ハノイ ベトナム ホーチミン 旅行

ベトナムでのグラブタクシーとグラブバイクの乗り方・使い方の違いや注意点は? メリット, デメリットはある?

投稿日:2019年2月22日 更新日:

ベトナムでもっとも大手の会社となるのがグラブ。

 

アプリをダウンロードすれば、気軽に予約することができるので、

利用したい!と思う人も多い移動手段です。

 

グラブには、グラブタクシーとグラブバイクの2種類が。

 

でも、初めて使う人にとっては、乗り方が分からないので心配ですよね。

 

そこで、ベトナムグラブタクシーとグラブバイクの

乗り方や使い方にはどんな違いがあるのか、

それぞれどんなメリット、デメリットがあるのか、まとめてみました!

ベトナムでのグラブタクシーとグラブバイクの使い方は? 乗り方の注意点は?

グラブタクシーやグラブバイクに共通するメリットは、

契約しているドライバーの数がとても多いので、

早朝や深夜であっても、すぐに呼ぶことができる点。

 

使い方は、タクシーもバイクも同じ。

 

スマホやiPadにアプリをダウンロードして予約をするだけです。

 

乗り方は簡単。まずは、タクシーかバイクかを選択します。

 

それから、出発地と目的地を入力すると、運賃が表示されます。

 

運賃は、需要と供給のバランスにより変動。

 

それでOKだと思ったら、予約ボタンを押せば、

近くにいるドライバーをアプリが見つけてくれます。

 

タクシーもバイクも、使い方には注意点が。

 

出発地の近くに来たら、ほとんどのドライバーは電話をしてきます。

 

観光地をのぞいては、ベトナム語が通じないことが分かると、

めんどうなのでキャンセルされてしまうことも。

 

ほとんどがベトナム語で話してくるので、

お店の人などにかわってもらい、場所の詳細を伝えてもらいましょう。

 

グラブタクシーとグラブバイクの両方に共通するメリットは、

運賃や目的地が明確にできる点。

 

ドライバーが道に迷って時間がかかったとしても、

決まった運賃を払えばいいので、ぼったくられる心配はありません。

 

また、利用状況をメールに転送する機能もあるので、

出張でベトナムに来た人は交通費の申請に使うことも可能です。

ベトナムのグラブタクシーのメリット:複数人利用ならグラブタクシーが便利!バイクは2人までOK!

ベトナムに来たら利用する機会が多いグラブですが、

グラブタクシーとグラブバイクは、人数によって使い方を変えるのがおすすめ。

 

目的地が同じであっても、運賃が安いのはグラブバイク。

 

グラブタクシーと比較すると、約半分の運賃で移動できるのがメリットです。

 

グラブバイクの場合は、乗車人数が限られるのがデメリット。

 

標準的な体型の人であれば、ドライバーの他に2人まで乗ることが可能。

 

しかし、バイクが小さかったり、ヘルメットが1人分しかないことも。

 

ひとつのアプリで1台しか予約できないので、

数人で利用するときは、グラブタクシーを予約する使い方が安心です。

ベトナムのグラブバイクのメリット:渋滞時には小回りがきくグラブバイクがおすすめ

ベトナムは、朝夕の通勤時やサッカーなど国民的なイベントがあるときは、

ひどい渋滞に巻き込まれることも少なくありません。

 

そのような時間帯にグラブタクシーを利用すると、

普通は30分で到着するところ、2時間、3時間かかることも。

 

そのような時間帯に移動するときは、

グラブバイクの方がメリット大!

 

ドライバーは、渋滞しやすい道を熟知しているので、

裏道などを上手く利用して、できるだけ早く到着するように工夫します。

 

しかし、大きなバスやトラックのあいだをすりぬけたり、

歩道を走ったり、道路を逆走したりと、かなりスリリング。

 

ベトナム風のバイクの乗り方に慣れていないと、

かなり怖い思いをすることもあるので要注意です。

ベトナムのグラブタクシーは予約中心、路上でひろうならグラブバイク

グラブタクシーは、Grabとペイントされている車もありますが、

契約を示すステッカーが貼ってある以外は、

見た目で判別することが難しいという特徴が。

 

そのため、路上でグラブタクシーを選んで乗ることはほとんどありません。

 

