旅行 雑学

オーロラ鑑賞のベストシーズンはいつ? 春夏秋冬どの季節が最適? カナダ・イエローナイフ, アラスカ・フェアバンクス, ノルウェー・トロムソ, ニュージーランド・デカポ湖それぞれについて解説します!

投稿日:2018年9月25日 更新日:

皆さんは、もしオーロラを見るとするならば、いつ見ますか。私なら冬の寒い夜に見ます。

 

なぜなら、オーロラと聞いて想像する場所は、寒いところだからです。また、寒いところでオーロラを見ると、ロマンチックに思うからです。

 

そんなオーロラですが、もし見るとするならば、春夏秋冬、どの季節に見るのが一番良いのでしょうか。

 

今回は、四季の中で一番オーロラを見るのに適している季節をご紹介します。

オーロラをきれいに見れる条件とは?

オーロラが見れる条件として、三つ挙げられます。

一つ目は、「天気が良く晴れていること」、二つ目は、「街頭、月明かりなど、オーロラ以外の光がないこと」、三つ目は、「太陽の活動が活発であること」です。

オーロラは太陽の活動によって引き起こされるものだからです。

 

オーロラを見ることができる場所は、「オーロラベルト」と呼ばれるドーナツ状の帯の近くにある場所です。

カナダ「イエローナイフ」でのオーロラ鑑賞のベストシーズン

カナダのイエローナイフでは、3日間滞在すれば、8割以上の確率でオーロラを見ることができます。

 

しかし、イエローナイフという場所は、都市部から少し離れているため、そこまで行かなければならないのが難点です。

 

オーロラは冬のイメージがありますが、カナダのイエローナイフで冬に見ようとすると気温がマイナス20℃を超えるため、オーロラが出るまで待ち続けるのは辛いでしょう。

しかも、安価で使えるロッジが無いため、昼間はロッジで過ごすということも難しいです。

 

しかし、8月から9月だと、オーロラを見ることが簡単になります。

カナダのイエローナイフでは、8月から9月の場合、気温は低くても15℃ほどです。

着込んだら耐えられる気温なので、この時期に見るのがベストであると言えます。

アラスカ「フェアバンクス」でのオーロラ鑑賞のベストシーズン

アラスカにあるフェアバンクスだと、8月下旬から3月までがオーロラを見るのに最適です。長期で見られるとこも良いところでしょう。

 

天気が晴れていることが多いため、オーロラを見れる確率も高いです。

イエローナイフと違い、ロッジがたくさんあるため、気温の低い外でオーロラが出現するのを待つ必要がありません

 

オーロラのツアーもあり、ツアーによっては温泉を楽しみながらオーロラを見ることができるものもあります。

 

しかし、オーロラはイエローナイフよりも劣ってしまいます。

ノルウェー「トロムソ」

ノルウェーのトロムソは、オーロラを見るのと合わせて、氷河を見たりしたい人におすすめです。

そして、10月から3月くらいがオーロラを見るのに適しています。

なぜなら、日照時間が短いからです。

 

さらにノルウェーのトロムソでは、宿泊も良いものとなっています。

運が良ければホテルでオーロラを見ることもできます。

しかも、オーロラが見れる時間帯が夜の8時から深夜なので、夜遅い時間まで待たなくてよいのです。

 

しかし、宿泊設備が多いため、街の明かりが明るくなっています。

ですから、オーロラだけをみたいという人にはあまりおすすめしません。

 

さらに、カナダやアラスカと違って貼れている日が多いわけではないため、水蒸気の影響でかすんでしまう場合があり、オーロラが見られないということもあります。

ニュージーランド「テカポ湖」

近くに石でできた「善き羊飼いの教会」という教会がある湖です。

夜は星空がとてもきれいなため、たとえここにきてオーロラが見れなくても満足するのではないでしょうか。

 

白夜と呼ばれる、一日中太陽が沈まない日がない地域のため、一年を通してオーロラを見ることができます。

夏より冬のほうが夜の時間が長いため、冬のほうがオーロラを見ることができる確率は高いでしょう。

 

南に向いていけばいくほど南極点との距離が近くなるため、観測するチャンスが増えます。

さらに、テカポの町はニュージーランドの中で一番晴れた日の確率が高く、空気が澄んでいます。

なので、ニュージーランドの中ではオーロラが見えやすいところです。

 

しかしそれでも見る価値はあるのではないでしょうか。

たくさんの星が散りばめられたきれいな星空とオーロラを一緒に見ることができますからね。

まとめ

・オーロラを見るベストな季節、時期は場所によって異なる。

・良いオーロラを見るためには、「天気が良い」「街頭などの明かりが無い」「太陽の活動が活発」の三つの条件が必要。

・カナダのイエローナイフは、ロッジが無いことだけが難点で、最高のオーロラを見ることができるし、確率も高い。

-旅行, 雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

漫画アシスタントあるある! 私の場合…なんとエスパーの訓練もしました!

昭和の時代の漫画アシスタントの経験からしか、お話しできませんが。   漫画家や、アシスタントに興味ある方に、何かの参考になりましたら嬉しいです。   最近の漫画は、パソコンで描かれ …

ボクシングの赤コーナーと青コーナー! 二つの違いは? 他のスポーツではどうなっている?

皆さんは、ボクシングの試合を見たことはありますか。   実際にその場所まで行ってみたことは無くてもテレビなどで一度は見たことがあると思います。   ボクシングの中には、赤コーナーと …

ベトナム人男性と国際結婚すると苦労する,・大変って本当? その理由4選! その知られざる特徴とは…!

最近は、国際結婚をする日本人女性も増えてきました。   そのなかで、増えてきているのが、ベトナム人の男性と結婚する女性。   物腰が柔らかく、やさしい男性が多いので、 日本人男性と …

ビー玉の意味, 由来, 語源を徹底解説! これであなたもビー玉博士!?

皆さんは、ビー玉はもちろん知っていますよね。   小さいころにビー玉をはじきあって遊んだ人もいるのではないでしょうか。   私はデコピンをするようにはじいていたので爪が痛く、やりま …

ハトが地面をつつくのはなぜ? 理由は2つ! さあわかる?

皆さんは、ハトが地面をつつくような行為をする姿を見たことはありますか。   私は田舎よりも都会のほうがその姿を見る気がします。   特に小さいハトなんかはつついているところが少し可 …