ニュージーランド 旅行

ニュージーランドの閑散期のおすすめ観光スポットを現地在住者が紹介します!

投稿日:2019年3月22日 更新日:

1年を通じて観光にアクティビティと人気のニュージーランドですが、観光シーズンのピークとオフシーズンがそれなりにあります。

 

人気の落ち着いた閑散期の観光には、どこがいいのでしょうか?

 

おすすめのスポットとシーズンを合わせて紹介していきます。

ニュージーランド観光のベストシーズンっていつ?

そもそもニュージーランドの観光のベストシーズンはいつなのでしょうか?

 

夏のニュージーランドはカラッとした晴天続きで気持ちがよいです。

 

デイライトセービングという夏時間制度を取り入れているために日が沈むのは20時から21時頃で1日の行動時間が長く取れるという魅力があります。

 

冬は山岳地には雪が降り、北島と南島どちらにもパウダースノーで有名なスキー場があります。

 

スキー、スノーボード好きな人たちがさらさらのパウダースノーを楽しみにやってきます。

 

夏場も冬場も人気ではありますが、湿度が低く、暑くても30℃ほどにしかならないニュージーランドの夏は過ごしやすく、クリスマスや新年の長期休暇とも重なるために一番の繁忙期となるようです。

 

宿泊施設の料金設定も高めになっていますが、あっという間に満室になってしまうほどです。

 

ちなみにウィンタースポーツには興味がない、目的ではないという場合には冬のニュージーランドは航空券、宿泊施設、アクティビティの料金が安く抑えられます。

 

いわゆる閑散期にあたるのが6月から8月の冬の時期です。

 

場所によってはウィンタースポーツとの兼ね合いで夏場と変わらない忙しさのところもありますが、基本的には観光客が少ないシーズンです。

ニュージーランド観光の閑散期、どこがおすすめ?

せっかくの雄大な自然も人混みでゆっくり楽しめなかった、記念に写真を撮ろうと思っても人が多くて思うように撮れなかったということが少ないのが閑散期の魅力でもあります。

 

そんな閑散期におすすめの場所を紹介します。

 

・Cathedral Cove & Hot Water Beach(カセドラルコーブ&ホットウォータービーチ)

 

オークランドから車で2時間ほど離れたコロマンデル地方の必見スポットがカセドラルコーブです。

 

映画『ナルニア国物語』のロケ地としても知られているこの洞窟は長い歳月をかけて波の侵食でできた巨大なアーチ状になっています。

 

薄いピンク色がかった砂浜や点在する白い奇岩を閑散期には自分のペースでゆっくりと眺めることができます。

 

カセドラルコーブから南へ車で10分ほどのところにあるのが天然砂浜温泉のホットウォータービーチです。

 

干潮時前後の2時間ほど、砂浜のビーチをシャベルやスコップで掘ると天然の温泉が湧いてきます。

 

夏場は人だかりで温泉を掘るどころではありませんが、ちょっとシーズンを外すと好みのサイズの温泉を掘って楽しむことができます。

 

・Waitomo Glow worm Cave(ワイトモケーブ)

 

土ボタルという暗闇で光る唾液を出す虫が多く生息する洞窟で、無数に青白く光る幻想的な光景を目の当たりにすることができます。

 

土ボタルの作り出すこの青白い光はラピュタの飛行石のモデルになったともいわれています。

 

1年を通じて人気のスポットですが、併設のカフェで過ごす時間や移動時間に余裕の持てる閑散期はおすすめです。

 

・Matamata Hobbiton(マタマタ ホッビトン)

 

オークランドから車で南下するように2時間くらい行くとマタマタという場所があります。

 

映画「ロード・オブ・ザ・リング」の撮影で使われた場所をそのまま残したホビット村があり、街のいたるところでホビットの世界を垣間見ることができます。

 

郵便ポストや農作業の道具といった小道具も細部までこだわって作られているので、広い敷地内をゆっくりと思う存分写真撮影しながら映画の裏話なども聴きながら回れるのがオフシーズンの醍醐味です。

 

・Tekapo(テカポ)

 

南島にあるとても小さい町ですが、世界で初の星空を世界遺産に登録申請中の場所です。

 

銀河系で星が一番集まる場所ともいわれ、星空がとにかくきれいです。

 

