生活

つり革が頭に当たる! どうする? 高身長あるあるの解決策はあるのか?

投稿日:2019年5月28日 更新日:

男性のほうが多いかもしれませんが、高身長の方をみかけることがあります。

 

高身長だと電車やバスのつり革に頭がぶつかることが多いようです。

 

背が高いからこその悩みかもしれませんが、つり革が頭に当たらないようにする方法があるのでしょうか?

つり革が頭に当たる…

日本人の20代から40代の平均的な身長は男性で171cm、女性で158cmといわれています。

 

これを基準として設置されているのかもしれませんが、電車では高いところにあるつり革は180cmの高さくらいです。

 

車両によって違いはあるようですが、ドア付近の少し低いあたりだと158cmほどです。

 

バスになると電車よりも低く、160cmから170cm前後が多いようです。

 

一般的に身長が175cm以上だと「背が高い、高身長」だと呼ばれる部類に入ります。

 

こう考えるとつり革が頭に当たる人、かなりの人数いるのではないでしょうか?

 

実際に頭につり革が当たると当たり前ですが、「つり革が当たると痛い」「かなりの衝撃」のようです。

 

また、「痛さもあるが恥ずかしい」「人が離したあとのつり革は危険」とも感じているようです。

 

うちの主人も身長185cmと高身長です。

 

つり革に当たるのが分かり切っているので嫌だと電車やバスに乗りたがりません。

 

丸いタイプよりも三角形のタイプのほうがおでこに当たると痛いらしいです。

 

高身長ゆえの悩みですが、当人たちにしてみれば辛い悩みなのかもしれません。

つり革が頭に当たる対策はある?

少しでもつり革が頭に当たらないためにできることはあるのでしょうか?

 

 

・つり革が頭に当たる対策1:身長を意識する

 

自分の身長はつり革が頭に当たる高さだと認識しましょう。

 

女性の方だと身長が高いのを気にして猫背気味になってしまう方が多いかもしれません。

 

そんなことせず、胸を張っていてほしいものですが、バスや電車での移動は話が別です。

 

痛さと衝撃でくらくらすることもあるようですから、ほんの少し身をかがめておきましょう。

 

 

・つり革が頭に当たる対策2:気を抜かない

 

常に気を張っているというのも酷なような気がしますが、油断は禁物です。

 

うっかりすると簡単にぶつかってしまいます。

 

まわりの人が下りる時も思わぬところからつり革が向かってくるかもしれません。

 

とくに停車駅付近ではまわりの様子にも気を配っておきましょう。

 

 

・つり革が頭に当たる対策3:キャップ帽をかぶる

 

混雑した車内では迷惑行為ともとられてしまうことも多いキャップ帽。

 

背の高い人たちが車内でかぶっていてもさほど問題視されることはありません。

 

背の高さを利用して、車内だけでもいいのでキャップ帽をかぶっておくと万が一頭につり革が当たっても衝撃が緩和されます。

 

ツバがあるので頭よりも先に当たってくれることもあります。

 

また、もし頭に当たってしまって恥ずかしい思いをしても目深にツバを下げておけば顔を隠すことができます。

周りの人もつり革を人に当てないように気をつけよう

平均身長、低身長の部類に入る側も気を付けないといけないことがあります。

 

日常生活では経験することがないのでわからないかもしれませんが、つり革が頭に当たることに困っている人もいることを理解しないといけません。

 

混雑時は「われ、先に…!」と席を取り合うように急いでしまいがちです。

 

つり革が頭に当たっていたい思いをしないように気を配って移動している人も同時にいます。

 

いつもよりほんの少し心にゆとりをもって移動してみるべきかもしれません。

 

持っていたつり革を話す時はできるだけそーっと離すことも大事です。

 

突然、頭に当たって衝撃を受けたらどうなるか…を考えてみてはいかがでしょうか。

 

