ベトナム 旅行 雑学 食事

ベトナムの食文化の特徴や歴史3選! 地域ごとに異なる興味深い文化があります!

投稿日:2018年11月16日 更新日:

ベトナム旅行に行くことになった!

 

そんなとき、楽しみになるのが、ベトナム料理。

 

どんな料理を食べるか、うきうきしながら調べる!

 

なんてこともあるのでは?

 

実は、「ベトナム料理」と

ひとくくりにすることはできません。

 

同じベトナムであっても、

どの地域へ旅行に行くかで、

食文化がまったく異なるからです。

 

そのため、ベトナム料理を楽しみたい!という人は、

どんな食文化に触れたいのかを考えてから、

旅行に行く地域を決めていくという方法も

おすすめです。

 

そこで、ベトナムの食文化について、

地域ごとの特徴や歴史とからめながら、

まとめてみたいと思います。

ベトナムの食文化の特徴や歴史1: こだわりの食文化!? 中国やフランスの影響を受けた歴史も

自分の国の食文化に誇りを持っているベトナム人。

 

ぜったいにおいしい!という自信があるので、

いろいろな食べ物を教えてくれる、なんてことも。

 

そんなベトナム人の自慢の食文化ですが、

それを特徴づけるのが、

中国とフランスの食文化。

 

ベトナムは、千年にわたって中国の支配下におかれ、

小規模な反乱をなんども起こすものの、

鎮圧されてきたという歴史があります。

 

長い期間の中国の強い影響によりお茶文化が定着。

 

また、炒める、蒸す、煮るという料理の手法も中国の食文化の影響。

 

とくに朝、道を歩くと、中華まんのお店がたくさん!

 

ベトナムの食堂に行けば、本格的なチャーハンが提供されています。

 

19世紀、今度はフランスの支配下におかれることに。

 

ベトナムの食文化の代名詞でもある、

フランスパンのサンドウィッチ(バインミー)や、

コンデンスミルクがたっぷりのベトナムコーヒーは、

フランスの支配の歴史の痕跡。

 

そのほか、インドの影響をうけたカレー文化や、

シンガポールの定番であるおかゆは、ベトナム料理を語るうえで欠かせません。

 

ベトナム風にアレンジされたお寿司が目立ち始めるなど、

まだまだ進化の途中!なのがベトナム料理なんです。

ベトナムの食文化の特徴や歴史2: 地域ごとに異なる? 海沿いと山岳地帯にも違いが!

地域ごとに食文化が異なるのもベトナムの特徴。

 

おおまかには、3つの地域に分けることができます。

 

ハノイを主要都市とする北部は、

塩と味の素、しょうゆをベースにした、

薄味の料理が中心です。

 

中国に隣接していることから、

中華料理の影響が強いことも特徴。

 

店先でおばさんが中華まんを売っている、

大きな中華鍋をふりあげチャーハンや野菜炒めを作っている、

こんな光景はハノイなど北部ならでは、です。

 

フエやダナン、ホイアンなどが有名な中部は、

中国支配の時期に皇帝が住んでいた場所。

 

古都としての歴史が、食文化を特徴づけています。

 

米粉とタピオカを使った生地を使った料理は中部ならでは。

 

また、北部は大皿料理が多いのですが、

中部は小さな皿に美しく料理をならべる、

懐石料理に近い食文化が根付いています。

 

南部になると、タイやカンボジアの影響をうけた食文化に。

 

味付けは濃い目で、砂糖がこれでもか!というくらいたっぷり。

 

麺類のスープも甘辛く、北部の薄味とは対照的です。

 

また、揚げ物をこよなく愛する食文化も南部ならでは。

 

その場で揚げてくれる串揚げの屋台が立ち並ぶのも、南部の光景です。

 

海沿いの町か、山岳地帯かでも、食文化の違いが。

 

北部ハノイの隣にあるハイフォンに行くと、

麺料理は、かに味噌をねりこんだ、バインダーがメインに。

 

また、山岳地帯にいくと、川魚や水牛などの料理が増えます。

 

ベトナム全体では少なくなりましたが、

一部の田舎では、犬や猫の肉を食べる習慣も残っています。

ベトナムの食文化の特徴や歴史3: 旅行者必見! 地域のごとの名物料理は?

