旅行 韓国

韓国で英語は通じる? 実は日本語の方が通じる?! 使える韓国語も教えます!

投稿日:2018年12月22日 更新日:

韓国旅行に限らず、外国旅行をする時に、コトバは通じるのか?って気になるところですよね。

 

韓国語のハングルって、なんだか記号にしか見えなくてとっつきにくいし、外人を見るとなんとなく英語が出てきちゃう、って方もいるでしょう。

 

韓国ドラマから韓国に興味を持ち、渡韓回数はそんなに多くはないのですが、ちょっと変わった場所に行ったり、韓国人と二人旅したりと、変わった経験はあります。

 

なので、私なりの経験からわかったことも、お伝えしてみたいと思います。

韓国の田舎の方では英語はほとんど通じない。都会でも発音が…

教育熱心な韓国人なので、日本人と同じくらいの英語知識はあると思います。

 

ただ、日本人も日本語英語と言われますが、韓国人の英語も、韓国なまりだと言って良いと思います。

 

韓国人は、日本人より英語の発音が良い!と信じてるみたいですが。

 

ハングルを学ぶ時も、ひっかかるのは外来語で、韓国語では濁音や伸ばす音のコトバが無いので、ハングルでは表現できない単語とかが結構あるワケです。

 

例えば、ある韓国ドラマのセリフに「フレンドのPよ!」というのが出てきて、ずっこけた事があります。

 

韓国英語では「プレンド」だし、ファンは「ペン」コーヒーは「コピ」なんです。

 

そんな感じなので、英語が通じるか?といえば、通じないことはないけれど・・という感じですね。

 

とりあえず、ソウルなどの大都市では英語が使える店員さんなどもいる場所もありますし、駅などでも何か国語かで案内が出ています。

 

ただし、田舎の方ではほとんど使えないと思っていた方が良いと思います。

 

電車の駅名なども、英語?アルファベット表記はあるのですが、日本人には読めない事もあるかもしれません。

 

ハングルの発音を、アルファベットの表記にしてあるので、ローマ字読みしようと思うと、読めないものも多いのです。

 

特に地方などの駅は、漢字表記もあったりするのですが、どっちにしても読めずに困った覚えがあります。

 

有名なミョンドンも「明洞・Myeong-dong」と書きますから、知らない地名だと読みにくいですよね。

英語よりも日本語の方が韓国人には通じるかも?

韓国で日本語が解禁になってきたのは、意外と最近で、2000年位からのようで、実はTVの地上波では、いまだにあまり日本語の放送は無いようです。

 

お年寄りはかつては、ハングルと日本語を一緒に習っていたので80歳以上の方なら、本当は日本語もわかる筈なのですが、お国の事情もあって、まず使わないでしょう。

 

けれど、若い人の日本語人気は案外高いので、日本語を習っている人は結構多いようです。

 

なので、英語よりは日本語のほうが通じることが多いと思います。

 

観光地などでは、ほとんど日本語で応対できる店員さんもいますし、格安ツアーでも、空港に迎えに来てくれるガイドさんは、日本語のできるガイドさんだったりします。

 

韓国はネット社会なので、もし通じなくても、スマホのアプリの翻訳ソフトで見せてくれる事もあります。

 

韓国語は、日本語とコトバの並び方が一緒なので、単語さえ少しわかれば、案外簡単ですし、ハングルもほぼ発音記号なので、簡単なコトバを書いたり、覚えたりするのも良いと思います。

すぐ使える韓国語フレーズ3選!

すぐ使えそうな、簡単なフレーズを紹介しておきます。

 

「いくらですか?」「オルマエヨ?」

 

「これ、ください」「イゴ、ジュセヨ」

 

「〇〇は、どこですか?」「○○ヌン、オディエヨ?」

 

〇〇に入る目的地などは、前もってハングルを調べて書いておいて、聞いても良いですね。

 

以前、ソウル駅のロッテマートに行きたくて、何人かで別れてタクシーに乗ったら、なかなか分かってもらえなかった挙句に、別のロッテマートに連れていかれちゃった事もありました。

 

カタカナ言葉の発音が、結構日本と違うので、日本式発音で言っても通じないことが多かったです。

まとめ

・韓国の大都市では、だいたい英語が使えるところも多いです。

 

ですが、韓国なまりの英語の事が多いので、こちらも日本語なまりの英語だったりすると、通じない事もあります。

 

外来語は、そのまま日本式に発音すると、まず通じないので気をつけましょう。

 

・結構、日本語の方が通じたりします。

 

最近は、スマホのアプリなどに翻訳サイトが沢山あり、かざすだけで翻訳してくれるものもあるようですし、声の出るものもあります。

 

なので、それで聞くこともおススメですし、前もって行きたい場所などは、ハングルを調べて書いて行くのも良いのではないでしょうか。

 

コトバが通じなくても、意外に身振り手振りで何とか通じるものですが、現地の人とコニュニケーションが取れたら、より嬉しいですよね。

 

この機会に簡単な単語を覚えていくのも良いでしょう。

 

どうぞ、楽しい旅行をなさってくださいね。

-旅行, 韓国

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピースボートの実態! 怪しい噂の真実と費用について元乗船者が語ります!

各国の世界遺産や南国を思わせるビーチの写真を背景に「地球一周の船旅 」と書かれたポスター、皆さん一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。 初めて目にした時、あなたはどう思いましたか? 興味を持っ …

デンマーク・コペンハーゲンのお土産なら? 職場用バラマキにおすすめ4選!

出張や旅行でデンマークのコペンハーゲンに! 日本へ帰るとき、職場にどんなお土産を買えばいいんだろう、 と迷ってしまう人もおおいのではないでしょうか。   職場には、年齢、性別だけではなく、 …

バリ島で人気のカーチャーター! 料金相場とおすすめ会社, バリ在住の私のオススメ運転手もご紹介します!

  海外へ旅行する際、現地での交通手段に結構悩まされることありませんか? 言語や通貨も違ううえ、地域によっては料金交渉が必要だったり、高額な料金を吹っ掛けられたり…。せっかくの旅行先で、トラ …

エストニア旅行の時に英語は通じる? 物価、気候…知っておくべきポイント教えます!

エストニア。   皆さんはこの言葉を知っていますか? 何かの洋菓子の名前? 何かのイベントの名前? はたまた新しいアプリケーションの名前?   きっとこの記事を見ている人は、もちろ …

SSSSと印刷された搭乗券

搭乗券にSSSS! 実体験からの注意点【二度目のセキュリティ】

先日アメリカに行く機会がありました。   その時の搭乗券が上の画像なんですが、SSSSって文字が見えますよね。   同行者の搭乗券にはこの文字はなく、なんだろうと思いました。 &n …