つり革を勢いよく離してしまい、誰かの頭に当ててしまったら一言謝罪することも立派なマナーです。

 

また、もしつり革が頭に当たってしまった人を見かけたら笑ったりはせずに「大丈夫ですか」と声をかける勇気も大切です。

 

その一言で、気持ちが救われるように感じることもあるでしょうし、車内の空気が穏やかになるような気がします。

 

ちょっとした気遣いが重要です。

つり革だけじゃない? 頭に当たる、あれこれ

つり革だけでなく、ほかにもいろいろなものが頭に当たることが背の高い人には多いようです。

 

電車内の中吊り広告、降車口のドアに頭をぶつけることはつり革と同じくらいよくあるようです。

 

他にも、鴨居やキッチン上の収納棚、古民家の天井、和室の襖なども頭が当たりやすいと聞きます。

 

こんなにあちこちに頭に当たるものがあると気が抜けません。

 

日常生活で頭をぶつけるリスクを抱えながら過ごすのは辛いものではないでしょうか。

 

日本人の平均値に合わせて考えられた規格ではありますが、グローバル化が進んでいるのですから規格の見直しを検討してもいいように感じられます。

 

今までの体験上、海外の電車やバスでつり革や中吊り広告をみたことはほとんどありません。

 

つり革の代わりにシートの上や横にポールが数本立っています。

 

広告も車体に密着するように貼られています。

 

日本でもこういうアイディアを取り入れていけたら高身長の人だけでなく、日本人より背の高めな海外からの旅行者にとっても楽になるのかもしれません。

まとめ

・平均身長は男性で171cm、女性で158cmであるのに対し、一般的なつり革の高さは160cmから180cmである。

 

・高身長といわれる175cm以上の人はつり革が頭に当たりやすい規格である。

 

・高身長の人特有の悩みではあるが、車内では気を抜かず身長を意識しておくとつり革が頭に当たらずにすもときもある。

 

・つり革だけでなく、中吊り広告や降車口のドアにも頭が当たることが多い。

 

・海外からの旅行者も増えているので、規格の見直しを意識するのも必要かもしれない。

 

いいこともあれば悪いこともある、表裏一体というのはこういうことを指しているのかもしれません。

 

つり革をそーっと離すようにする、気持ちに余裕を持った行動ができるように見直していきたいものです。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

液晶テレビになぜ残像が出る? 原因は故障? 修理に出す前に知っておきたい対策とは

皆さんは、最近はテレビを見ますか?   私はテレビを見ることが少なくなってきて、どちらかと言えばYoutubeのほうをよく見ます。   最近はYoutubeで番組を見ることができる …

コンビニでの送り状の貰い方は? セブン, ローソン, ファミマ, ミニストップ, ニューデイズ…お店ごとに徹底解説!

宅急便で荷物を送るとき、かならず必要になるのが送り状。   送り先や送り主の住所、名前、電話番号、荷物の中身など、 記載することがかなりたくさん。   さらに、送る荷物がたくさんあ …

玄関ドアのガラスを目隠しする方法4選! プライベートを守りましょう!

家の顔ともいわれる玄関。顔と表現されるだけあって広さや使い勝手だけでなく、ドアも材質からデザインまでこだわって建てられています。   デザイン性、設計上の意図、築年齢によって存在する玄関ドア …

自転車のチェーンでのズボンの裾の汚れ…原因と対策とは? 意外と手ごわい汚れへの対処法!

暖かくなってくると移動手段として大活躍する自転車。   趣味としてのサイクリングや本格的なクロスロードなども人気です。   自転車に乗っている時にふと気が付いたらズボンの裾が汚れて …

ワイシャツの第一ボタンが苦しいときの対策4選! 色々方法はあります!

制服にスーツを着る時につきもののワイシャツ。   フォーマルなシーンだけでなく、身だしなみやマナーとしても第一ボタンまでしっかりとしめることが大前提です。   ワイシャツの第一ボタ …