健康 美容 食材

キムチの汁の知られざる栄養効果とは⁉ 美容, ダイエット, 健康…衝撃の事実!!

投稿日:2018年11月13日 更新日:

キムチは美味しいですよね。

 

私も韓国へ旅行したとき、たくさん食べました!

いろんな味や具材を使っていて飽きないですよね。

 

冬に行ったのですが、寒い時にキムチを食べると身体がポカポカしました!

 

イメージとしてはダイエットにもよさそう。

 

そんな今回は、キムチの汁に注目してみました。

 

キムチの汁はどうしていますか?

ほとんどの人は捨てているのではないでしょうか。

 

キムチは身体にいいのはご存知ですよね。

そんなキムチの汁って栄養があるの?ないの?

 

その疑問を解決しましょう!

キムチと汁の栄養それぞれを比べ、結果どうすべきなのか紹介したいと思います。

キムチの栄養と効果

キムチには、健康に関係する栄養成分が多くふくまれています。

 

別名「薬効の宝庫」ともいわれるほど。

 

キムチの代表的な栄養成分と効果は…

カプサイシン…体脂肪が燃焼

カロチン…免疫力を高める

アリシン…疲労回復効果

スコルジニン…新陳代謝を高める

アラニン…二日酔い予防

ビタミンA…肌の健康維持

ビタミンB…美肌効果

ビタミンC…ストレス解消

カリウム…血圧を下げる効果

カルシウム…骨や筋肉の造成

食物繊維…便秘改善

タウリン…血圧を下げる効果

アスパラギン酸…抵抗力を高める効果

 

こんなに豊富なんですよ!

 

キムチの中には栄養ドリンクの主要成分が含まれているんです!

キムチの汁の栄養と効果

 

キムチが浸かっている赤い汁。

キムチは食べるけど、汁は捨てちゃいますよね。

 

韓国では汁まで飲めるキムチを水キムチと言って、日本でいうとぬか漬けに近い存在みたいです。

 

キムチの汁は捨てることが多いですが、水キムチはこの汁で冷麺のスープとして活用されています。

 

栄養の宝庫のキムチの汁を飲むことはとてもいいことなんですよ。

 

キムチは発酵食品で乳酸菌が豊富ですよね。

実はそれはキムチの汁に殆ど入っていたんです。

 

なんとキムチの汁には8億、キムチの白菜には500万しか乳酸菌が入っていないです。

 

乳酸菌と栄養素が沢山入っている汁を捨てていたなんて、ショックですよね…

 

でも、これを読んだあなたは今から始められます!

キムチの汁ごと取れる! 特に注目したい水キムチ

キムチの汁にも栄養が豊富だと分かりましたね。

 

そして特に注目したいのが、韓国で日常的に食べられている水キムチです。

 

キムチといっても辛くないのが特徴なんですよ。

 

そして水キムチの莫大な乳酸菌は効果絶大!

 

腸内を美しく保つことは、健康維持に大きな効果を果たすことがわかってきています。

 

そして乳酸菌は、腸内環境を整えるのに欠くことのできない存在。

 

腸まで届く乳酸菌を手軽に多く取れるとあらば、水キムチがオススメなんです。

 

そもそも水キムチには、なぜ乳酸菌が多く含まれるのでしょうか。

 

それはぬか漬けと同じ発酵なんです。

 

米のとぎ汁をベースにした漬け汁に、野菜を浸すことで、野菜についている常在乳酸菌がとぎ汁を餌に繁殖するんです。

 

この発酵おかげで乳酸菌は、爆発的に増えます。

 

その乳酸菌の量は、ぬか漬けの数倍にもなると言われているんです。

 

これは驚きですよね。

 

腸まで届く乳酸菌は腸内環境を整えてくれるのはもちろん、美肌や生活習慣病の予防や免疫力UP 、ガン抑制まで効果があると言われています。

 

私も早速作ってみましたが、さっぱりして食べやすかったです。

 

キムチが好きなら、水キムチもきっと好きになりますよ。

 

これで栄養も取れるし一石二鳥ですね!

キムチを汁ごと食べる美味しい食べ方

漬けて1週間までの浅漬けのうちは、ご飯の供やお茶請けとして、そのままで食べるのがいちばんです。

 

漬けたてのフレッシュな風味と、まろやかな酸味を楽しみましょう。

 

漬けて1週間くらいたって発酵が進んでくると、酸味が増しますよね。

 

そのまま食べるには酸っぱいときは、スープやチャーハン、豚キムチなどの料理に活用するのがオススメです。

 

キムチは炒めて酸味をとばしてから調理に使うのが、おいしく仕上げるポイントなんです。

 

そして漬け汁には、キムチのうまみや栄養がたっぷり入っています。

 

ぜひ、漬け汁ごと味わってください!

 

料理に使うときも、漬け汁ごと使うといいですよ。

 

漬け汁が余ったら、空き瓶などに入れて冷蔵庫で保存すれのが便利です。

 

スープや煮物、鍋料理、麺などに、調味料がわりに活用しましょう。

 

漬け汁だけでも発酵が進むので、時間とともにおいしくなるんです!

 

約3週間以内には使いきるのがベストですね。

 

実は冷凍もできるので、ジッパー付き保存袋に入れて、冷凍庫で約2か月間保存可能です。

キムチの汁の栄養効果まとめ

・キムチは栄養素がたくさん

・汁に殆ど乳酸菌が含まれている

・キムチの汁は捨てずに使う

・水キムチは乳酸菌が豊富

・つけ汁は瓶にいれて活用

・3週間以内で使い切る

・冷凍すれば2ヶ月保存可能

 

キムチの汁には、とても栄養が含まれているんですね。

 

これを使わないなんて、勿体無いですね。

 

スープやチャーハンなど、いろんな料理に使えば手軽に摂取できますね。

 

ぜひ皆さんも食べてみてください。

-健康, 美容, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

深夜にやる筋トレは老化を早めてしまう!? やる時間がない場合はどうすればいい?

皆さんは、筋トレをしますか。   運動不足だから筋トレをする、少し太ってきたら筋トレをするなど、筋トレをするにはそれぞれに理由があります。   しかし、仕事や家事などで時間が取れな …

豚肉が青い…食べても大丈夫? こんな時どうする? 考えられる3つの原因と対策!

いつも通りに冷蔵庫で保存していた豚肉を調理しようと取り出してみたらなんだか青い…。   そんな経験はありませんか?   豚肉が青いのを発見したらそのまま調理しても大丈夫なのでしょう …

チャーハンのレンゲを使った食べ方のマナーは? こぼさない上手な方法はある?

中華料理屋さんなどでチャーハンを食べるとき、 添えられるのがたいていレンゲ。   当たり前のようにありますが、チャーハンを食べるとき、 レンゲがとても使いにくい!   いつもチャー …

古くなったり酸化してしまったオリーブオイルの使い道5選! そもそも古くても大丈夫!?

健康や美容によいと注目され、人気のオリーブオイル。   スーパーマーケットでも取り扱われるようになり、ギフト品の1つとして選ばれることも増えてきたように感じます。   しかし、いざ …

ダナブルーは本当にまずい? おいしい食べ方5選をまとめました!

デンマークのお土産の定番のひとつがダナブルー。 青かびタイプのチーズです。   牛の生乳を使っているので、チーズの味そのものはマイルド。   しかし、青かびタイプならではの塩味は、 …