レジンアクセサリー 趣味

手作りレジンアクセサリーは売れる? 儲かる? 売れる作品の特徴とは

投稿日:2018年12月28日 更新日:

今人気のレジンアクセサリー。

雑貨屋さんだけでなく、ハンドメイド作品として手作りしている人も多いですよね。

 

今回は、そんな手作りのレジンアクセサリーは売れるのか?そして儲かるのか?

また売れる作家さんの特徴についてお伝えしたいと思います。

売れているレジンアクセサリー作家さんの特徴

売れる作家さんの作品の特徴は、綺麗で高級感がある、ということに尽きます。

 

売れている作家さんは複数のサイトやイベントを使っています。

 

そして、口コミで広がりFacebookやInstagramのフォロワー数はすごい数です。

 

またInstagramは店舗用ページも作れるので、ハンドメイド作品用のHPを作るのにも適していますね。

 

そして販売の時にInstagramのバーコードリーダーを入れておけば、リピートされる可能性も高くなりますね。

 

こんな風に、リピーターを増やすことと、紹介でお客を増やすことが儲かるポイントですね。

 

そして重要なことは、写真の撮り方なんです。

 

加工しすぎは問題ですが、商品を素敵に演出する背景や撮り方は大切なポイントですね。

 

売れている作家さんは、写真の撮り方も上手です。

 

ピアスだったらヘアセットした髪にピアスをつけてお洒落な写真を撮る。

 

そしてレジンアクセサリーは透明感が売りなので、背景は白がオススメです。

 

またアクセサリーのテーマに合わせたアイテムを側に置いていくのも、素敵な写真が撮れますね。

 

やっぱり第一印象は大切ですね。

 

人は文字よりも写真からの情報を、無意識に取り込むので写真にこだわるのは良いことですね。

レジンで手作りでも高級感を出す

レジンとは樹脂のことで、大きく分けて透明なもの、不透明なものがあります。

 

主にレジンアクセサリーは透明なレジンを使っていますね。

 

透明なレジンには「UVレジン」と「エポキシレジン」があります。

 

UVレジンは1液タイプのレジンで、UVライトで紫外線を当てると硬化します。

 

もう一つのエポキシレジンは「2液混合タイプ」で主剤と硬化剤を混ぜ合わせることで固まる素材のことを言います。

 

高品質のエポキシレジンは透明度が高く、適度な重みと高級感があります。

 

作るものによってレジンの種類を変えることが多いです。

 

薄い作品であればUVレジンを使いますし、分厚くて大きな作品にはエポキシレジンを使うと綺麗な仕上がりになります。

レジンアクセサリーのパーツで高級感を出す

レジンアクセサリーは主に、レジン液とパーツを使います。

 

このパーツによって販売価格も変動しますね。

 

売れる作品はやっぱり、高級感があるものが多いように感じますが。

 

例えば14Kや18Kを使っていると、メッキと違い私だったら買いたくなります。

 

また高品質のエポキシレジンは透明度が高く、適度な重みと高級感があります。

 

他にも色を沢山使うのではなく、まとまりがある2.3色で作ると落ち着いた印象が作れます。

 

他にも色を入れる際は、市販の単色を使うよりも自身で色を混ぜて使うと奥行きがでるのでオススメです。

手作りのレジンアクセサリーを売る方法

続いてはハンドメイド作品を売る方法です。

 

ネット、イベント出展、委託の3つのタイプに分かれます。

 

まずネットは誰でも気軽に始められるので、オススメです。

 

オススメのアプリは、ミンネ、イイチ、creemaです。

 

この2つのアプリはハンドメイド作品の為のアプリですので、売り買いするのに適しています。

 

うまく活用できれば、レジンアクセサリーのパーツなども市販よりも安く買うことができます。

 

あとはフリマアプリの、メルカリとラクマもハンドメイド作品を売っている方が多数います。

 

そして、もう1つの方法のイベント出展は、いろんなハンドメイド作家さんが集まるイベントです。

 

イベント参加費がかかりますが、口コミで広がりやすいのでFacebookやInstagramなどのHPを作っておくと、フォロワーが増え、ネットの売り上げも上がりますね。

 

あとは委託販売です。

 

これはある程度販売スキルがついてからになります。

 

販売イベントでオファーされるのを待つか、こちらから自分の作品を置いてもらいたいお店に連絡するんです。

 

金額も高くなりますが、同時に委託料も高くなります。

 

初めての人はネットがオススメですね。

初心者のためのレジンアクセサリーの売り方!

