食事 食材

チャーハンのレンゲを使った食べ方のマナーは? こぼさない上手な方法はある?

投稿日:2019年6月20日 更新日:

中華料理屋さんなどでチャーハンを食べるとき、

添えられるのがたいていレンゲ。

 

当たり前のようにありますが、チャーハンを食べるとき、

レンゲがとても使いにくい!

 

いつもチャーハンが残ってしまいます。

 

そもそもレンゲは、スープやおかゆのために作られたもの。

チャーハンには形があっていないそうです。

 

気になる人は、お箸やナプキンを使うことで解決します。

 

そこでチャーハンをレンゲでうまく食べる方法や、

マナーとして気を付けた方がいいことを、まとめてみました。

【チャーハンの食べ方①】そもそもレンゲって何?

レンゲは、中国の食文化の影響が強い国で、広く使われているもの。

 

日本と同じように、ベトナムやシンガポールでも、

麺類やおかゆを食べるとき、レンゲは欠かせません。

 

また、チャーハンのような料理がでても、やっぱりレンゲを使います。

 

レンゲの正式な名前は「散蓮華」。ちりれんげと読みます。

 

蓮の散った花びらに似ていることから、そう呼ばれるようになりました。

 

この呼び方は、日本のみ。中国では、シンプルに匙(さじ)というそうです。

 

中国では、陶製、ステンレス製、木製、プラスチック製など

どんな料理に使うかで、レンゲを区別するほどのこだわりよう。

 

レンゲの種類の豊富さは、日本とは大きく異なる点です。

【チャーハンの食べ方②】レンゲはチャーハン用ではない!

中国では、レンゲは匙(さじ)と呼ばれることからも、

どちらかというと、「何かをすくうもの」というイメージ。

 

スープのようなものをすくって、口にはこぶために

使うための道具、という感じでしょうか。

 

実際、レンゲは、スープ、麺、とろみのある料理のために

使われる傾向があるようです。

 

レンゲを見てみると、深さがある形をしています。

 

そのため、平たいお皿にのったチャーハンを食べることには、

そもそも適していないのです。

 

本場の中国では、チャーハンにあわせたレンゲで

食べることが多いとのこと。サイズも少し小さめで、使いやすいそうです。

 

また、中国の影響を強く受けているベトナムでは、

レンゲの代わりに大スプーンを活用。

 

チャーハンに限って言えば、レンゲよりも食べやすいです。

【チャーハンの食べ方③】小皿に入れて食べる

そうではあっても、日本でチャーハンを食べるなら、

相手を不快にさせないような食べ方を考える必要があります。

 

まず、レンゲを使うこと自体は、マナーとしてOK。

 

日本では、チャーハン=レンゲは、常識として定着しているからです。

 

ただ、中国のマナーで考えると、お皿をもちあげるのは絶対にダメ。

 

大きな皿にもられたチャーハンを、小さいお椀などに入れる食べ方が一般的です。

 

そのため、中華料理屋さんには、とりわけ用のお椀があることが大部分。

 

そこでおすすめなのが、このお椀を活用すること。

 

ひとり分の注文であっても、お椀に入れてからレンゲで食べると、

お皿に残るということは少なくなります。

【チャーハンの食べ方④】ナプキンでふきとる

小皿に入れてレンゲで食べることが難しいときは、

最後に残ったチャーハンを、ナプキンでふきとるという方法が。

 

日本人は、お皿に料理やたれが残っていると、

食べ方がきたない!と、マナーが問われることがあります。

 

そこで、お皿自体を、きれいに拭いてしまうんです。

 

ナプキンでふきとるときは、あまりもたもたしないことがポイント。

 

相手が見ていないときに、ささっとふき取りましょう。

 

長い時間、ナプキンでチャーハンをふきとっていると、

汚らしいと相手が不快に感じてしまうことがあります。

 

さりげない仕草で対応することが、マナーとして大切になります。

【チャーハンの食べ方⑤】お箸も一緒に使う

レンゲにくわえ、お箸も一緒に使うことも一案。

 

最後にお皿の上に残ったチャーハンを、

お箸でレンゲに入れながら食べるんです。

 

ささっとお箸で集めてしまえば、

相手に気づかれることはありません。

 

ただ、レンゲに入れないで、

そのままお箸で食べるのは、少し微妙です。

 

チャーハンは、パラパラしているので、

お箸でそのまま食べると、うまくつかめません。

 

また、一粒一粒、お米を食べていると、

相手が気になる可能性が高いので、要注意です。

【チャーハンの食べ方⑥】残す食べ方がマナーと考えることも

究極には、中国のマナーに合わせることも一案です。

 

中国では、すべてをきれいに食べきると、

料理の量が十分でなかった、まだ足りないということになり、

マナーとしていいものではありません。

 

ある程度はレンゲできれいに食べて、

少し残っても気にしないという考えものあります。

 

その場合、汚く残らないように、

丁寧に食べ進めることがポイントです。

まとめ

・レンゲは日本だけの呼び方で、中国では匙(さじ)という名前である。

 

・レンゲは、スープなどをすくうことが目的。もともとチャーハンには合っていない。

 

・きれいに食べるには、小皿に入れながらレンゲで食べるのがおすすめ。

 

・残ってしまったチャーハンをナプキンでふきとる場合、さっと済ませることがポイント。

 

・お箸を使ってレンゲにいれるのもいいが、あんまりもたつくと印象が悪い。

 

・食事は少し残すのがマナーとする中国スタイルを踏襲するという選択肢も。

 

ちなみにベトナムでは、チャーハンはパサパサしているので、スープをいれたレンゲにひたして食べています。

-食事, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニュージーランドと日本の料理や食事・食文化, 食べ物の違いってどんなもの? 現地在住者が解説します!

イギリスの植民地だった時代の影響を受け、広く残っているイギリスの文化と先住民であるマオリの文化とを共存させながら独自の文化やスタイルを作り上げたニュージーランド。   一体どのような食文化な …

レタスの赤い筋は食べても大丈夫か? 赤くなるのを防ぐ方法は?

春になると、葉野菜が美味しい季節になります。   からし菜にルッコラ・春キャベツ・チンゲン菜、そしてレタス。   皆さんはどんな野菜が好きですか?   レタスや春キャベツ …

ニンニクを入れると料理が美味しくなる理由…健康効果だけじゃないんです!

料理をする時にニンニクを使いますか?   私は特に中華料理では使う機会が多いような気がします。   でもニンニクは次の日臭いが気になるし、私は結構避けがちです。   でも …

秋刀魚の卵は美味しい?食べられる?秋刀魚の卵について徹底解明!

  もうすぐ秋ですね。   秋の味覚といえば、秋刀魚という人も多いのではないでしょうか。   何を隠そう私もそのひとりです(笑)。   脂の乗った秋刀魚を焼いて …

豚肉が青い…食べても大丈夫? こんな時どうする? 考えられる3つの原因と対策!

いつも通りに冷蔵庫で保存していた豚肉を調理しようと取り出してみたらなんだか青い…。   そんな経験はありませんか?   豚肉が青いのを発見したらそのまま調理しても大丈夫なのでしょう …