スポーツ 雑学

スキージャンプの競技人口は少ない? 雑学やスキーの人口についても解説します!

投稿日:2019年3月13日 更新日:

皆さんは、スキージャンプに興味はありますか。

 

皆さん知っていると思いますが、スキージャンプは日本にも世界にも競技している人はいます。

 

では、その競技人口は、日本と世界でそれぞれどのくらいなのでしょうか。

 

今回は、日本と世界のスキージャンプの競技人口をそれぞれご紹介します。

日本どころか世界でもスキージャンプの人口は少ない?

スキージャンプの競技人口は、世界であってもかなり少ないです。

 

世界の場合、現役選手は男女合わせて1400人ほどしかいません。

 

なので、日本の競技人口はもっと少ないはず。

 

特に女子の場合、オリンピックに採用されたのが最近なので、かなり少ない方であるといえるでしょう。

 

バンクーバーオリンピックでは、競技人口が少ないため競技自体が見送られたこともあるそうです。

 

これにより、関係者からは批判が殺到し、アメリカが中心となって、「見送りを撤回しろ」という撤回要求の運動が起こりました。

世界のスキージャンプの強豪国は?

スキージャンプの強豪国は、メダルの獲得数で比べるとノルウェーが一番多く、金メダルが11個、銀メダルが10個、銅メダルが14個で、合計で35個になります。

 

金メダルの獲得数だとフィンランドがノルウェーに次いで多く、10個です。メダルの総獲得数はオーストリアがノルウェーに次いで多く、25個になります。

 

日本は、金メダルが3個、銀メダルが5個、銅メダルが4個で、合計12個になります。

ノルウェーはスキージャンプでなぜそんなに強い?

メダルの総獲得数も、金メダルの数も多いノルウェー。なぜこんなにスキーに強いのでしょうか。

 

日本のスキージャンプ選手である葛西紀明選手によると、「チームの結束力が強い」そうです。

 

日本人以上に結束力があるようで、団体戦であろうと個人戦であろうと、「全員で頑張る」という気持ちがわかるそうです。

 

日本の場合、個人でトレーニングする時間が多いのですが、ノルウェーでは大勢で取り組み、そのトレーニングの質も高いです。

 

さらにノルウェーは、スポーツが国民の生活にかなり浸透しており、それは日本よりもすごいそうです。

スキージャンプの起源ももちろんノルウェー

スキージャンプの起源は、1840年頃のノルウェーのテレマークというところです。

詳しいことは分っていませんが、スキーで遊んでいるときに自然に競技になったという説があります。

 

そのころの選手で有名だったのが、「ノルトハイム」という人でした。

 

スキージャンプはテレマークが発祥の地のため、飛ぶときに最も綺麗な姿勢を、「テレマーク姿勢」といいます。

女子スキージャンプにはラージヒルがない?

ラージヒルは、スキージャンプにおいてのジャンプ台の一種で、着地する地点の限界までの距離が110メートル以上の代のことを言います。

 

スキージャンプ男子にはそのラージヒルは存在するのですが、女子にはラージヒルはありません。それには大きく2つの理由があります。

 

まず一つ目に、競技人口です。

 

世界の女子スキージャンプ選手は200人ほどしかいません。

 

ワールドカップなどの参加する人数は、もっと少なくなります。

 

競技人口が少ない中でのメダルというのは、例えそれが金メダルであっても価値が下がってしまいます。

 

ノーマルヒルという、その名の通り普通のスキージャンプの1種目だけで限界になり、2種目のラージヒルは、行うことが難しくなります。

 

二つ目に、女子の体であるということです。

 

たとえプロでも、女性は女性。

 

人間があんなに高いところに放り出されて落下しているので、ノーマルヒルでさえ負担があるのにラージヒルではもっと負担が大きくなります。

 

なので、危険だと言える判断ができます。

人口が少なくなっているのはスキージャンプだけではない?

実は、スキージャンプだけでなくスキーの人口も少なくなっています。

 

ピークだったころの1998年頃は1800万人ほどいましたが、最近ではその3分の1以下になっています。

 

それには、コスパが悪いという理由があります。

 

交通費やホテル、スキー板、リフトなど、準備する時にもスキーをする当日にもお金がかかります。

 

もちろん、今のほうが昔よりはコストは下がっています。

 

が、それでもコスパが高いことには変わりありません。

世界と日本のスキージャンプ人口まとめ

・スキージャンプの人口は世界の場合男女合わせても1400人ほど。日本国内であれば、それよりも少ないため、スキージャンプの競技人口は少ない方だといえる。

 

・その競技人口の少なさから、競技が見送られたこともあり、批判や運動が多くあった。

-スポーツ, 雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オーロラ鑑賞のベストシーズンはいつ? 春夏秋冬どの季節が最適? カナダ・イエローナイフ, アラスカ・フェアバンクス, ノルウェー・トロムソ, ニュージーランド・デカポ湖それぞれについて解説します!

皆さんは、もしオーロラを見るとするならば、いつ見ますか。私なら冬の寒い夜に見ます。   なぜなら、オーロラと聞いて想像する場所は、寒いところだからです。また、寒いところでオーロラを見ると、ロ …

フィギュアスケートの試合を観戦する時の応援マナーと注意点は? 初心者でもこれを読めば大丈夫!

皆さんはスポーツ観戦はお好きですか?   サッカーや野球のサポーターは、応援するチームのレプリカユニフォームやTシャツを身につけたりチームカラーを身につけて、大きな声で応援をします。 &nb …

フィギュアスケート選手のピークと引退年齢は? 特に男子よりも女子が早いのはなぜ? その理由を解説します!

フィギュアスケートといえば、スケートリンクの上で音楽に合わせて踊ったり、クルクルまわったり、ジャンプをしたり…   使用する音楽や衣装によって「可愛い」「美しい」「かっこいい」など、色んな表 …

海外の男性保育士事情! 海外でも少ないの? なぜ? その理由は?

男性保育士というと、どんな印象を持ちますか?   日本では、保育士不足解消の為に男性保育士を増やそうという考えがある一方で、男性保育士に対する差別や偏見も多く、少しずつ増えてきてはいるものの …

日本のフィギュアスケートの競技人口が少ない理由は? 世界との比較と違いを紹介

皆さんは、フィギュアスケートの試合を見たことがありますか?わずか5分足らずの中、美しくも力強い演技に誰もが魅了されるフィギュアスケート。 その美しさに、自分でも滑ってみたい、と一度は憧れますね。 &n …