閑散期の冬場にはオーロラが見られるチャンスもあるそうです。

 

人気の高い天体観測ツアーの予約も取りやすくおすすめです。

 

・Otago(オタゴ)

 

スコットランドからの移民者が建築した建築物が現在も残されており、スコットランドにいるような錯覚を覚える場所でもあります。

 

また、オタゴ半島には世界で唯一の居住区域の本土で繁殖するロイヤル・アルバトロス(アホウドリ)やオットセイのコロニーを見ることもでき、世界で最も希少なイエロー・アイド・ペンギンが見られることでも有名です。

 

寒さに耐えつつ見る野性動物たちの姿は格段のものがあるのではないでしょうか。

 

沿岸ではモエラキ・ボール・ダースと呼ばれる世にも珍しい丸い岩が見られます。

 

この石は約6500万年前に形成された亀甲石凝固らしいのですが、点々と並ぶ丸い岩の景色は不思議な魅力があります。

ニュージーランドの閑散期の気温差には用心を!

冬の6月から8月は観光客の少ない閑散期ではありますが、同時に天候が一番不安定な時期でもあります。

 

北島はそこまで冷え込むこともありませんが、南島は時期によっては平地でも雪が降る時があります。

 

日本とは季節が真逆のニュージーランドへの旅行中に体調を崩してしまわないように防寒の準備は念入りにしておくのが無難です。

 

日本とは違い、湿度が特に南島では冬でも低いので、体感温度にも違いが出てきます。

 

一番の閑散期は冬ですが、4月から5月の秋や9月から10月の春も観光客は少なめで日本との気温差も少ないので、個人的にはおすすめです。

ニュージーランドの閑散期のおすすめ観光スポットまとめ

・ニュージーランドのベストシーズンともいえる繁忙期は夏場の11月から2月、逆の閑散期は冬場の6月から8月

 

・閑散期は人混みでゆっくり景色を堪能できない、思うように写真が撮れないということが少なく、自分のペースを保ちつつ観光できる

 

・閑散期は旅行の費用を安く抑えることができ、ゆっくりと楽しむことができる反面、日本との気温差が大きいので防寒の準備は念入りにしておくほうがよい

 

年間を通して人気の観光スポットは人が多いのですが、スタッフも自分たちも心に余裕の持てる閑散期をうまく利用すれば、よりニュージーランドの魅力を単横できるのではないでしょうか。

 

行ってみたい場所や予算と合わせて時期を検討し、ニュージーランドを満喫できるプランで満足するニュージーランド旅行にしてください。

-ニュージーランド, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飛行機でトマトジュースを飲むとやけに美味しい理由を徹底解明! 機内で飲むと美味しいもの、危険なもの

皆さんは、飛行機に乗ったとき、トマトジュースを飲んだことはありますか。私は飛行機に乗ると耳が痛くなるせいで、飲み物を飲む暇もありませんでした。   そんなトマトジュースですが、飛行機の中で飲 …

バリ島危険情報! 注意すべき生物・病気と予防接種について

南国のリゾート地、バリ島。 緑豊かな大自然やビーチでまったりしたり おいしいトロピカルフルーツや激安のローカルフードを満喫するのもいいですね。   そんな穏やかなイメージのバリ島ですが、自然 …

せっかく貰ったお土産だけど好みじゃない! どうするのがいい? 6つの対応をご紹介!

ご近所さんや会社の同僚、親戚などから、もらうことがあるのがお土産。   自分の行ったことがない地域や国のお土産をもらうと、 うれしいことも多いのですが、なかには好みじゃないもののことが。 & …

ニュージーランドで日本人差別って本当にある? どんな差別があるの? 在住者が解説します!

のんびりと穏やかなイメージの強いニュージーランド。   ちょっとした観光旅行から長期的な滞在や旅行まで人気が高いのですが、日本人に対しての差別があるのか不安に思うことがあるかもしれません。 …

ベトナム・ハノイの大気汚染の原因は? どんな対策をすればいい? 元現地在住者が3つの対策を教えます!

出張や観光旅行でハノイに行ったとき、 とても気になるのが、大気汚染の状況。   ハノイは、いま、開発の真っただ中。 しばらく滞在すると、のどの調子が…? となってしまう日本人が多いんです。 …