グラブタクシーは、基本的に、アプリを通じた予約による乗り方がメイン。

 

予約が確定すると、車のナンバーと車種が送られてきます。

 

それをもとに、出発地付近で予約した車を探すという乗り方になります。

 

グラブタクシーは、インターネットが使えないときは利用が難しいのですが、

バイクは路上にたくさん待機しているので、直接交渉が可能。

 

ただ、路上の場合、運賃がはっきりしないというデメリットが。

 

アプリ利用よりも安い運賃を提示するグラブドライバーもいれば、

とくに外国人が相手となると、相場の2倍、3倍の運賃を提示する人も。

 

そのため、グラブのユニフォームを着ているからと油断せず、

複数のドライバーと交渉して、値下げを試みることが必須です。

ためたポイントを使うならグラブタクシーの方がグラブバイクよりも機会が多い

グラブは、アプリを介した使い方をすると、運賃に応じてポイントが付くというメリットが。

 

キャンペーンでポイントが2倍になったり、プレゼントされることも。

 

ポイントがある程度たまったら、運賃の値引きに使うことができます。

 

アプリの使い方に慣れたら、ポイントによりほぼ無料で乗れることも!

 

ポイントは、グラブタクシーでもグラブバイクでも付与されます。

 

一定のポイントがたまったら、クーポンに変換して、予約時に反映させます。

 

使い方は簡単ですが注意点が。ポイントの利用はグラブタクシーが中心ということ。

 

普段、グラブバイクしか使わない!という人はポイントが失効しがちです。

 

そんな場合、ポイントを飲食店など提携店のクーポン券と交換する使い方がおすすめ。

 

有名チェーン店のクーポン券もあるので、利用機会があればお買い得です。

ベトナムでのグラブタクシーとグラブバイクの使い方やメリットデメリットまとめ

・グラブタクシーとグラブバイクは、料金が明確で、領収書を発行できるメリットが。

 

・1人移動ならグラブバイクがおすすめ。数人ならグラブタクシーを予約するほうが割安。

 

・渋滞時は移動に時間がかかるため、小回りがきくグラブバイクのほうが便利。

 

・グラブタクシーはアプリ予約が基本。グラブバイクを路上でひろうときは要交渉!

 

・ためたポイントは運賃の値引きに使えるが、グラブタクシーのみであることが大部分。

 

グラブタクシーもグラブバイクも、アプリさえダウンロードできれば乗り方は簡単。

 

ポイントで運賃を値引きする使い方もあるので、ベトナムに長期滞在する人はぜひチャレンジしてみてください!

-ハノイ, ベトナム, ホーチミン, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベトナムの虫は危険!? 注意したほうがいい虫5選! 現地在住者が解説します!

ベトナムに旅行や出張で行くとき、どんな虫よけスプレーが必要か、 迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。   基本的にベトナムは、過ごしやすい場所が多いのですが、 湿気が多い季節や山岳地帯 …

ベトナム・ホーチミンで絶対に食べたい! 安くておいしいB級グルメ8選!

ベトナムといえば、フォーやバインミーなど、 昔から食べられている定番の料理を思い出す人が多いのでは。   でも、ベトナムは、屋台を中心に、 地元で食べられているB級グルメも充実。 &nbsp …

ニュージーランドにカップラーメンの持ち込みはできない!? 規制のルールを解説します!

豊かな自然が魅力的な酪農大国、ニュージーランド。   持ち込める食品への規制が厳しく、違反者への対応も厳しいのですが、手軽に日本の味を楽しめるカップラーメンの持ち込みはできるのでしょうか? …

ハノイで日本の食材が買えるおすすめスーパー&コンビニ5選!

ハノイに長期滞在することになったとき、 日本食が食べたい!となることがありますよね。   もちろん、ハノイ市内には、日本食レストランも充実していますが、 お値段がそれなりにするところが大部分 …

バリ島でスパ体験! カップルで行けるオススメの安い人気スパ ! 現地在住者が選ぶベスト5

  南国の雰囲気たっぷりの中、心地よいアロマとなめらかなハンドマッサージ。 バリ島旅行 人気プランの一つ「スパ」。 バリに来たらやっぱり一度は行ってみたいですよね。   でも、ハネ …