Little story

ちょっとした雑学や役に立つ話を紹介するページです。

美容 食材

カカオニブ、ココア、チョコレートの違いはなに? 健康、美容、ダイエットへの効果とは?

投稿日:2018年10月4日 更新日:

チョコレートやココアの原料として知られるカカオ。

 

最近ではカカオが持つ健康効果が注目され、甘さを楽しむことよりも、健康を意識した「高カカオチョコレート」などが人気になっています。

 

また、より健康意識の高い人たちは、カカオ豆そのものに注目してます。

 

カカオニブ、ココア、チョコレートの違いを詳しくお伝えし、注目のカカオニブの気になる食べ方と効果をご紹介します。

カカオの歴史

 16世紀に中南米からヨーロッパに持ち込まれ、たちまちヨーロッパの人々を虜にしたというカカオ。

 

カカオの学名は「テオブロマ カカオ」。

テオブロマには「神様の食べ物」という意味があるんです。

 

原産地は中南米の熱帯地域。

 

はじめはほかの果物と同じように、豆ではなく果肉が食べられていたんです。

 

長い歴史のなかで、中南米の人たちはこの豆を焼くと、よい香りがすることを発見したんです。

 

昔はとても貴重な食べ物とされ、口にすることができたのは王様や貴族だけだったんですよ。

 

そんな歴史もあり、カカオってどんなもの?

という疑問にお答えします!

 

カカオニブ、ココア、チョコレートの違い

この違いは加工されているかどうかにあります。

 

カカオニブとは

カカオ豆を発酵、乾燥、粉砕・除皮するとカカオ二ブになります。

 

ちなみにカカオニブを焙煎、圧搾するとカカオマスになります。

 

ココアとは

カカオマスから脂肪分(ココアバター)の一部を取り除くと、ココアケーキになります。

 

そしてココアケーキを細かく粉砕すると、ココアパウダーになります。

 

ココアパウダーに糖類や乳製品などを加えると、調整ココアパウダーになります。

 

ココアとは、ココアパウダー、調整ココアパウダー、ココア飲料などのことをいいます。

 

チョコレートとは

カカオマスにミルク、ココアバター、砂糖などを加え、混合、微細化、練り上げ、調温、型に充填、冷却、型抜き、熟成させるとチョコレートになります。

 

ホットチョコレートは、チョコレートを溶かしたものや、ココアにココアバターを加えたもののことです。

カカオニブはスーパーフード!

 カカオ豆をくだいてフレーク状にしたカカオニブは、美容や栄養にすごくいいんです。

 

チョコレートのような苦味と香りを楽しめ、バターや砂糖などの添加物がないので、ダイエット中でも安心して食べられますね。

 

カカオニブの味は品種によっても変わるんですよ。

 

苦みが強くて刺激的なフレーバーや、ナッツのようなマイルドな味わいなど、好みに合わせて選べるのもいいですね。

 

カカオニブそのものは、ビターチョコレートのような苦みと香りがあるんです。

 

食感はナッツに似ていて、よく噛んで食べれば満腹感も得られます。

 

味は全く甘みのないビターチョコレート!

 

砂糖が加えられていないので、甘みはありません。

 

口の中に苦みが広がり、人によってはコーヒー豆をそのまま食べているような気がするそうです。

 

苦みはコーヒー程度なので、ブラックコーヒーが飲める方は、そのままでも違和感なく召し上がることができます。

カカオニブの効果

 

カカオニブには強い抗酸化作用で知られる成分ポリフェノールが豊富に含まれています。

 

カテキンも豊富で、口臭や虫歯を予防するなど歯の健康を守ってくれる働きもあるんですよ。

 

それに幸福感をもたらす神経伝達物質、アナンダミドという物質がたくさん入っています。

 

別名、至福物質と言われています!

 

脳内でホルモンとして働くアナンダミドは、脳を活性化させて、やる気スイッチを入れてくれる頼れる物質なんです。

 

また精神をリラックスさせて、記憶力を高める働きもあります。

 

食物繊維も豊富で、イライラを抑えるマグネシウムも入っているんです!

 

カカオニブはとっても優秀なパワーフードなんです。

 

ヨーグルトやケーキ、グラノーラバーにしても美味しいのでオススメです。

まとめ

 ・カカオニブはカカオ豆を発酵、乾燥、粉砕・除皮したもの。

・ココアは脂肪分の一部を取り除いたもの。

・チョコレートは砂糖などを加えて加工したもの。

・カカオニブはスーパーフード!

・健康、美容、ダイエットに効果的。

 

カカオニブ、ココア、チョコレートの違いってカカオを加工したのもなんですよね!

 

砂糖とか含まれているものじゃなくて、カカオニブや純ココア、高カカオチョコレートを選ぶと凄く体に良いんです。

 

これは食べなきゃですね。

 

日常でストレスはつきもの。

そんな時はチョコレートを食べて、幸せホルモン増やしましょう!

 

-美容, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

重曹を飲むと美容にいい⁉ 重曹のデトックス効果について

重曹ってどんな時に使いますか?   イメージとしては掃除に使うものですよね。   そんな重曹をコップ一杯飲むことで、美容にいいって知ってますか?   私も知らなかったので …

キムチの汁は栄養があるのか⁉ ダイエット、美容、健康…衝撃の事実

キムチは美味しいですよね。   私も韓国へ旅行したとき、たくさん食べました! いろんな味や具材を使っていて飽きないですよね。   冬に行ったのですが、寒い時にキムチを食べると身体が …

デンマークのお土産はまずい?? 選ぶときの注意点は? それぞれの特徴を把握しよう!

デンマークと言えば、食べ物が日本人に合う! と言われることもありますが、 なかには、まずい!という声も。   まずいだけならいいのですが、 「世界一まずい!」とまで評されることも 少なくあり …

秋刀魚の卵は美味しい?食べられる?秋刀魚の卵について徹底解明!

  もうすぐ秋ですね。 秋の味覚といえば、秋刀魚という人も多いのではないでしょうか。 何を隠そう私もそのひとりです(笑)。   脂の乗った秋刀魚を焼いて、かぶりつく。 想像しただけ …

ブルーベリーは生よりも冷凍の方が美容に良い⁉︎ 8つの美容と健康効果

ブルーベリーは小さくて可愛いですね。 ケーキ屋さんやパフェにもブルーベリーが使われてます。   特に目に良いことで有名なフルーツですよね。私も好きで、コストコの大量ブルーベリーを買ったりして …