ベジタリアン 健康 生活

ベジタリアンな彼氏とデートはどうする? 結婚が不安? ベジタリアンの夫を持つ私が不安を解消します!

投稿日:2018年10月1日 更新日:

今の彼氏と結婚するかどうか

これから先の未来について

考えるのは当たり前ですよね。

人生最大の決断ですもん!

 

そんな私の旦那さんはベジタリアンです。

肉好き派の私ですが

ベジタリアンだからといって

旦那さんとの結婚を迷うことはなかったのですが

食生活は結婚する上で重要ですよね。

 

そんなベジタリアン彼氏さんとの結婚を

迷っていらっしゃるみなさんに

参考までに、私のお話をできたらと思います♪

ベジタリアンの彼氏と結婚した私の生活

私の結婚生活は

自分の子ども時代とも独身時代とも変わりました。

 

私の実家は、父が料理をしていたので

「THE 男飯」という食事でした。

お肉中心のメニューで

野菜と言えば、

キャベツの千切りが出てくる程度。

なので、味も濃くてこってり系のご飯でした。

 

独身時代は、

自分一人のためにご飯を作るのが億劫で

ファストフードや弁当、インスタント麺など

手抜きご飯ばかりでした。

 

こんな食生活を送っていた私は、

旦那さんとの結婚生活の中で

野菜をたくさん食べるようになり、

味も薄味になり、

自分でもびっくりするほど変わりました。

 

でも、驚くことにそれが苦じゃないんですよね。

慣れた、という部分も大きいと思いますが

付き合っていた頃のデートで

鍛えられていたのかなとも思います。

ベジタリアンの彼氏とのデート

ベジタリアン彼氏とのデートで1番難しいのはゴハンですよね。

彼氏に合わせて野菜中心のメニューが出るお店を探すことも多々・・・。

でも、野菜って高いし、

お肉好きだったら毎回野菜は苦ですよね。

 

私の場合は、

野菜料理のお店を探すのもめんどうだし

お肉をガマンするのもストレスだし

ということでほとんどおうちゴハンでした。

私が作らされてたのですが・・・。

付き合ってる頃は、

「また作らないといけないの~?」とか

「準備も片付けもお店でやってほしい~」と思ってました(泣)。

 

でも、結婚してみて

この「おうちゴハンデート」が活かされている、と実感しています。

 

野菜を使ったメニューを付き合っている間に

たくさん作らせられたので

結婚してからも料理のレパートリーに

苦戦する事はありませんでした。

ベジタリアンの日々のメニューに驚くこともなかったです。

 

なので、

ベジタリアン彼氏をお持ちの彼女さんには

おうちゴハンをおすすめします!

自分がどーしてもお肉が食べたいときには

彼氏のご飯とは別に、自分のものを作れば問題ないですし

手間はかかりますが、食べられないというストレスもありませんよ。

ベジタリアンの彼氏と結婚するといいことも!

結婚して、

ベジタリアンな食事を強制されたわけではないのですが

なんとなく野菜中心の食事になっていき、

いいこともありました。

 

  • 意識しなくても野菜が摂れる!

今までの私だったら、

野菜ジュースを飲んだり

サラダを買ったりと

「野菜摂らなきゃな~」

と思って選んでいたと思います。

 

でも、今の生活は

考えなくても野菜が摂れるので

自分自身も家族も健康面では問題ないかと思います。

 

  • 体調管理がしやすい!

お肉やお魚を食べるより

野菜のほうが消化にかかる胃へのストレスが少なく

身体にとっても良いとされています。

 

また、

コレステロールを摂りすぎることもないので

肥満やメタボ、生活習慣病のリスクも軽減されるそうです。

 

このように

野菜生活を始めて

身体にいいこともあります♪

まとめ

  • ベジタリアン彼氏とのデートでは、おうちゴハンがおすすめ。料理のレパートリーも増えて彼氏の喜ぶ顔も見れるし、野菜以外を食べたいときは、自分の分だけ作ればストレスもない。
  • ベジタリアン生活では、意識しなくても野菜を摂取できること、生活習慣病などの疾病のリスクを軽減できることなどのいいこともある。

 

ベジタリアンで食の好みが合わないから

という理由でベジタリアンな彼氏との結婚を渋る

という必要はないと思います。

 

ただ、

外食のお店を選ばないといけなかったり

うちの実家でご飯を食べるときは

気を遣わせてしまったりと

難しいこともありますが

愛があればどうにかなります!(笑)

 

しっかり吟味して

素敵な旦那さんを見つけてください。

-ベジタリアン, 健康, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

田舎の庭に合った鯉のぼりの大きさは? どういうものを選べば良い? 注意点はある?

5月が近づくと、男の子のお子さんがいる家庭で話題になるのが鯉のぼり。   どのくらいの大きさの鯉のぼりがいいのか、話し合う時期になると思います。   とくに、田舎の場合、庭がとても …

ワンタフトブラシは使い方ひとつで奥歯まで綺麗に! その効果を元歯科衛生士がお話します!

ワンタフトブラシとは、歯ブラシの毛の束が1つの形状になっている最も小さな歯ブラシです。   歯科医院ですすめられたり、ドラッグストアに売られているものをみて購入したけど正しい使い方がわからな …

20代で薄毛の彼氏…気が付いたらどうしたらいい? 上手な伝え方や薄毛対策とは?

学生、社会人など立場は違ってもまだまだ若く、いろいろな人に出会い始める20代。   付き合いだしてから彼氏の薄毛が気になる…、気づいてしまった…という人も多いかもしれません。   …

居酒屋での会計間違いに後日気づいた! 言う? 言わない? あなたならどうする?

サラリーマンとして10年以上働いてきた私は、居酒屋で仲間達と過ごすのが唯一の至福の時でした。   居酒屋で楽しい仲間と楽しい時間を過ごし、会計時の金額をきちんと確認しないまま精算した後、翌日 …

歯医者で行われるラバーダムは痛い? 苦しい? 保険は適応出来るの? 元歯科衛生士が解説します!

歯科医院で使われている防湿法の一つ、ラバーダム防湿法は何の目的の為に、どんな治療で使われているのか、メリット、デメリットを踏まえて元歯科衛生士が説明します。 ラバーダム防湿法の必要性 食生活や生活習慣 …