旅行 雑学

究極のオーロラ・オーロラ爆発とは? 観光場所と時期は? 起こる原因も合わせて解説します!

投稿日:2018年9月25日 更新日:

皆さんは、オーロラに爆発があることを知っていますか。私は今まで知りませんでした。

 

きれいなイメージがあるオーロラですが、爆発というのはいったいどのような物なのでしょうか。爆弾が爆発するような爆発なのでしょうか。

 

そして、オーロラの爆発は、どんな時に、どこで見れるのでしょうか。

 

今回は、それをご紹介します。

オーロラ爆発はいつ、どこで見られる?

オーロラ爆発ですが、いつ見られるというのは決まっていません。見られる場所は、カナダのイエローナイフで見ることができます。

 

カナダのイエローナイフだと、一か月にほんの数回しか見られないほど稀です。

 

オーロラ爆発を見られるときが決まっていようがいまいが、オーロラを見ることができる時期でないとオーロラ爆発は見れないでしょう。

イエローナイフでは8月から9月だとオーロラが見られる確率が高まります。この時期ならばオーロラ爆発を見られる確率も高いかもしれません。

オーロラ爆発とは

オーロラ爆発とは、その名の通り、オーロラが爆発することです。しかし、爆弾のように爆発するわけではありません。オーロラが様々な色と形で空を激しく動く現象のことを言います。

 

光の色は、オーロラのイメージである緑だけでなく、赤や黄色、白、紫などがあります。かなり迫力があるようで、見ることができれば思い出の中の思い出と言っても良いほどでしょう。

 

英語で言うと、「auroral breakup(オーロラブレイクアップ)」です。ブレイクアップというのは、「崩壊」、「破れる」という意味があります。オーロラの爆発は空が破れたり壊れたりするように見えたからこのように発音するのかもしれません。

オーロラ爆発をみるためにはオーロラのレベルが高くないといけない

オーロラにはレベルがあります。オーロラ爆発を見るためには、オーロラのレベルが高くなければなりません。

 

レベル1のオーロラは、ほぼ見えないと言っても良いくらい見えづらいです。しかし、かなり弱いオーロラもレベル1に入るので、肉眼で見える人と、肉眼では見えない人がいます。

 

レベル2のオーロラは、そこまで鮮やかではないですが、オーロラを見ることができます。しかし、このレベルだとオーロラは止まったままです。

 

レベル3のオーロラはこのレベルになってから誰でも見えるようになります。レベル2と違い、少しだけ動きが見える場合があります。

 

レベル4のオーロラは、明るくて、鮮やかなオーロラが見えます。さらに、動きもあります。

 

レベル5のオーロラは最高のオーロラです。動きがレベル4と違い活発になり、このレベルになってからやっとオーロラ爆発の可能性が出てきます。なので、レベル5のオーロラを見たいのならば、カナダのイエローナイフなどが最適なのです。

オーロラ爆発はなぜ起こる?

オーロラ爆発がなぜ起こるかということは、かなりのあいだ解明されず、分らないままでした。

 

オーロラ爆発は、緯度が高い地域の空に高音のプラズマが集まって、それらが運動をはじめて大きな電流を急に作り出して起こります。プラズマが集まるのは、地球の付近にある宇宙空間で、磁力線がつなぎ替えられることがきっかけとなります。

 

このオーロラ爆発の原因は、日本の研究グループの人たちによって、最近解明されました。スーパーコンピュータで再現したそうです。

オーロラには伝説がある!?

今の私たちにとってオーロラは、見ようと思えば見れるものだったり、きれいな現象だったりと、思われていますが、場所によっては、竜だったり、精霊だったりするのです。

 

グリーンランドなど、緯度の高い場所では、オーロラは天空からの光とされ、北欧では、神の世界と人間界が結ばれているからオーロラが発生しているとされています。しかも、北欧ではそれを今も信じている人がいます。

 

また、イヌイットでは、精霊が私たち人間のいる場所に話しかけていると言われていました。

 

中国では、オーロラは本当に稀な現象だったため、オーロラは天空に住んでいる粒であると言われていました。

地球以外にもオーロラは出るの?

地球以外にもオーロラは出ます。例えば、木星です。オーロラが出現するためには、磁場と大気が必要になります。なので、大気と磁場がある惑星ではオーロラが出てくる確率は決して0ではありません。

 

木星は地球よりも何倍も磁場が強いので、オーロラが木星で発見されたときの科学者は当然のような顔をしていました。

 

木星だけでなく、土星や天王星、海王星でもオーロラは見られました。しかし、磁場が弱い、磁場が無い惑星である火星、金星、大気を持ってない水星にはオーロラは出ません。

まとめ

・オーロラ爆発が出る時期は定まっていないが、最高レベルのオーロラが出た時で初めてオーロラ爆発の可能性が出る

・オーロラ爆発を見るのならば、オーロラが出る可能性が高いかつレベルの高いオーロラが出やすいカナダのイエローナイフがおすすめ。

-旅行, 雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デンマークの豚肉って安全なの? プラセンタの原料としても注目?

日本のスーパーに買い物に行くと目にするのが、たくさんの種類の豚肉。 そのなかには、海外から輸入されている豚肉も少なくありません。 豚肉というと、多くの人が気になるのが安全性ですよね。 どんな環境で豚を …

ミートソース, ボロネーゼパスタ, ラグーの違いとは? 由来は? 何がどう違うの?

大人から子供まで幅広く人気のミートソースパスタ。   ミートソースによく似たパスタにボロネーゼ。   ミートソースともボロネーゼとも似ているラグー。   見た目も味も似て …

アルジェリアとナイジェリアの国名に関係はあるの? 由来は?

アルジェリアとナイジェリア。国名は何だか似ています。   北アフリカにあるのがアルジェリア。サッカーの強国としても知られている国。   公用語はアラビア語で、アラブ連盟の加盟国です …

インドネシア・バリ島では日本人女性がモテる!? その理由とは? 国際結婚をしたバリ島在住者が教えます!

海外旅行先で、「どこから来たの?」と聞かれ、「日本から」と答えると、「コンニチワ~」、「アリガトウ」など、たいてい、一言二言の日本語が返ってきますよね。   もちろん、日本人がいろんな国を訪 …

絆創膏, バンドエイド, カットバン, サビオ, リバテープ, キズバンの呼び方の地域による違いとは? 方言? 由来も解説します!

皆さんは、カットバン、バンドエイド、サビオという言葉を知っていますか。これはどれも絆創膏の呼び方なのです。   私はカットバン、バンドエイドまでは知っていましたが、サビオは知りませんでした。 …