Little story

ちょっとした雑学や役に立つ話を紹介するページです。

保育士 育児

保育士志望だけどピアノができない! どういう練習をすればよい??

投稿日:2018年11月9日 更新日:

保育士になりたいけどピアノが弾けない…ピアノが弾けないと保育士になれないのかな?とお悩みの就活生さんや保育士志望の方もおられると思います。

 

私も以前保育士をしていたのですが、保育士になるまでにピアノが弾けない時期もありました。

 

本当に毎日必死で練習して、今では簡単な曲なら初見(初めての楽譜を練習なしで弾くこと)で弾けるほどになりました!

少し練習すれば難しい曲もできるまでに。

でも、私はピアノを習い事で習っていたわけではありません。本当にたくさん練習した時期があってこその今です。

大学ではピアノの授業やテストなどもあったので、それで格段にうまく弾けるようになりました。

 

しかし練習が一番ですが、みんながみんな、練習したら上手くなるという保証もありません。

 

そこで、今回はピアノが弾けない時の練習法とピアノがなくてもできることをご紹介いたします!

ピアノが弾けない対策 その① 基礎練習からスタート

初めからなにかの曲を弾くことはできません。まずはピアノに触ること、楽譜を読めるようになること、そして、指を動かす練習をしましょう。

 

例えば、「ドレミファソラシド」をなめらかにそしてスムーズに弾く練習です。

これで、どこに何の音があるのか覚えられるし、指を動かす練習にもなります。

 

ピアノが苦手な人の特徴としては、楽譜が読めないことと、指がスムーズに動かない人が多いので、まずは動かすことから始めてみてください!

 

そして、スムーズに動かせるようになったら、どんどんステップアップしていきましょう。速さを変えてみたり、調を変えて弾いてみたりすることも大切です!

調を変えることによって、シャープやフラットの付いた楽譜にも対応ができるようになります。

 

黒鍵盤、白鍵盤をすばやく弾けるようになることも大切な練習になるので、やってみてくださいね。

 

そして、すばやく弾ける、楽譜が読めるようになったら、初めて楽譜を開いて練習してみてください!

 

きっと最初の頃よりも上手に弾けると思いますよ!

また、楽譜もどれを弾いていいのかお悩みでしたら、バイエルという楽譜もおすすめです!

保育士志望なら、もちろん童謡の初心者向けなどの楽譜からでもいいでしょう!

 

ちなみにバイエルは色々な種類があるので、自分に合ったものを探してみてくださいね。

ピアノが弾けない対策 その② ピアノなしで音楽遊びをしよう

 

ピアノが弾けないと音楽遊びできないんじゃないの?…と思っているかもしれませんが、それは全く違います!

 

ピアノが弾けたらもちろんできることは増えます。でも弾けなくてもできることはたくさんありますよ!

 

例えばリトミックも、ピアノじゃなくてもいいんです!リトミックがピアノじゃないといけないなんて、決まりはないのです。楽器がなくてもできること、それは歌です! 歌ってあげたら、子供達も喜んでくれますよ。ほかの音楽遊びも、ピアノができなくたって、歌があればステキな保育になると思います。

 

また、以前働いていたところは男性保育士さんで、ピアノが弾けない方はギターを弾いておられたことがありました!

 

ピアノしか子供たちって見る機会がないので、ギターを弾いてもらえるととても大喜びでしたよ!

ギターでの伴奏による歌も、ピアノとは違ってステキなハーモニーでした。

男性もギターが弾ける人はステキな保育ができそうですね。

まとめ

ピアノが弾けない対策は、

・指をスムーズに動かす練習をしよう

・ドレミファソラシドをなめらかに弾いてみよう

・楽譜を読む練習をしよう

・バイエルや初心者向けの童謡を弾こう

・歌を歌って遊ぼう

・ほかの楽器を使ってみよう

 

ピアノが弾けないからと諦めている方、

この記事を読んで、諦めなくてもいいんだと思ってもらえたら嬉しいです。

 

実際に保育士になっている人も、半数くらいはピアノが弾けない人たちなんですよ!

だから、あなたも諦めずに、保育士を目指してみてくださいね。

 

保育はピアノが全てではありません。あなたのステキな部分が、保育できっと生かされると思います。

 

ステキな保育士になれますように。

 

-保育士, 育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保育士って頭悪いイメージがあるけど…  本当はどうなの?

  みなさんは、保育士にどんなイメージがありますか? 優しそう、子ども好き、面倒見が良い、気遣いが出来るなど、色々なイメージがありますよね。   私も保育士として働いていましたが、よく 「保 …

保育士は子どもたちの卒園後、保護者や子どもとお付き合いを続けても良い?

    保育士で年長の担任をしていると、卒園後に保護者から連絡先を聞かれることはありませんか?   「子どもが先生のこと大好きだったから、このままさようならは寂しい」 「 …

保育士だっておしゃれがしたい! 化粧は大丈夫? ピアスやネイル、マツエクはいいの?

  突然ですが、おしゃれは好きですか? 初めて化粧をしたのはいつですか?   私は、高校生の時に友だちに化粧をしてもらったのがきっかけで、自分でもするようになりました。 初めて化粧をした時の …

保育士はプライベートも保護者に見られている!? 気を付けたいこととは?

保育士をしていると、近所のショッピングセンターなどで 「○○せんせー!」 と、突然叫ばれることはありませんか?   私も保育士だったので、家の近所ではよく子どもに会い、声をかけられていました …

歯科衛生士が妊娠した場合、仕事はいつまで続けることができるのか?

歯科衛生士が妊娠した場合、仕事はいつまで働くことができるのか、どのように働くことが良いのか、妊娠中の制度、産前産後の制度、育児中の制度を含めて2児の母で元歯科衛生士が経験を含めてお話します。 いつまで …