Little story

ちょっとした雑学や役に立つ話を紹介するページです。

歯科衛生士

歯科衛生士はネイルはあり? なし? おしゃれを楽しむには? 歯科医院で働いた経験から

投稿日:2018年11月23日 更新日:

歯科衛生士とは、医療系の国家資格の専門職です。

主に、患者の口の中に触れることが多い職業ですが、ネイルアートを施してある歯科衛生士はわずかながら見かけることがあります。

勤め先によっても、考え方や価値観はさまざまですが、例えネイルアートがNGでもおしゃれを楽しむコツを元歯科衛生士がお答えします。

医療業界のイメージ

 

医療業界では、派手な髪色や化粧、ネイルアートなどは禁止というイメージが強いかと思います。

 

私が通っていた歯科衛生士の専門学校でも、

自然な黒髪、ナチュラルメイク、ネイルは短く整え、ネイルアートは禁止、まつ毛エクステもカラーコンタクトも禁止でした。

 

しかし、最近では、わずかながらネイルアートなどを施してある歯科衛生士や、そのほかの医療従事者も見かけることがしばしばあります。

身だしなみとオシャレ

身だしなみとは、自分の身なりをその場にふさわしい姿に整えることであり、清潔感とTPOがとても大切です。

 

人は見た目で約9割、第一印象が決まります。そして、一度ついた第一印象は簡単には変わらないと言われています。

 

第一印象で好感を持ってもらえなくては、信頼関係を築くことは難しいです。

 

どんな仕事でも、信頼関係を築くことは大切ですが、医療の現場では、患者との信頼関係を築くことが最も大切なこととされています。

 

オシャレとは、自己満足です。

自分が好きな服装や髪形、はやりの服装や髪形などで着飾ることです。

 

オシャレをすることは、自身の個性の開放感、優越感、ストレス発散につながると言われています。

ハンドのネイルアートはOK?NG?

歯科などの医療の業界に限らず、ネイルアートに関して意見はわかれます。

 

私の個人的な意見では、歯科衛生士を含め医療現場で働く医療従事者のネイルアートは好ましくないと思っています。

 

爪が長いのは不衛生ですし、グローブを着けているからとはいえ、万が一グローブが爪で裂けてしまった時、小さな傷が指先にあった場合感染は免れることができません。

 

また、裂けてしまったグローブからのぞく爪で口の中を傷付けてしまう恐れも考えられますし、グローブが裂けていなくても爪が口の中の粘膜に当たり傷つけてしまう恐れもあります。

 

歯科医院によっては、派手ではないネイルアートならOKという歯科医院もあります。

 

実際に、私が勤めていた歯科医院では、派手ではないネイルアートならOKでしたので、ほとんどの歯科衛生士がネイルアートを施してありました。

 

ただ、いくら爪は短くしていても、ネイルアートに使われるストーンの飾りなども施されていて、決して地味な肌なじみの良いネイルカラーでもありませんでした。

 

いくら派手ではないネイルアートならOKでも、派手か派手ではないのかは個人の感覚ですので、境界線は不鮮明で線引きが難しいです。

 

それは例え医療業界のほかでも言えることだと思います。

 

どうしても、ハンドのネイルアートがしたいのであれば、長期休暇の時を利用する方が気兼ねなく楽しめます。

 

フットのネイルアートであれば、仕事をしていても楽しむことができるかと思います。

 

私はハンドのネイルアートはしていませんでしたが、甘皮処理などのネイルケアとフットのネイルアートは施していました。

 

スカートタイプの制服か、パンツタイプの制服かにもよりますが、パンツタイプの制服では靴下を着用しているので、仕事に支障をきたすことなく楽しむことができます。

歯科衛生士でもできるオシャレ

上記のように、歯科衛生士は口の中をあつかう仕事なのでネイルアートはさすがに難しいですが、その他にはできることもあります。

 

まつ毛エクステ

まつ毛エクステをしている歯科衛生士や医療従事者は見かけることはあります。

 

ただ、まつ毛エクステにも限度はあるかと思います。

 

まつ毛エクステを施すなら、あからさまに長過ぎるまつ毛エクステは不自然な目元になってしまうので、自まつ毛よりも少し長いくらいの長さで、自然なまつ毛エクステをおすすめします。