実際に初めて出品して、売れている作家さんと同じものを作っても売れないです。

 

なぜかと言うと競争率が高いからです。

 

同じような作品があれば、有名な作家さんの方を買いたくなりますよね。

 

ですので最初は競争率の低いものから作り、売れてきたら色んな範囲のものを売っていくのがオススメです。

 

例えばレジンアクセサリーといえば、ピアスやイヤリング、ネックレス、ヘアピンが多いです。

 

これらは作っている人が多い分、競争率が高いです。

 

逆に競争率の低いものは、かんざし、カラーピン、アンクレットなどではないでしょうか。

 

特にアンクレットであれば、パーツと組み合わせることで簡単に作ることができますね。

 

ブレスレットも工程は一緒ですが、ブレスレットよりも競争率が低いのはアンクレットだとおもいます。

 

またレジンアクセサリーを本格的に販売したい方は、レジンの資格を持つことも良いのではないでしょうか。

 

基礎的なことは、何事にも大切ですし、販売するためにも知識がある人が安心ですよね。

まとめ

  • レジンアクセサリーには透明、不透明がある。

 

  • UVレジンとエポキシレジンがある。

 

  • 販売方法はネット、イベント、委託。

 

  • 初めてはネットがオススメ。

 

  • 売れてきたらイベント出展、委託販売ができる。

 

  • InstagramやFacebookでHPを作る。

 

  • 販売時はバーコードリーダーをつける。

 

  • 写真が売れるか売れないか重要なポイント。

 

  • 競争率が高いものではなく、低いものから販売することがオススメ。

 

  • 資格は基礎知識で大切。

 

レジンアクセサリーは、まずはネットで販売してみることがオススメです。

 

実際に売れるか、売れないかを判断したければ出品してみると分かりますね。

 

今回は売れる、儲かる作品の特徴をお伝えしました。

 

意識してみると売れる作品ができるかもしれません。

-レジンアクセサリー, 趣味

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウクレレ初心者に贈る, 飽きずに続けられる効果的なおすすめ練習方法!

「何か楽器を弾いてみたいなぁ」 「ウクレレって簡単そうだしやってみようかな」   そんな思いでウクレレを購入したものの、どうやって練習したら良いか分からなくて結局、押し入れにしまったままにな …

スクラッチアートの削りカスの取り方! 片付けの時にどう掃除すればいいの?

スクラッチアートをご存知ですか?   スクラッチアートとは、アメリカをはじめとする海外で大ブームした新しいお絵描きのことです。   数年前から日本でも流行ってますよね。 &nbsp …

レジンアクセサリーの販売に資格って必要? 種類や活かし方も教えます!

あなたはレジンアクセサリーをしていますか?   レジンアクセサリーは気軽に始められて、ハンドメイドの中でも人気が高いですよね。   私も流行りに乗って始めましたが、自己流でしている …

ピアノの鍵盤が重い時の対処法とは? 簡単かつ唯一の解決法

みなさんはピアノを弾くときに鍵盤が重たくて弾きづらいなと感じたことはありませんか?   特にグランドピアノ!学校にはよく置いてありますよね。 私もよく学生のときは遊びでよく弾いていましたが、 …

冬っぽいオススメのレジンアクセサリー! どのように季節感を出せば良い?

今流行りのレジンを使ったアクセサリー。 雑貨屋さんやハンドメイドアクセサリーでも、レジンを使ったものが多くなってきましたよね。   そんな今回は、これから迎える冬に向けてオススメしたいレジン …