生活

あれ?朱肉がない! すぐにできる簡単対処法4選をご紹介!

投稿日:2019年11月9日 更新日:

家で借用書や婚姻届、離婚届など社会人になると認め印を押す機会が増えてきましたね。

 

必要な時に印鑑はあるけど朱肉がない!なんてことありませんか?

 

特に宅配便とか!

 

私もよく「あ~印鑑あるけど、朱肉忘れたー」と宅配の人によく借りてしまいます。

 

たまたま持っている時は助かった~とほっとしますが、ない時は一体どうしたらいいんでしょう?

 

場所や状況に応じて色々な対応法があるので、どんな方法があるのか見ていきましょう★

朱肉がない時の対策その① 赤い絵の具を使う!

子供のいるご家庭ではよく目にするのではないでしょうか?

 

赤い絵の具も朱肉の代わりになるみたいです!

 

子供の書類なども印鑑を押す機会が増えてきましたよね。

 

絵の具といっても水性、油性など様々です。

 

この場合は子供さんも持っているということで、水性絵の具を使ってください。

 

そして出したままだと固まっていたりドロッとしたりしていて押しにくいので、少し水で柔らかくして使いましょう。

 

あまり水を入れすぎると印鑑に色がついてくれないので、どろどろとしたのが少しなくなって、でも紙に塗るにはまだ水が足らないような状態にするのがポイントです!

 

私も絵の具は子供がいるので持っていますが、学校にもっていく以外使わないので、こんな時使えるなんて驚きですよね~!

 

また、絵の具はあまりに使っていないと固まりがちです。

 

こんな時に使って固まりを防ぐこともできちゃいますよ!

 

子供のいるご家庭でないときはぜひ使ってみてくださいね。

朱肉がない時の対策その② 赤い口紅を使う!

対策その①で書いた赤い絵の具。

 

でも、子供、趣味や仕事で絵を描く人以外持っていないことが多いですよね。

 

赤い絵の具がない時の対処法はどんなものがあるのか気になりますよね。

 

こんなときは女性なら持っている可能性の高い口紅が使えます!

 

ただし、こちらも色は赤や朱色など朱肉の色に近いものを選んでください。

 

直接印鑑につけるのは気が引けると思うので、ティッシュなどにとってつけるとつきやすいです。

 

化粧品が化粧以外で活躍できて、まさか朱肉の代わりになるなんて驚きですよね~!

 

化粧をされる方はぜひ試してみてくださいね。

朱肉がない時の対策その③ 赤いマジックを使おう!

絵の具も口紅もないときは、どうしたらいいんでしょうか?

 

そんなときは赤いマジックも使えるんです!

 

ゴミ捨てで場所によっては赤ペンで分類なども書くところもあるみたいなので、誰でも持っている可能性がありますよね。

 

ただし、油性ではなく水性を使ってくださいね。

 

印鑑に塗るので、太めのマジックが塗りやすいです。

 

ただ、直接塗るので気になったり、木製の印鑑や大切な印鑑には色が残ったりする可能性もあります。

 

最近ではプラスチックのものもあるのでそれだったらすぐ洗えば色も残らないので試してみてくださいね。

朱肉がない時の対策その④ どうしようもない時はコンビニか100均

どうしても持っていない時、そんな時はひとまずお店に走りましょう!

 

100円ショップは最近増えてきたので近くにあれば朱肉が売れていると思うので、買いに行きましょう。

 

赤いインクのものがないときは買いに走る方が早い時もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

朱肉を持っていない時の対応方法は、

 

  • 子供がいる人、絵が趣味の人は赤い絵の具を使う。
  • 女性で化粧をする人は、赤い口紅を使う。
  • 誰でも持っている可能性のある、赤いマジック(水性)を使う。
  • もしどれも持っていない時は、近くの100円ショップに走りましょう!

 

赤い絵の具や赤い口紅は子供や女性など誰でも彼でも持っているものではないんですが、赤いマジックはそれ以外にも使えます!

 

赤いマジック1本持っていると便利かもしれませんね。

 

もしくは100円ショップで朱肉を買って、印鑑や通帳ケースに忍ばせておくと便利かもしれません!

 

参考になればうれしいです。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お風呂のシャワーでお湯が出ない…原因と対策を教えます!

朝に急いで入ってしまおうと思ったのになかなかお湯にならずにイライラ。   帰宅後、お風呂でさっぱりしたいのになかなかお湯が出なくて余計ぐったり。   こういった経験をしたことはあり …

ズボンは何回履いたら洗う? 毎日洗濯は面倒臭い…そんな人におすすめの方法も解説します

洗濯の頻度を考えるとき、迷うことが多いのがズボン。   見た感じ、数回履いた程度では、さほど汚れている感じがしません。   また、裏地があるタイプのズボンなど、洗濯の頻度が多くなる …

主婦の休日, 家にいるときに着替える? それとも…? 忙しいのをわかって欲しい!

家事に育児にお仕事に…ととにかく慌ただしい日々を送りがちな主婦。   時間にちょっと余裕のある休日は家にいて少しばかりゆっくりしたいものです。   そんな主婦の休日はどんな格好で過 …

経験ある?! 銭湯でムダ毛処理…これって非常識? マナー違反?

少なくなってきたかもしれませんが、今でも利用者の多い昔ながらの憩いの場である銭湯。   最近ではいろいろな設備もそろったスーパー銭湯も数多く台頭してきています。   このような銭湯 …

スーパーの商品がコンビニよりも安い理由とは? 当たり前? いえいえ, ちゃんとした理由があるんです

主婦の強い味方、スーパー。   私は、スーパーが大すきで、引越しの物件探しのときには 「○○(スーパー名)が近くにある家!」 という条件を提示したところ、不動産のお兄さんにとても驚かれました …