エストニア 旅行

タリン-ヘルシンキ間の移動方法, 費用と所要時間を教えます! フェリーが飛行機よりもおすすめです!

投稿日:2019年3月19日 更新日:

皆さんはエストニアの首都、タリンをご存知でしょうか。

 

エストニアとは北欧の一国。フィンランドと海を挟んで向かい側にある国です。

 

首都のタリンは世界遺産に登録されている旧市街を持つ素敵な都市。

 

ただ歩いているだけでもとても楽しくなる美しい都市です。

 

また住民のほとんどの人が英語を話せるので、困ったことがあっても安心。

 

海外旅行に慣れていない人もきっと旅行しやすい国でしょう。

 

しかしまだまだ日本国内では知名度が低い都市。

 

どうやってタリンに行けば良いのか、と首を傾げている方もいるはずです。

 

でも、ご安心ください。タリンは案外簡単に行くことができるんです!

 

この記事では日本からタリンに行く方法をいくつか紹介します!

タリンへはヘルシンキ経由で行くのがおすすめ!

2019年2月現在、エストニアへの直行便は出ていません。

 

そのため、エストニアに行くには必ずどこかの都市を経由する必要があります。

 

その際、最もおすすめなのはフィンランドにあるヘルシンキ空港を経由する方法です!

勿論、エストニアがフィンランドの向かいにあるということもありますが、もう一つ大きな理由があります。

 

実はフィンランドは、日本から一番近いヨーロッパの国なのです。

 

少し意外かもしれませんが、地球儀を見てみるとすぐにわかります。

 

日本から一直線に線を伸ばしてみると、フィンランドまでの距離が一番短くなるんです!

 

実際にヨーロッパの主要都市への直行便の時間を比較してみましょう。

 

・ヘルシンキ 約10時間

・ベルリン  約12時間

・パリ    約12時間半

・ローマ   約13時間

 

勿論、時間は前後することもありますが、大体は上記ぐらいの時間がかかります。

 

そのため、ヘルシンキ以外の都市を経由してエストニアに行くとなると大幅に時間をロスしてしまうことになります。

 

是非、経由地はヘルシンキを検討してみてくださいね!

ヘルシンキからのタリンまでの移動方法, 費用, 時間は?

ヘルシンキからタリンまで移動するには二つの手段があります。

 

フェリー、そして飛行機です。

 

① フェリーでの行き方

ヘルシンキからタリンまではフェリーで片道1.5〜2.5時間ほど。

 

「Talking Silja Line」、「Viking Line」、「Eckerö Line」の三社がフェリーを取り扱っています。

 

フェリーの利点は何と言っても価格の安さ。

 

最安値は片道なんと15ユーロ! 最もこれは夕方の便で、観光をする際はあまり好ましくないかもしれません。

 

そのため大体25ユーロほどを費用がかかると考えておきましょう。

 

予約は必ず事前にインターネットでするのがおすすめです。

 

当日券は35ユーロほどになり、少し割高になってしまうからです。

 

また往復のチケットを予約すると割引される場合もあるので、予約する際は帰りの便もチェックしてみましょう。

 

また少し豪華な気分を味わいたい方は客室を取ることもできます。

 

追加料金がかかってしまいますが、それでも大体30ユーロほど!

 

また客室は取らなくても、フェリーにはレストランや売店、あとはラウンジなどもあるので時間を過ごすのに困ることはないでしょう。

 

②飛行機乗り継ぎでの行き方

飛行機の場合はタリンまでは直行便で約40分!

 

なるべく観光に時間を割きたいと考えている方は飛行機を選んだ方が良さそうです。

 

ただし飛行機はやっぱり割高。

 

時期によっても異なるかとは思いますが、片道最低でも15,000円ほどはかかると考えていた方が良いでしょう。

ヘルシンキ-タリン間の移動にフェリーを勧める理由

フェリーと飛行機、どちらかを使用するかは、旅行にかけられる費用、時間でより良い方を決めた方が良いと思います。

 

けれども、それでも個人的におすすめしたいと思うのはフェリーです。

 

まず理由の一つは、ヘルシンキ観光ができる、ということです。

 

もし飛行機の乗り継ぎをするならば、ヘルシンキ空港から出ることができず、フィンランドの地を踏むことなく、タリンへと向かうことになります。

 

ヘルシンキもタリンに負けず、素敵な街です。

 

デザイン性の高いヘルシンキ駅や建物たち。美しい教会の数々。可愛らしいテキスタイルの布や洋服たち…。

 

せっかく行ったのだからヘルシンキも楽しまなければもったいない!

 

是非、ヘルシンキの街も散策してもらいたいです。

 

また、異文化を体験できる、という点でもフェリーはおすすめです。

 

数年前、タリンからヘルシンキ行きへのフェリーに乗った時、そこには不思議な光景が広がっていました。

 

なぜか人々が大量の酒瓶(人によっては箱をいくつも抱えている人がいました)をフェリーに持ち込んでいたのです。

 

今まで見たことのない光景に、驚いて周りの人に理由を聞いてみると

「ヘルシンキでは酒の値段が高いから、ヘルシンキの人々は週末物価が安いタリンで酒を大量に買い、持って帰っているんだよ」

という返答がありました。

 

なるほど、と理解するとともに、これは日本では体験できない光景だと深く感動したことを覚えています。

 

せっかくの海外旅行。是非日本では見ることができない光景や、体験をしてみたい。

 

そう思われる方は、是非フェリーに乗ることを考えてみてください!

タリン-ヘルシンキ間の移動方法, 費用, 移動時間まとめ

  • 街並みが世界遺産の街、タリンへの直行便はまだ存在していない。
  • そのため、必ずどこかを経由しなければならない。
  • 経由地としてはヘルシンキがおすすめ!
  • ヘルシンキからはフェリーか飛行機でタリンへと向かおう。
  • 個人的にはフェリーがおすすめ! 滅多に味わえない体験を楽しんで!

-エストニア, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

音楽の街オーストリア・ウィーンの治安は悪い? 女性のひとり旅でも大丈夫?

ウィーン。 音楽と芸術の街。   街を流れるドナウ川。   毎晩舞台で演じられるきらびやかなオペラ。   街の中央に佇む厳かな寺院。   美しい絵画が多く飾られ …

ベトナム・ハノイの大気汚染の原因は? どんな対策をすればいい? 元現地在住者が3つの対策を教えます!

出張や観光旅行でハノイに行ったとき、 とても気になるのが、大気汚染の状況。   ハノイは、いま、開発の真っただ中。 しばらく滞在すると、のどの調子が…? となってしまう日本人が多いんです。 …

海外ではエスカレーターは歩く? 歩かない? どちら側を空ける? 注意点はある?

日本では、東京など関東では左立ち、右を歩くが一般的。   それに対して大阪などの関西では、右立ち、左を歩くことが多いようです。   さらには、最近は、事故を防止するという観点から、 …

ニュージーランドにカップラーメンの持ち込みはできない!? 規制のルールを解説します!

豊かな自然が魅力的な酪農大国、ニュージーランド。   持ち込める食品への規制が厳しく、違反者への対応も厳しいのですが、手軽に日本の味を楽しめるカップラーメンの持ち込みはできるのでしょうか? …

インドネシア・バリ島で注意すべき詐欺や危険な犯罪7選! バリ島在住者が解説します!

バリ島を旅行中の日本人女性が襲われ、その後殺害されたという事件があったのは2009年。 日本人にも人気のリゾート地で起きた事件なだけに、その後バリ島旅行を敬遠した人も多いかと思います。 ただ、ぼったく …