エストニア 旅行

バルト三国旅行の季節ごとの天気は? どんな服装がいい?  

投稿日:2019年3月22日 更新日:

旅行に行きたいけれども、人混みはあんまり好きではない。

 

旅行に行くなら、あまり人が知らない珍しいところに行ってみたい!

 

そんなふうに考えている方、いらっしゃいませんか?

 

そんなあなたにオススメの国があります。

 

それはバルト三国。

 

フィンランドやスウェーデンがあるスカンディナビア半島の向かい側、海の向こうに縦に並んだ3国の総称です。

 

北からエストニア共和国、ラトビア共和国、リトアニア共和国。

 

「共和国」を抜いて、エストニア、ラトビア、リトアニアと呼ばれることが多いです。

 

バルト三国は面積を合わせても約17万5千平方メートルほどで、日本の半分くらい。

 

それぞれがとても小さな国であることがわかりますね。

 

しかし小さい国々だろうと、魅力はたっぷり。

 

世界遺産に登録されている旧市街や美しい自然遺産など、見るべきものはたくさんあります。

 

またバルト三国とまとめられていても、一国一国見比べてみるとやはりそれぞれ違う国。

 

訪れてみると、特色はそれぞれ違います。

 

この記事では、そんなバルト三国に興味を持ってくれたあなたにとっておき。

 

旅行に役立つバルト三国の季節ごとの天候や、どんな服を着るべきかをお伝えします!

バルト三国の概要

まずバルト三国について簡単にまとめましょう。

 

バルト三国の正式名称と首都は北から順番に以下の通りとなります。

 

エストニア共和国・・・タリン

ラトビア共和国・・・リガ

リトアニア共和国・・・ヴィリニュス

 

日本と同様に四季はありますが、全ての都市は日本よりも高い緯度に位置しているため平均気温は日本よりも低くなります。

 

また緯度が高い位置にあるため夏には太陽が沈まない「白夜」という現象、反対に冬には太陽がほとんど昇らない「極夜」という現象が生じるのも特徴の一つです。

 

またバルト三国は南北に並ぶ三国。

 

そのため北方の都市タリンと南方の都市ヴィリニュスとでは数度の気温差があります。

 

一度の旅行で三国全てを回ろうと考えている方は注意しましょう!

バルト三国の気候と服装:春の場合

バルト三国の春は大体4月から5月。

 

日本の気温と比べると大体10度ほど気温差がありますが、分厚いコートなどは必要はありません。

 

ただ朝夕は冷えこむため、上着は必須です。

 

また急激な気候の変化に対応できるようにカーディガンやフリースなども用意するようにしましょう。

バルト三国の気候と服装:夏の場合

大体6月から8月までの三ヶ月間が夏の季節になります。

 

湿度が低いため日本ほど蒸し暑くなく、また気温も日本の初夏ほど、最高でも20度程度までしか上がりません。

 

比較的過ごしやすい気候でしょう。

 

ただ、夏の時期、バルト三国では白夜という現象が生じるため、早朝や夜間でも外を出歩く事があるでしょう。

 

夏とはいえ、朝夕はひどく冷え込むこともあります。その場合は必ずジャケットなど羽織れるものを用意してくださいね。

バルト三国の気候と服装:秋の場合

長い厳しい冬が続くため、バルト三国では春と秋は短く、秋も9月から10月までしかありません。

 

しかも日本と比べると寒さが厳しく、春と同様に、分厚いコートまでは必要はありませんが、必ずカーディガンやフリースなどの羽織れるものは用意しておくべきでしょう。

バルト三国の気候と服装:冬の場合

バルト三国では11月から3月まで5ヶ月間、約半年間、冬が続きます。

 

暖流の影響もあり、他の高緯度の国と比べると寒さは穏やかですが、12月ごろからは気温は氷点下を下り始め、場合によっては−20度まで冷え込むことも。

 

また太陽があまり昇らない極夜と言う現象も生じるため、日中もあまり気温は上がりません。

 

そのため厚いコートや長いダウン、帽子、手袋、マフラーなどの防寒具は必須です。

 

ただ室内は暖かで暑いと感じることも。上着の中は着脱しやすいものを着るようにしましょう。

 

また雪が降るため、滑り止めのついたブーツなども必ず用意してくださいね。

バルト三国の旅行のベストシーズンは夏!

これまで春夏秋冬、それぞれの季節を紹介してきましたが、ずばり旅行のベストシーズンは夏の時期でしょう。

 

日照時間も長く、また日本と比べて暑さが穏やかなため、観光もしやすいです。

 

また夜の間も明るい白夜という現象を楽しめることもおすすめポイントです。

 

しかし、寒さを耐えることができるのならば、雪の世界に覆われた冬のバルト三国も乙なもの。

 

雪国で開催されるクリスマスマーケットは可愛らしく、美しく、そして幻想的でさえあります。

 

是非、冬のバルト三国旅行も検討してみてくださいね!

バルト三国の気候と服装まとめ

・ バルト三国とは北欧に位置するエストニア共和国、ラトビア共和国、リトアニア共和国の三国の総称。

 

  • スカンディナヴィア半島と海を挟んで向かい側の南北に並ぶ三国のこと。

 

  • 春は日本よりも10度ほど気温が低く、羽織るコートは必須。

 

  • 夏は日本と比べると穏やかで過ごしやすい。ただ朝夕が冷え込むためジャケットは持ち歩くこと。

 

  • 秋は春と同じく日本よりは寒さが厳しい。必ず羽織るコートやフリースなどは用意すること。

 

  • 5ヶ月ほど続く冬の間は必ず防寒具を揃えて臨むこと。ただ室内は暑いこともあるため上着の下は着脱が容易な服を着ていくこと。

 

  • 旅行のベストシーズンは夏の時期。ただ冬も魅力はたっぷり。是非いろいろと検討してみてください!

-エストニア, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バリ島とジャワ島の違い7選! 同じインドネシアでも言語や宗教など, 実は結構違います!

バリ島もジャワ島もインドネシア共和国の島々の一つ。   インドネシアには13,000もの島があり、バリ島とジャワ島はインドネシア全土のちょうど中央あたり、東西に並んでいて、バリ島・ジャワ島間 …

インドネシア・バリ島で注意すべき詐欺や危険な犯罪7選! バリ島在住者が解説します!

バリ島を旅行中の日本人女性が襲われ、その後殺害されたという事件があったのは2009年。 日本人にも人気のリゾート地で起きた事件なだけに、その後バリ島旅行を敬遠した人も多いかと思います。 ただ、ぼったく …

バリ島の料理の特徴は? 全て激辛? 高齢者におすすめのメニューと注意点を現地在住者が教えます!

海外旅行の際、現地の料理を食べ歩くのも楽しみの一つですよね。 ただ、地域によっては衛生面の問題もあり、生ものを避けた方がよかったり、かなりパンチが利いた食事もあり、高齢者やお腹が弱い人にはちょっと心配 …

タリン-ヘルシンキ間の移動方法, 費用と所要時間を教えます! フェリーが飛行機よりもおすすめです!

皆さんはエストニアの首都、タリンをご存知でしょうか。   エストニアとは北欧の一国。フィンランドと海を挟んで向かい側にある国です。   首都のタリンは世界遺産に登録されている旧市街 …

ベトナムでのグラブタクシーとグラブバイクの乗り方・使い方の違いや注意点は? メリット, デメリットはある?

ベトナムでもっとも大手の会社となるのがグラブ。   アプリをダウンロードすれば、気軽に予約することができるので、 利用したい!と思う人も多い移動手段です。   グラブには、グラブタ …