ハノイ ベトナム 旅行

ハノイの治安は良い? 悪い? 観光を満喫するために知っておくべき注意点とは

投稿日:2018年11月16日 更新日:

ベトナムのハノイに観光旅行!

ガイドブックを見ながら、

どこに行こうかな、と

楽しみが増すことと思います。

 

同時に、心配になるのが、

ハノイの治安。

治安が良い?悪い?と分からなくなるほど、

いろいろな情報が飛び交っています。

 

そこで、ハノイの治安は良いのか、悪いのか、

実際に住んでいた経験をもとに、

まとめてみたいと思います!

ハノイの治安は基本的に良い! 親日のベトナム人も多い都市

ベトナムというと、薄暗い路地でのスリやひったくりが多い、

治安の悪い国、というイメージを持つ人も多いのでは。

 

ハノイの場合は、そのような暗いイメージとは、やや異なります。

ベトナムの首都で、役所や会社、銀行が集中しているハノイ。

役人やビジネスマンも多く歩いており、

大きな犯罪は起こりにくい環境があります。

 

さらにハノイは再開発の真っただ中。

古びた家が立ち並ぶ狭い路地はどんどん取り壊されて、

オフィスビルや高級マンションが立ち並ぶ、

治安の良いエリアに変わりつつあります。

 

一昔前は治安が悪いと評判だったロンビエンも、

今や高級マンションやAEONがある、

富裕層が集まるエリアになりました。

 

また、基本的に世話好きな人が多いベトナム。

困っている外国人がいると、

ベトナム語で一生懸命助けようとしてくれる、

やさしいベトナム人に出会うこともしばしば。

 

日本語を勉強しているベトナム人学生がたくさんいるハノイでは、

困っていたら日本語が話しかけられた!なんてことも。

そのため、ハノイは治安が良い?悪い?と言うと、

基本的には治安は良いと言えます。

ハノイの治安・注意点1: ひったくり対策ならショルダーバッグが安全

それでもやはり、外国人観光客が多いエリアになると、

必ずしも治安が良い!とは言い切れません。

 

ベトナムは、バイク大国。

治安が良いエリアであっても、

小回りが利く小さなバイクに乗った人に、

瞬時にひったくられる!という可能性が。

 

とくに気を付けたいのが、女性のハンドバック。

財布や小物をいれる、小さなタイプは、

とくに狙われやすいので要注意!

 

また、男性の場合、ズボンの後ろポケットに、

財布を無造作に入れる人も多いですが、

これもひったくられる危険性を高めます。

 

安全なのは、ショルダーバッグを斜め掛けすること。

 

ハノイでは、至るところに警察が待機。

さらに、車やバイクの数が多く、

あまりスピードが出せないので、

無理なひったくりを避ける傾向が。

 

体から離れにくいバッグを持つことで、

ひったくりに狙われる可能性が

ぐっと低くなります。

ハノイの治安・注意点2: 外国人価格に要注意!相場を事前に確認

ハノイ観光で欠かせないのが、

食品や衣服を買うことができるマーケット。

マーケット自体は、地元の住民も多く出入りしているため、

どちらかというと、治安は良いと思います。

 

ただ、注意したいのが、ぼったくり。

 

ベトナムでは、お金持ちはたくさん払い、

逆に貧しい人は少しでいいという暗黙の了解が。

ベトナム人でも裕福な人は、

価格が吊り上げられる傾向があるんです。

 

外国人観光客=お金持ち、

なかでも日本人はたくさんお金を持っている!

そんなイメージが異常に強いベトナム。

 

日本人であると分かると、

たとえ学生であっても、

値段が吊り上げられることがほとんどです。

 

ベトナムのお金は、1万ドン、10万ドンと、

とにかくゼロの数が多い!

そのため、なんだかよく分からずに、

言い値で支払ってしまう日本人も少なくありません。

 

そこで、先に大手のスーパーを覗いて、

ベトナムドンのゼロの数に慣れながら、

商品の相場をつかんでおくことが大切。

そのうえで、きちんと価格を交渉しましょう。

 

ただ、ベトナムでは、

お金を持っている人は多く払う、

という暗黙の了解があるので、

あまり値切りすぎるのはルール違反。

ほどほどにすることも忘れずに。

ハノイの治安・注意点3:バイクタクシーを使うときはきちんと交渉!

ハノイ観光に欠かせないのがバイクタクシー。

少し歩けば、ドライバーがニコニコ笑顔で、

「モーターバイク!」と声をかけてきます。

 

バイクをうまく使いこなすと、

ハノイ観光の充実度もアップすること間違いなし!

しかし、治安が良いエリアが大部分のハノイでも、

バイクタクシーのトラブルは多いんです。

 

とくに多いのが運賃トラブル。

最初に交渉して値段を決めても、

いろいろな理由をつけて、

吊り上げてくることが。

こちらが拒否すると、

ベトナム語で怒鳴りつけてくるなんてことも。

 

また、ドライバーなのに全く道に詳しくない!

なんてことは日常茶飯事。

道に迷って、どこに連れていかれるのか分からない、

そんな恐怖を味わうこともよくあります。

最後には、薄暗く治安が悪いエリアで、

無理矢理おろされそうになるなんてことも…。

 

そのため、ハノイ観光をするときは、

運賃と目的地をはっきりさせることができる、

Grabのアプリをダウンロードすることがおすすめです。

 

もし、路上のバイクタクシーを使うなら、

運賃をきちんと交渉すること、

目的地を理解しているのか確認すること、

この2つを忘れないように!

ハノイの治安と注意点まとめ

・ハノイは再開発が進んでおり、親日のベトナム人も多いため、基本的に治安は良い。

・混みあっている観光地では、斜め掛けのショルダーバックを持って、ひったくり防止!

・ぼったくりにあわないためには、ベトナムのお金に慣れ、相場を理解しておくことが大事。

・バイクタクシーを使うときは、運賃や目的地をはっきりさせるため、きちんと交渉を。

-ハノイ, ベトナム, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

音楽の街オーストリア・ウィーンの治安は悪い? 女性のひとり旅でも大丈夫?

ウィーン。 音楽と芸術の街。   街を流れるドナウ川。   毎晩舞台で演じられるきらびやかなオペラ。   街の中央に佇む厳かな寺院。   美しい絵画が多く飾られ …

モロッコ旅行のベストシーズンっていつ? 人気の観光スポットや言語・通貨・気候を解説します!

色彩豊かでエキゾチックな魅力満載のモロッコ。 日本からの飛行時間も長く、安全とは言えない治安状況でありながら、一人旅や女子旅にも人気で、トリップアドバイザーの『トラベラーズチョイス 世界の人気観光都市 …

【2019年最新情報】新バリ島の歩き方! 2019年10月のおすすめイベント

世界有数のリゾート地で知られるインドネシア・バリ島。 豊かな自然やバリ特融の文化を楽しみに、毎年多くの観光客が訪れています。 ビーチでマリンスポーツを楽しんだり、リゾートホテルのプール・ラウンジでのん …

デンマークのお土産はまずい? 選ぶときの注意点は? それぞれの特徴を把握しよう!

デンマークと言えば、食べ物が日本人に合う! と言われることもありますが、 なかには、まずい!という声も。   まずいだけならいいのですが、 「世界一まずい!」とまで評されることも 少なくあり …

タイ北部・チェンマイでの瞑想・マインドフルネススポットおすすめ3選!

微笑みの国、タイ。 タイについて考える時、あなたは何を思い出しますか?   スパイシーなタイ料理? 美しいビーチ? きらびやかなナイトライフ? 気の良い優しい人々?   タイはそれ …