育児

カロリーメイトゼリーは赤ちゃんにあげても良い? いつから食べられる?

投稿日:2018年9月26日 更新日:

カロリーメイトゼリーを食べたことはありますか?

 

毎日忙しくてなかなかゆっくり食事が出来ない!あるいは食欲がない!

そんなとき、大人ならこういった栄養補助食品に頼っている人もいると思います。

 

コンビニにも売っていて簡単に手に入りますし、すぐ食べられて栄養補給も出来るので便利ですよね。

もちろん、食事からしっかり栄養を摂れるのが1番良いのですが…

 

カロリーメイトゼリーは、色んな栄養補助食品のなかでも、比較的、危険度の高い合成甘味料や刺激の強い香料は使われていないそうです。

 

では、赤ちゃんは同じようにカロリーメイトゼリーを食べられるのでしょうか。

赤ちゃんだって風邪をひいて食欲のない時ありますよね。

少食で、なかなか食べてくれない子もいます。

 

そんな時、栄養がしっかり摂れていないのではないかと心配になるでしょう。

カロリーメイトゼリーなら、食べやすく子どもが好きそうな味も多いですし、少しの量でも栄養が摂れるのでは?と思いますよね。

 

今回は、赤ちゃんがいつからカロリーメイトゼリーを食べられるのか、まとめてみました。

赤ちゃんにカロリーメイトゼリーをあげても良い?

カロリーメイトゼリーは、危険な合成甘味料などは使われていないとはいっても、1歳未満の赤ちゃんに食べさせるのはやめましょう。

 

赤ちゃんは、消化機能がまだ未熟です。

たとえ、なかなか離乳食を食べてくれないとしても、こういった栄養補助食品は小さい赤ちゃんには不向きですし、安易に与えるものではありません。

 

離乳食がなかなか進まないのであれば、ミルクでも十分ですので、少しずつ食べられるように練習していきましょう。

いつからなら赤ちゃんにカロリーメイトゼリーをあげてもOK?

 

1歳未満の赤ちゃんには食べさせないようにと言いましたが、食べてもいい時期には特に決まりはないですし、カロリーも高く小さい子向きではないので、あえて食べさせる必要もないと思います。

 

もし食べさせるのであれば、せめて離乳食が終わる1歳~1歳半以降で、あとは親の判断になるでしょう。

ただし、消化できずにそのまま便に出てくようなことがあれば、やめた方が良いと思います。

 

また、1歳過ぎてもしばらくは薄味を心がけている人が多いと思います。

そんな時期に、こういった味の濃いものを食べさせると、おそらく喜んで食べると思いますが、普段の食事をあまり食べなくなってしまうこともあるかもしれません。

 

カロリーメイトには砂糖も多く含まれているので、虫歯にもなりやすいですよね。

 

こういったデメリットも考えて、いつから食べさせるのか、そもそも食べさせるのかを判断しましょう。

 

そして、食事代わりになるものではないので、与えるのならたまににしておいたほうが良いと思いますよ。

「風邪の時だけ特別」など、ルールを決めるのも良いかもしれませんね。

少食の赤ちゃんや、風邪で食欲がない時はどうしたら良い?

風邪で食欲がない場合、無理に食べさせようとしなくても良いとは思います。

 

我が子も、高熱が出た際に病院で、水分補給がしっかり出来ていれば2・3日程度はあまり食事が出来なくても、それほど心配する必要はないと言われました。

 

それでもやっぱり心配!何も食べてくれない!という場合は、1歳以降で親が食べさせても良いと判断したのであれば、カロリーメイトゼリーを少量食べさせても良いと思います。

 

ただ、3歳くらいまでならフォローアップミルクも飲めますし、赤ちゃん用のゼリーなどもたくさん売られているので先にそういったものを与えてみても良いでしょう。

 

フォローアップミルクは、食事で十分に摂れない栄養を補う目的で作られているので、飲んでくれると安心ですね。

 

少食な子は、体重がきちんと増えていれば心配ないですし、それがその子の量なのでしょう。

もし、体重もなかなか増えない、お腹がすくように工夫もしているけど食べないなどの場合は、安易に栄養補助食品ばかり食べさせず、小児科や保健師さんに相談してみましょう。

まとめ

・カロリーメイトゼリーは、1歳未満の赤ちゃんには食べさせない。

 

・食べさせても良い時期に決まりはないが、小さい子向きではないので、あえて食べさせる必要はない。

 

・もし食べさせるのなら、離乳食が終わった1歳~1歳半以降にデメリットも考えて、親の判断で与える。

 

・風邪で食欲がなく栄養が心配、何も食べてくれないなどの場合は、少量食べさせても良い。

 

カロリーメイトゼリー以外にも、今は色んな種類の栄養補助食品が売られていますよね。

 

赤ちゃんでも食べやすそうな、ゼリー状のものやドリンク状のものもたくさんあります。

しかし、中には、分解されにくい化学物質や安全性に不安のあるものを使っていて、大人でもあまり良くないものもあるそうですよ。

 

そういったものは、小さな子に食べさせてしまわないよう気をつけましょう。

-育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供のシャンプーハットはいつからつける? お子さんがいる方は必見です!

お子さんがいる方の中で、お子さんのシャンプーをするとき、シャンプーハットは付けていますか。 シャンプーハットは、子供の目にシャンプーが入らないようにするためにつけられるので、痛みに耐えることが難しいお …

保育園や幼稚園の卒園式でなぜカメラやビデオ撮影が禁止なの? その理由とは? 元保育士が解説します!

入園式では、泣いていて返事が出来ないどころか、親から離れられなかった我が子。 しばらくは泣いて登園、バスに乗せるのも一苦労。   毎日笑って泣いて、いろんな行事も乗り越えて… 立派になってい …

引っ込み思案な子供が心配…治すべき? 将来性は? その意外なメリットとは?

自分のお子さんが引っ込み思案で、なかなかまわりと打ち解けない、お友達と遊べないなど悩んでいる親御さんは多いのではないでしょうか。   引っ込み思案を治すためにいろいろ試していらっしゃる方もい …

子供がヘルペス性口内炎に…歯磨きはどうする? 歯磨きしないと虫歯になる?

口の中に無数の口内炎が現れるヘルペス性口内炎になってしまった時、歯みがきを行うべきか悩みますよね。   歯みがきをしないとなれば、もちろん虫歯のリスクは高くなってしまいます。   …

幼稚園の先生への年賀状の書き方・出し方とは? 宛名は? 内容はどんなことを書けば良い?

お正月といえば、何をイメージしますか? おせち料理にお年玉、年越しそば、福袋…   おいしい料理がたくさん食べられたり、楽しいイベントがあったりとわくわくする人もいれば、親戚が集まるための準 …