雑学 食材

カロリーメイトってブロック, ゼリー, ドリンクがあるけど違いは? 効果や特徴, 栄養も違うの?

投稿日:2018年10月9日 更新日:

皆さんは、カロリーメイトはブロックだけでなく、ゼリータイプ、ドリンクタイプがあるのを知っていますか。

 

味にももちろん違いはありますが、栄養の面でもそれぞれ違いがあるのです。

 

今回は、カロリーメイトのブロックタイプ、ゼリータイプ、ドリンクタイプの違いをご紹介します。

カロリーメイトのドリンクタイプにある原材料と栄養成分

カロリーメイトの中で一番なじみがあるであろうブロックタイプを基準にして紹介します。

 

ドリンクタイプは、ブロックタイプと違って脂質が非常に少ないというメリットがあります。

 

脂質は、少ない量でもエネルギーは多い物質です。

運動をあまりしない人の場合、脂質をとりすぎるととりすぎたエネルギーは体脂肪として体の中にたまっていきます。これにより、肥満などの原因となってしまうのです。

 

なので、脂質が気になるという人はブロックタイプのカロリーメイトよりもドリンクタイプのカロリーメイトをとった方が良いかもしれません。

 

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、そして、ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸の量はブロックタイプと同じ量が入っています。なので、ドリンクタイプもブロックタイプも、ビタミンをたくさんとれることには変わりありません。

 

しかし、一つ知っておいてもらいたいのは、カロリーメイトブロックタイプ1パックのビタミンの量と、ドリンクタイプ1本のビタミンの量は同じということです。

 

ブロックタイプの1パック当たりのカロリーは400キロカロリー、ドリンクタイプは一本あたり200キロカロリーです。なので、ドリンクタイプを2本飲めばブロックタイプ1パックと同じビタミンが取れるということではないので、注意してください。

カロリーメイトのゼリータイプの原材料と栄養成分

ゼリータイプは、ブロックタイプと違ってビタミンCが全く入っていません。ビタミンCは不足してしまうと怪我の治りが遅くなってしまいます。さらには、悪玉コレステロールのせいで起こる動脈硬化を改善したりもしてくれます。

 

だからといって、ビタミンCをとりすぎてもいけません。とりすぎてしまうと、おなかが張ったり、下痢になったりする原因になります。

 

鉄分をためてしまう病気を持つ人の場合、ビタミンCをとりすぎると鉄分をもっと吸収してしまうため摂ってはいけません。

 

また、ゼリータイプには、鉄分も入っていません。

 

鉄分のほとんどは、血液中のヘモグロビンに含まれています。鉄分が少なくなってしまうと、貧血や疲労感を起こしてしまったり、顔色が悪くなったりしてしまいます。また、イライラしたり、めまいを起こしたりする場合もあります。

 

鉄分だけでなく、カリウムも入っていません。体の余分な塩分を外に出してくれる働きがあるため、カリウムが不足すると塩分だらけの体になってしまいます。

カロリーメイトのブロック, ゼリー, ドリンクタイプはそれぞれどのような時に摂取したら良い?

カロリーメイトのブロックは、ビタミンや鉄、カリウム、カルシウムなど、身体によいものがたくさん入っているため、一番栄養摂取には効率が良いでしょう。

 

しかし、4本すべて、400キロカロリーを食べないとこれらの栄養は摂れません。カロリーが高いため、すぐにおなかがいっぱいになってしまうのが欠点です。なので、おなかがすいているときに食べるのがベストでしょう。

 

ドリンクタイプの場合、ブロックタイプと違ってブロックタイプの半分のカロリーでブロックタイプと同じ量のビタミン、カリウムなどが含まれているため、ビタミンをとるのに効果的でしょう。しかし、脂質がブロックタイプよりも少ないため、エネルギー補給には物足りないかもしれません。

 

ゼリータイプは、ドリンクタイプと同じくブロックタイプの半分の量で栄養を補給できます。しかし、ブロックタイプ、ドリンクタイプと違って、ビタミンの量が少ないです。

 

また、鉄分、カリウムは全く入っていません。デメリットばっかりだと思いますが、栄養面ではなく、味にメリットがあります。

 

ゼリータイプは他と違ってリンゴ味などがあり、さっぱりした味でしかも水分がブロックタイプよりも多いため、口がぱさぱさになる心配もありません。「スッキリと栄養補給をしたい」という方にはゼリータイプがおすすめです。

まとめ

・ブロックタイプは、おなかがいっぱいになってしまうが、栄養を効率よく摂れる。

・ゼリータイプは、栄養が他より少ないが、さっぱりとしている。

・ドリンクタイプはビタミンは摂れるが、エネルギーをとるのには向いていない。

-雑学, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビー玉の意味, 由来, 語源を徹底解説! これであなたもビー玉博士!?

皆さんは、ビー玉はもちろん知っていますよね。   小さいころにビー玉をはじきあって遊んだ人もいるのではないでしょうか。   私はデコピンをするようにはじいていたので爪が痛く、やりま …

センター試験は地学で受けろ! 地学選択の知られざるメリットとデメリットとは?

皆さんはセンター試験を知っているでしょうか。そうです、一月の前半ぐらいに受験生がいっぱい集まって受けるあれですね。   この結果次第で受験生はどの大学を受けるかが完全に決まってしまうので、緊 …

高速道路の街灯が多い場所と少ない場所があるのはなぜ? その理由は? 雑学もまとめて解説します!

車を持っている方の中で、ある程度の経験があれば、高速道路に乗ったことがあると思います。高速道路を通っている最中、「暗いな」と感じたことはありませんか?   もちろん、車のライトはついています …

南極で息を吐いても白くならないのはなぜ? その理由とは?

皆さんは、南極に行ったことがありますか。   行ったことのある人はほとんどいないと思いますが、実は南極で息を吐いても白くならないのです。   日本でも冬になれば多くの地域で、息を吐 …

ユッケジャンとチゲの違いは鍋かどうか! スンドゥブは実は豆腐の名前?

日本で人気の料理のひとつが韓国料理。   キムチをつかった辛い料理を 汗をかきながら食べる! そんなイメージがあります。   大好き!なんて人も多いのでは。   そのよう …