食事 食材

チャーハンのレンゲを使った食べ方のマナーは? こぼさない上手な方法はある?

投稿日:2019年6月20日 更新日:

中華料理屋さんなどでチャーハンを食べるとき、

添えられるのがたいていレンゲ。

 

当たり前のようにありますが、チャーハンを食べるとき、

レンゲがとても使いにくい!

 

いつもチャーハンが残ってしまいます。

 

そもそもレンゲは、スープやおかゆのために作られたもの。

チャーハンには形があっていないそうです。

 

気になる人は、お箸やナプキンを使うことで解決します。

 

そこでチャーハンをレンゲでうまく食べる方法や、

マナーとして気を付けた方がいいことを、まとめてみました。

【チャーハンの食べ方①】そもそもレンゲって何?

レンゲは、中国の食文化の影響が強い国で、広く使われているもの。

 

日本と同じように、ベトナムやシンガポールでも、

麺類やおかゆを食べるとき、レンゲは欠かせません。

 

また、チャーハンのような料理がでても、やっぱりレンゲを使います。

 

レンゲの正式な名前は「散蓮華」。ちりれんげと読みます。

 

蓮の散った花びらに似ていることから、そう呼ばれるようになりました。

 

この呼び方は、日本のみ。中国では、シンプルに匙(さじ)というそうです。

 

中国では、陶製、ステンレス製、木製、プラスチック製など

どんな料理に使うかで、レンゲを区別するほどのこだわりよう。

 

レンゲの種類の豊富さは、日本とは大きく異なる点です。

【チャーハンの食べ方②】レンゲはチャーハン用ではない!

中国では、レンゲは匙(さじ)と呼ばれることからも、

どちらかというと、「何かをすくうもの」というイメージ。

 

スープのようなものをすくって、口にはこぶために

使うための道具、という感じでしょうか。

 

実際、レンゲは、スープ、麺、とろみのある料理のために

使われる傾向があるようです。

 

レンゲを見てみると、深さがある形をしています。

 

そのため、平たいお皿にのったチャーハンを食べることには、

そもそも適していないのです。

 

本場の中国では、チャーハンにあわせたレンゲで

食べることが多いとのこと。サイズも少し小さめで、使いやすいそうです。

 

また、中国の影響を強く受けているベトナムでは、

レンゲの代わりに大スプーンを活用。

 

チャーハンに限って言えば、レンゲよりも食べやすいです。

【チャーハンの食べ方③】小皿に入れて食べる

そうではあっても、日本でチャーハンを食べるなら、

相手を不快にさせないような食べ方を考える必要があります。

 

まず、レンゲを使うこと自体は、マナーとしてOK。

 

日本では、チャーハン=レンゲは、常識として定着しているからです。

 

ただ、中国のマナーで考えると、お皿をもちあげるのは絶対にダメ。

 

大きな皿にもられたチャーハンを、小さいお椀などに入れる食べ方が一般的です。

 

そのため、中華料理屋さんには、とりわけ用のお椀があることが大部分。

 

そこでおすすめなのが、このお椀を活用すること。

 

ひとり分の注文であっても、お椀に入れてからレンゲで食べると、

お皿に残るということは少なくなります。

【チャーハンの食べ方④】ナプキンでふきとる

小皿に入れてレンゲで食べることが難しいときは、

最後に残ったチャーハンを、ナプキンでふきとるという方法が。

 

日本人は、お皿に料理やたれが残っていると、

食べ方がきたない!と、マナーが問われることがあります。

 

そこで、お皿自体を、きれいに拭いてしまうんです。

 

ナプキンでふきとるときは、あまりもたもたしないことがポイント。

 

相手が見ていないときに、ささっとふき取りましょう。

 

長い時間、ナプキンでチャーハンをふきとっていると、

汚らしいと相手が不快に感じてしまうことがあります。

 

さりげない仕草で対応することが、マナーとして大切になります。

【チャーハンの食べ方⑤】お箸も一緒に使う

レンゲにくわえ、お箸も一緒に使うことも一案。

 

最後にお皿の上に残ったチャーハンを、

お箸でレンゲに入れながら食べるんです。

 

ささっとお箸で集めてしまえば、

相手に気づかれることはありません。

 

ただ、レンゲに入れないで、

そのままお箸で食べるのは、少し微妙です。

 

チャーハンは、パラパラしているので、

お箸でそのまま食べると、うまくつかめません。

 

また、一粒一粒、お米を食べていると、

相手が気になる可能性が高いので、要注意です。

【チャーハンの食べ方⑥】残す食べ方がマナーと考えることも

究極には、中国のマナーに合わせることも一案です。

 

中国では、すべてをきれいに食べきると、

料理の量が十分でなかった、まだ足りないということになり、

マナーとしていいものではありません。

 

ある程度はレンゲできれいに食べて、

少し残っても気にしないという考えものあります。

 

その場合、汚く残らないように、

丁寧に食べ進めることがポイントです。

まとめ

・レンゲは日本だけの呼び方で、中国では匙(さじ)という名前である。

 

・レンゲは、スープなどをすくうことが目的。もともとチャーハンには合っていない。

 

・きれいに食べるには、小皿に入れながらレンゲで食べるのがおすすめ。

 

・残ってしまったチャーハンをナプキンでふきとる場合、さっと済ませることがポイント。

 

・お箸を使ってレンゲにいれるのもいいが、あんまりもたつくと印象が悪い。

 

・食事は少し残すのがマナーとする中国スタイルを踏襲するという選択肢も。

 

ちなみにベトナムでは、チャーハンはパサパサしているので、スープをいれたレンゲにひたして食べています。

-食事, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キムチの汁の知られざる栄養効果とは⁉ 美容, ダイエット, 健康…衝撃の事実!!

キムチは美味しいですよね。   私も韓国へ旅行したとき、たくさん食べました! いろんな味や具材を使っていて飽きないですよね。   冬に行ったのですが、寒い時にキムチを食べると身体が …

納豆の臭いが気になる! 空き容器ゴミの上手な捨て方をご紹介!

納豆は好きですか?   身体にも良いし、ダイエットにも、脳の活性化にも良い納豆。   しかし、どうしてもあの臭いが苦手という人もたくさんいますね。   特に、食べ終わった …

冷やし中華の食べ方は? 混ぜる派? 混ぜない派? 正しいマナーはある?

夏の食べ物の定番といえば冷やし中華。   「冷やし中華始めました」というフレーズは、 夏の訪れを感じさせてくれるものです。   そんな冷やし中華ですが、実はその食べ方をめぐって、 …

ほうれん草に含まれるアクとは? 調理の時アク抜きは必要か?

春採野菜のほうれん草が美味しい季節です。   皆さんは、ほうれん草を調理する時にまず茹でますね。   これはほうれん草のアクを抜くためです。   しかし、ほうれん草に含ま …

ニンニクを入れると料理が美味しくなる理由…健康効果だけじゃないんです!

料理をする時にニンニクを使いますか?   私は特に中華料理では使う機会が多いような気がします。   でもニンニクは次の日臭いが気になるし、私は結構避けがちです。   でも …