 

メイクの時間や手間も省くことができるので、忙しい朝でも、楽に準備することが可能です。

ただ、マスカラはウォータープルーフではない落としやすいもの、クレンジングはオイルが含まれていないものを使用しなくてはいけません。

 

まつ毛パーマ

まつ毛パーマはまつ毛エクステより、自然に仕上がります。

まつ毛エクステと同様に、メイクの時間や手間を省くことができるので、忙しい朝でも、楽に準備がすることが可能です。

ただ、マスカラはまつ毛エクステと同様に落としやすいものを使用しなくていけません。

 

私は、まつ毛エクステの時もありましたが、手入れが大変だったので、まつ毛パーマの方が合っていました。

 

まとめ髪のヘアアレンジ

ヘアアレンジは、顔まわりがまとまっていて患者に当たることがなければオシャレを楽しむことができます。

 

私は髪が長かった時は編み込みが多かったですが、ショートヘアにしていた時は前髪を上げてポンパドールにするか、前髪を横に編み込んだりしていました。

 

そのほかにも、お団子、くるりんぱなどが多かったです。

 

髪を留めるヘアゴムを飾り付きのヘアゴムに変えたり、シュシュに変えたりなど、毎日の気分で変えることが出来るのでおすすめです。

まとめ

 

身だしなみとオシャレ

  • 身だしなみとは、自分の身なりをその場にふさわしい姿に整えること。
  • 人は見た目で約9割、第一印象が決まる。
  • 第一印象は信頼につながる。
  • オシャレとは、自己満足。
  • オシャレをすることは、自身の個性の開放感、優越感、ストレス発散に繋がると言われている。

ハンドのネイルアートはOK?NG?

  • 歯科医院によっては、派手ではないネイルアートならOKという歯科医院もある。
  • 派手か派手ではないのかは個人の感覚のため、境界線は不鮮明。
  • ハンドのネイルアートは長期休暇を利用した方が良い。
  • フットのネイルアートは仕事に支障をきたすことなく楽しむことができる。

歯科衛生士でもできるオシャレ

  • まつ毛エクステ
  • まつ毛パーマ
  • まとめ髪のヘアアレンジ

 

歯科衛生士の仕事中にオシャレをすることは限られてしまうことが多いですが、その中でも許容範囲内で十分オシャレを楽しむことはできるので、ぜひ試してみてください。

 

-歯科衛生士

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

歯科衛生士なのにバキュームが下手⁈ 上手くなるコツは? 元歯科衛生士が解説します!

私は元歯科衛生士ですが、勉強の一貫で色々な歯科医院に、患者として出向くことがありました。 バキュームの扱いが雑なところ、全然吸えていない状態で口に水が入っているのにもかかわらずユニット(治療台)から起 …

歯科衛生士に患者からクレーム⁈ どうしよう? 対応の仕方や予防策は?

どんなお仕事にも、クレームはつきものです。歯科医院では、どのようなクレームがあるのか、クレームの対処法やクレーム対策について元歯科衛生士がお話します。 クレームと苦情   クレームとは、患者 …

歯科衛生士と歯科助手の仕事内容は?給料はどのくらい違うの?

歯科医院にいる歯科衛生士と歯科助手、どこからどこまでが歯科衛生士の仕事で、どこからどこまでが歯科助手の仕事なのか、何が違うのか気になったことはありませんか? 歯科衛生士になるにはどうすればいいのか、歯 …

歯科衛生士の職業は、やりがいのある仕事? ない仕事? 元歯科衛生士が言えること

どんな職業でも、やりがいを実感してこそ 繋がるものがあるかと思います。 歯科衛生士の職業は医療系の国家資格ですが、実際にやりがいがあるのか? それぞれの業務別に元歯科衛生士が言えること。 歯科衛生士と …

私が歯科衛生士になった志望理由と実例

歯科衛生士を目指す人の理由には、国家資格だから、手に職が欲しいから、親が歯科衛生士だから、など様々かと思います。 私は、ある出来事をきっかけに、社会人から歯科衛生士になりました。 この記事を読んで、少 …