旅行

モロッコ旅行のベストシーズンっていつ? 人気の観光スポットや言語・通貨・気候を解説します!

投稿日:2018年12月8日 更新日:

色彩豊かでエキゾチックな魅力満載のモロッコ。

日本からの飛行時間も長く、安全とは言えない治安状況でありながら、一人旅や女子旅にも人気で、トリップアドバイザーの『トラベラーズチョイス 世界の人気観光都市2015』では、モロッコ・マラケシュが第1位だったとか。

多くの人を魅了するモロッコ旅行。せっかくなら旅行に最適なシーズンに行きたいですよね。今回は、モロッコ旅行のベストシーズンや物価、人気の観光スポットなどをご紹介します。

モロッコの基本情報

皆さん、モロッコがどこにあるかご存知ですか?

地理にめっきり弱い私。3年前にモロッコを訪れるまで、中東の国だと思っていました…。

だってトルコやドバイと似たイメージありませんか?

…そうです、モロッコは、アフリカ大陸の北西、スペインの南に位置します。

 

【言語】

公用語はアラビア語とベルベル語。英語はホテルやスパのスタッフ以外はほとんど通じまんが、フランスの植民地だったことから、フランス語が話せる人は多いです。

ちょっと意外ですが、モロッコはフランス語の留学先としても人気なんですよ!

 

【通貨】

モロッコの通貨は「モロッコ・ディルハム(dh)」

2018年10月現在で、1dh=11.8円程。

ちなみに、だいたいの物価は↓こんな感じです↓

 

  • ミネラルウォーター(500ml) 4dh(約50円)
  • マラケシュ市内バス 4dh(約50円)
  • タクシー初乗り 2dh(約25円)
  • 食事代(観光客用レストランの場合) 60~100dh(約700~1,200円)
  • 宿泊費(一般的なリヤドの個室) 100~200dh(約1,200~2,400円)

 

【宗教】

国教はイスラム教ですが、宗教に寛容な国として知られているモロッコでは、キリスト教、ユダヤ教を信仰する人々も共存しています。

とはいえ、大半の国民はイスラム教を信仰している為、観光客向けのホテルや大きめのレストラン以外、お酒を置いているお店は少ないです。

モロッコの気候と旅行のベストシーズン

アフリカと聞くと、一年中暑い気候をイメージしてしまいそうですが、モロッコは、日本のように四季があり、また、日中と朝晩の寒暖差が大きいのも特徴です。

 

(春)      3~5月      最高20~29℃ 最低9~15℃

(夏)      6~8月      最高24~37℃ 最低16~20℃

(秋)      9~11月    最高20~33℃ 最低11~18℃

(冬)      12~2月    最高17~22℃ 最低6~8℃

 

気温的にみると、やはり春・秋がベストシーズンと言えるでしょう。

11~3月頃までは雨季と言われていますが、降水量は雨季でも30~70mm/月程度ですので、さほど心配することはないと思います。

モロッコで人気の観光スポット

【シャフシャウエン】

モロッコの北に位置するシャウエンは、青い街として有名ですよね。

街全体が淡い水色から深い青色まで、多彩なブルーで染められていて、まるでおとぎの国に足を踏み入れたような、とても神秘的な気持ちになります。

 

【サハラ砂漠 アイト・ベン・ハッドゥ】

永遠に続くかのような雄大な砂漠ツアーはやっぱり外せませんね。

マラケシュからのツアーに参加するのが行きやすいと思います。

ツアー会社はたくさんありますが、どこもだいたい同じで以下のようなプランが主流です。アイト・ベン・ハッドゥ - ダデス渓谷 ― トドラ渓谷 ― サハラ砂漠

2泊3日のツアーでだいたい8,000~10,000円程。

 

【マラケシュ市街】 

マラケシュには旧市街(メディナ)と新市街にわれていて、全く異なる雰囲気を楽しめます。

 

旧市街では、是非スーク(市場)を楽しんで欲しいです。日本の商店街のような場所に所狭しとお店が連なり、見て回るだけでもとても楽しいですよ。

ザ・モロッコ土産はたいていここで揃うので、上手に値切ったらとてもお得な買い物ができます。但し迷路のように入り組んでいるので、道に迷わないように気を付けましょう。

新市街はヨーロッパを思わせるような洗礼されたショップが連なります。

カフェや雑貨、アパレルなど、ハイセンスなお店でのショッピング、女子はやっぱりテンションがあがります。

 

【マジョレル庭園】

新市街に来たら是非ここにも足をのばして見てください。

 

イヴ・サンローランが愛したと言われるこの庭園は、マジョレルブルーと美しい多様な植物に囲まれ、とても心地のいい時間を過ごせます。

街歩きに疲れたら是非ここでのんびり、リセットしてくださいね。

モロッコ旅行のベストシーズンと観光スポット, 言語・通貨・気候まとめ

  • モロッコはアフリカ大陸の北西に位置する王国。国語はアラビア語とベルベル語、通貨単位はモロッコ・ディルハム。国民の大半はイスラム教を信仰する。
  • モロッコには四季があり、また日中と朝晩の寒暖差が大きいのが特徴。
  • 多様な観光スポットがあり、砂漠や文化遺産、伝統品からモダンなお買い物まで楽しめる。

-旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニュージーランドと日本の料理や食事・食文化, 食べ物の違いってどんなもの? 現地在住者が解説します!

イギリスの植民地だった時代の影響を受け、広く残っているイギリスの文化と先住民であるマオリの文化とを共存させながら独自の文化やスタイルを作り上げたニュージーランド。   一体どのような食文化な …

ピースボートのあるある! 船内トラブルと注意点も乗船者が語ります!

「地球一周の船旅」のキャッチコピーで知られるピースボート。 見ず知らずの大勢が、100日以上も、船という非日常的な環境の中で生活する。 もちろんトラブルの一つや二つは起こるでしょう。 それも旅の醍醐味 …

ベトナムの虫は危険!? 注意したほうがいい虫5選! 現地在住者が解説します!

ベトナムに旅行や出張で行くとき、どんな虫よけスプレーが必要か、 迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。   基本的にベトナムは、過ごしやすい場所が多いのですが、 湿気が多い季節や山岳地帯 …

ニュージーランドにカップラーメンの持ち込みはできない!? 規制のルールを解説します!

豊かな自然が魅力的な酪農大国、ニュージーランド。   持ち込める食品への規制が厳しく、違反者への対応も厳しいのですが、手軽に日本の味を楽しめるカップラーメンの持ち込みはできるのでしょうか? …

インドネシアはなぜ地震が多い?! 注意すべき地域と被害が大きい理由もまとめました!

地震大国インドネシア。   先日も、ロンボク島やスラウェシ島での地震が相次ぎ、大きな被害が出たのは皆さん記憶に新しいでしょう。   また、2004年に起きたスマトラ島地震では、史上 …