生活

自己肯定感が高すぎる女性の対処法! トラブルを回避する上手な方法とは?

投稿日:2018年10月30日 更新日:

あなたの周りに、自己肯定感が強いと感じる女性はいますか?

 

自己肯定感が強ければ、仕事や勉強、趣味などでくじけそうなことがあっても、なんとか踏ん張って最後までやり遂げることができるとイメージがありますよね。

 

自己肯定感が高いこと=良いことであるという認識を持っている人は少なくありません。

 

適度な自己肯定感であれば問題ないのですが、中には過度な自己肯定感のせいで、他人に迷惑をかける人や、自分自身を苦しめてしまう人がいます。

 

他人の意見に全く耳を貸さない自分勝手で高慢な人となってしまう可能性もあります。

 

今回は自己肯定感が強い女性に焦点を当てて、その特徴と問題点、対策法について紹介します。

自己肯定感の高い女性の特徴

自己肯定感とは〝自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉〟と定義されています。

 

つまり自分は大切な存在と感じる感覚です。

 

日本人の自己肯定感は世界の中で圧倒的に低いと言われていますが、その中でも逆に高すぎる女性もいます。

 

あなたの周りの女性に当てはめて考えてみてください。

 

・自分のことが大好きで、まわりの人に愛されて当たり前な自己中心的な行動をとる人。

 

・失敗しても落ちこんだり自分を責めたりせず、他人から批判されても努力しない人。

 

・人目を気にせずハッキリと自分の意見を言い、自分が上に立ちたい人。

 

こんな女性に心当たりはありますか?

 

どうして自己肯定感が強くなるのでしょうか。

自己肯定感が高い・強い原因

自己肯定感が高すぎる原因には、幼少期の親の育て方が影響していることが考えられます。

 

それは褒めてもらえる家庭環境で育ったことが大きいです。

 

子供の自主性や自信を伸ばすために積極的に褒めたり、肯定的な言葉がけを意識するという子育ての方法です。

 

また教育法は子育てに限らず、教育の場、新入社員研修などの大人を対象とした場面でも取り入られています。

 

自分が過ちを起こしているのにも関わらず肯定的な言葉を言われて過ちに気付けなかったり、指摘されないままミスが放置されるなど、気づけない人になり、自己肯定感が高すぎる状態になってしまうのです。

自己肯定感が高い女性の対処法

自己肯定感が強い女性は、自分のことを褒めてくれる人を好みます。

 

その結果、少しでも自分に否定的な意見を言ったり、直すように意見を言ってくれる人に対して、過剰反応して距離をおきます。

 

自分のことを肯定的に見てくれる人とばかり付き合い、凄いね、いい人だねと言われたいと思っています。

 

これが仕事になると、目標達成に向けて気を引き締めるべきときなのに、真剣に目の前の仕事に打ち込めず、すぐに諦めてしまいます。

 

自分が招いたミスを繰り返さないように反省すべき状況ですら、反省しようとしない事があります。

 

また、開き直るのではなく嘘をついて誰かに責任を擦りつけたり、自分は悪くないと居直る場合もあります。

 

対処法としては、本当にその女性のことを思っているのであれば、嫌われてしまうのも覚悟の上でしっかり指摘することが大事になります。

 

自己肯定感が高すぎる人は、良くも悪くも自分の視野が狭く、世間知らずなところがあります。

 

幼少期から今まで、褒められて育ってきたのもあり、人として成長する機会を逃している状況だと思います。

 

ただトラブルになるのを避けるのであれば、否定したことを言わず話を合わせるのが良いかもしれませんね。

まとめ

・自己肯定感とは自分が大切な存在だと感じること

 

・自己肯定感が強すぎる女性は自己中心的な考えをもつ

 

・褒められる環境で育ったことが原因

 

・反省せず、嘘をつくことも

 

・しっかり指摘することが大切

 

自己肯定感はあればあるだけ効果があるというわけではなく、低すぎず高すぎずの適度であることが望ましいのです。

 

ですが自己肯定感は高ければ高いほど良いという認識の人は多く、自己肯定感が高すぎて周囲の人は迷惑してしまいますよね。

 

自己肯定感が強い人も、考えを直すことはできると思います。

 

良い関係であれば、しっかり意見をくれ注意してくれる存在が本当に必要な存在だと私は思います。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

せっかく貰ったお土産だけど好みじゃない! どうするのがいい? 6つの対応をご紹介!

ご近所さんや会社の同僚、親戚などから、もらうことがあるのがお土産。   自分の行ったことがない地域や国のお土産をもらうと、 うれしいことも多いのですが、なかには好みじゃないもののことが。 & …

赤ちゃんの舌苔は取った方が良いの? 取り方や舌ケアの方法は? 元歯科衛生士が解説します!

お母さんやお父さんは我が子の口のなかには敏感になってしまうものです。   歯みがきはしているけれど、舌ケアはした方が良いのか舌苔は取った方が良いのか不安になってしまいますよね。   …

自転車のチェーンでのズボンの裾の汚れ…原因と対策とは? 意外と手ごわい汚れへの対処法!

暖かくなってくると移動手段として大活躍する自転車。   趣味としてのサイクリングや本格的なクロスロードなども人気です。   自転車に乗っている時にふと気が付いたらズボンの裾が汚れて …

制服のチョーク汚れの上手な落とし方を3つ解説します! 基本的にはシミ抜きと同じ要領で!

皆さんの家庭では、制服を何枚用意していますか。2枚ですか?それとも3枚ですか?   制服は夏服が1枚、冬服が1枚という家庭が多いです。   そのため、スカートやズボンが汚れてしまう …

水筒に白い汚れが? 上手な落とし方は? どうしたらいい?

行楽シーズンや気温が上がってくると日常的に活躍する水筒。   毎日きちんと洗っているのに気が付いたらなんだか白い汚れが内側に出てきていることはありませんか?   この白い汚れは一体 …