

3年というのは開封してない状態のことです。開封後は、1年くらいになります。しかし、防腐剤、酸化防止剤などが含まれているものは、もっと長くなります。その場合、その商品には使用期限が書かれてあるので、確認しておきましょう。

 

しかし、高温多湿、直射日光に当てて放置するなど、普通ではない環境に置いておくと劣化したり、変質したりしてしまいます。リンス、ボディソープなどに入っている油脂は、温度で劣化が進みやすいので、これは免れないでしょう。

 

シャンプー、リンス、トリートメントなどは全て開封してから3年ほど持つものが多いです。ほとんどの商品に防腐剤などが入っていますからね。

 

ボディソープの使用期限が過ぎてしまうと、ボディソープ自体にカビが生えてしまう恐れがあります。使わないほうがよいでしょう。

シャンプーには使用期限はある? 過ぎるとどうなる?

シャンプーもリンスと同じく使用期限があります。しかし、使用期限を過ぎたらどうなるかは違います。

 

シャンプーを開封したとき、においが何かおかしかったり、水分とシャンプーの成分が分離して水分が上に浮き出た状態だったりすると、使わないほうがよいでしょう。

 

詰め替えるときは、詰め替えるボトルに雑菌があったり、お湯が残っていたりするとシャンプーが腐ってしまう可能性があります。

 

もしシャンプーの使用期限を過ぎたり、腐ったりした状態で髪にそのシャンプーを使ってしまうと頭皮にかゆみが出たり、発疹が出たりしてしまいます。

 

もしシャンプーの使用期限が過ぎてしまったら、トイレ、お風呂、キッチンなどの掃除に使ってしまいましょう。シャンプーは水回りの汚れに非常に効果的です。なので、シャンプーの期限が過ぎたら捨てずに、掃除に使ってしまいましょう。

 

他にもシャンプーの活用法はあります。シャンプーは汗、皮脂汚れに効果が高いため、洗剤の代わりに洗濯機に入れて使うこともできます。しかし、そうやって使う場合は水で薄めましょう。

 

また、濡らしたタオルにシャンプーを少量付け、お風呂、洗面所の鏡に拭きつけると、曇り止めの効果もあります。

 

もしシャンプーを捨ててしまう場合、排水溝に捨てるなどをしてはいけません。正しい捨て方は、牛乳パックに新聞紙を入れてからシャンプーを入れて空いているところを閉じ、捨てることです。燃えるごみに捨てましょう。

リンスの正しい使い方とは?

食品ではないといえどリンスにも使用期限はあります。どうせ使い切るのならば正しい使い方をして髪に負担がかからないようにしたいですよね。

 

髪にあまり気を使っていない人がやりがちなのは、リンスをシャンプーと同じように髪をくしゃくしゃにしながら頭皮にまでつけてしまうやり方です。

 

頭皮についてしまうと頭皮がかゆくなったり、髪が抜けやすくなったりするなどの頭皮トラブルが多くなってしまいます。

 

さらに、シリコン多めのリンスだと、リンスが頭皮の毛穴につまり、髪がうねってしまう原因になりかねません。私の友人はこのような悪いリンスのやり方をしてしまったため、髪がうねりにうねり、くせ毛に悩んでいた時期がありました。

 

リンスは頭皮にはつけず、毛先につけるようにしましょう。女性の後ろの髪は手櫛を通すようにすると良いでしょう。しかし、前髪は手櫛を通すほどの長さはないと思います。

 

前髪は水分を含ませるとねてしまいますよね。ねた状態で髪に塗るようにリンスをつけるのも良くありません。髪を起こし、握るようにしてリンスを付けましょう。そうすると、頭皮につかず、毛先にだけリンスがついた状態になります。

ボディーソープやリンス, シャンプーの使用期限まとめ

・ボディソープやリンスにも、使用期限がある。

・ボディソープ、リンス、シャンプーなどは、開封してから3年ほど持つものが多い。しかし、防腐剤の入っていないものは別である。

・期限が過ぎてしまったら、もう使わない。正しく捨てる、水回りの汚れに活用するなどすると良い。

-生活, 美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シャンプーのシリコンとノンシリコンの違いは? メリットとデメリットは? 効果と見分け方も解説します!

皆さんは、シャンプーの中で、シリコンが入っているシャンプーと、ノンシリコンシャンプーがあるのを知っていますか。   シリコンという言葉は聞いたことがあると思いますが、シャンプーに入っていると …

歯にまつわる迷信や都市伝説5選! あなたはいくつ知ってる? 歯が抜けたら投げる? 炭酸で歯は溶ける?

歯にまつわる迷信や都市伝説は耳にすることは多いです。その迷信や都市伝説を理由とともに元歯科衛生士が説明します。 歯にまつわる迷信や都市伝説1. 子供の歯が抜けたら… 日本では昔から子供の歯(乳歯)から …

新しい冷蔵庫で作った氷が臭い…匂いの原因と対策4選を徹底解説!!

新しく購入したピカピカの冷蔵庫。設置していざ使い始めたら出来上がった氷がなんだか臭い…なんてことはありませんか?   飲み物を飲むときにがっかりしてしまうものです。   新品の冷蔵 …

20代で髪質が変化する理由とは? 細くコシがなくなる原因と対策4選!

皆さんは、家族や知り合いの中で20代の方はいらっしゃいますか。   20代は、髪質が変化しやすい時期です。   昔からずっと一緒にいる仲なら、髪質の変化にも気が付くのではないかと思 …

石鹸, アミノ酸, 高級アルコール, オーガニックシャンプーの違いや特徴は? どれが一番良い?

皆さんは、自分が使っているシャンプーがどんな種類のシャンプーか、ご存知ですか。   髪に気を使っていない人は、あまり把握していないと思います。しかし、もし美しい髪を目指すのなら、自分が使って …