ハノイなど北部を中心に旅行を計画している人は、

やっぱりベトナムの食文化の定番!フォーは外せません。

 

牛肉か豚肉を選ぶパターンが多いのですが、

小さな貝をトッピングする場合もあります。

 

ブンチャーは、甘辛い豚肉が入ったコクのあるスープに、

麺や野菜をひたして食べるハノイ名物のつけ麺料理。

 

やみつきになる日本人がとても多い!料理です。

豚肉の代わりに揚げ春巻きをひたすブンネムと、

一緒に提供しているお店が多いので、要チェック。

 

中部に行ったら、まず食べたいのが海鮮料理。

 

近海で魚介類が豊富にとれるので、

魚貝類をふんだんに使った食文化が根付いています。

 

また、フエに行ったら、ブンボーフエ。

 

大きな豚足やレバーなどの具材がたっぷり!

 

麺は、丸みがあるうどんのようです。

 

中部の食文化に触れたいけど行けない!という場合は、

モンフエというファミレスのチェーン店が便利。

 

食べやすくアレンジされた中部の食文化を、

気軽に楽しむことができるので、おすすめです。

 

南部で食べたいのが、バインセオという、ベトナムのオムレツ。

 

ターメリックで着色した米粉とココナッツミルクで作った生地で、

もやし、エビ、ひき肉などをつつんだものです。

 

ライスペーパーでまるめて、手づかみでガブっと食べましょう。

 

また、ホーチミンは、海が近いこともあり、

貝料理のお店がたくさんあり、調理法も豊富!

 

ただ、日本人が食べなれない貝もあり、

油もたっぷり使う料理が多いので、

お腹が弱い…と言う人は控えめにした方がいいかも。

ベトナムの食文化の特徴や歴史まとめ

・ベトナムの食文化は、支配の歴史から、中国とフランスの影響が強い。

 

・北部、中部、南部で食文化は異なり、海沿いか山岳地帯でも特徴が変わってくる。

 

・ベトナム全土で食べられる料理も多いが、地域ごとの名物料理はチェックしたい。

-ベトナム, 旅行, 雑学, 食事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

収れん火災の仕組みと対策とは? すりガラスが有効? 窓際の花瓶にご用心!

皆さんは、「収れん火災」をご存知でしょうか。   収れん火災とは、ガラスなどの透明なものが太陽光を集め、近くの可燃物に太陽光が当たり火がつくという火災です。   今回は、収れん火災 …

バリ島でスパ体験! カップルで行けるオススメの安い人気スパ ! 現地在住者が選ぶベスト5

  南国の雰囲気たっぷりの中、心地よいアロマとなめらかなハンドマッサージ。 バリ島旅行 人気プランの一つ「スパ」。 バリに来たらやっぱり一度は行ってみたいですよね。   でも、ハネ …

意思と意志の違いや使い分けるコツを解説! ポイントは動機や意図があるかないか!

意思と意志、この読みが同じの二つの言葉、どう使い分けるんだろうと思ったことはありませんか?   イシを貫く、イシを尊重する……、ちゃんと漢字で書くことができますか?   僕も「どっ …

バリ島にいる危険生物6選! 注意すべき病気3選と予防接種についても現地在住者が解説します!

南国のリゾート地、バリ島。   緑豊かな大自然やビーチでまったりしたり、おいしいトロピカルフルーツや激安のローカルフードを満喫するのもいいですね。   そんな穏やかなイメージのバリ …

広辞苑と大辞林! どう使い分ける? 二つの違いは? 実は結構違います!

皆さんは、広辞苑や大辞林で何か言葉を調べたことはありますか。   私は言葉を調べるときに広辞苑なら使ったことがあります。   広辞苑と大辞林は、同じ辞書のようなものですが、違うとこ …