生活

雨ざらしに強い自転車3選! もう雨やサビなんて怖くない!

投稿日:2019年6月6日 更新日:

皆さんは、自転車を雨にさらしたことはありますか。自転車にそこまで気を使ってない人ならば、あると思います。

 

しかし、自転車を雨にさらすと、自転車の多くは鉄でできているため、錆の原因になってしまうのです。自転車は決して安いものではないので、雨にさらすと寿命が短くなってしまいます。

 

今回は、雨ざらしに強い自転車を3個ご紹介します。

雨ざらしに強い自転車その1:アルミ製

雨ざらしに強い自転車の一つ目は、アルミでできた自転車です。

鉄は雨によって錆びてしまいます。しかし、アルミの自転車だと、雨に打たれてもさびにくいのです。

 

さらに、アルミは軽く、コストパフォーマンスも良いです。またアルミの自転車だと、タイヤにもよりますが、地面の揺れや地形がダイレクトに体に伝わってきます。

 

アルミの場合は小さな衝撃に弱いため、衝撃がだんだんとたまっていくと急に壊れたりしてしまうため、危険です。

 

こまめにメンテナンスをする必要があります。

雨ざらしに強い自転車その2:カーボン製

雨ざらしに強い自転車の二つ目は、カーボンでできた自転車です。

カーボンは、炭素のカーボンです。

 

カーボンは雨や、紫外線による劣化はしないことはありませんが、ほとんど気になりません。

 

また、カーボンの繊維を固めているため、アルミと同じく軽いのが特徴です。

 

アルミと違うのは、衝撃の伝わりにくさです。

 

アルミは地形などが体に伝わってきますが、カーボンは体に伝わりにくく、乗り心地が良いです。

 

ただし、多くのメリットがある分、アルミと違って値段が高いことがデメリットです。

 

そして、一点の衝撃に対しては壊れやすく、壊れると基本的に修復することが難しくなります。

雨ざらしに強い自転車その3:チタン製

雨ざらしに強い自転車の3つ目は、チタンの自転車です。

チタンという言葉は聞いたことがあると思います。眼鏡や、飛行機のパーツ、ゴルフクラブなどに使われている金属です。

 

チタンの自転車はかなり頑丈なうえ、さびにくいという利点があります。

 

そして、チタンでできている自転車は、金属を使っているとは思えないような快適な乗り心地を感じることができるくらい良いものです。

 

さらに、アルミのように軽く、剛性もあるという良いところだらけの材質です。

 

ただし、カーボンと同じように良いことづくめで、加工が難しいため、コストがとても高いことがデメリットです。

 

しかし、それに見合う快適さや、普通に使っていれば10年はもつという耐久性があります。

自転車の雨ざらしを防ぐには?

自転車全体を覆うことができる自転車カバーを使うと、雨が降っても濡れることはありませんし、カバーの中には盗難防止をすることのできるカバーもあります。

雨に濡れなければよいので、カバーを買わなくても大きめのブルーシートなどで被えるなら、それを使えばよいでしょう。

 

また、オイルをつけるというのも雨ざらしによる錆を予防することができます。

 

チェーンなどはさびやすいため、さらさらとしたオイルを塗ると良いです。

 

チェーンにカバーが付いたものはチェーンの錆を抑えてくれるため、自転車を購入するときはそれを買うようにしましょう。

 

錆を止めるためのスプレー類なら、シリコンスプレー、ラッカースプレーなどがあります。

 

シリコンスプレーは、その名の通りシリコンがスプレー状に出されるもので、かけた表面にシリコンの薄い膜を張ります。

それにより滑りをよくしたり、水をはじいたりする効果があります。

 

シリコンスプレーなら、価格も高くなく、自転車だけでなく車やバイクにも使えるため、おすすめです。種類が多くて選べないというのが難点です。

 

ラッカースプレーは、着色するスプレーのことです。

 

アクリル樹脂が主な成分のラッカースプレーは、かけた時に早く乾くため、即効性に優れています。

アクリル樹脂という成分自体が粘膜が強いため、錆止めにも効果が高いです。

 

しかし、シンナーの臭いが強いため、臭いが気になるならばあまりおすすめしません。

 

着色するスプレーと上に書きましたが、透明のものもあるので、そのままの色が良いという人にも使えます。

まとめ

・アルミの自転車なら、軽く、雨による錆に強いが、衝撃が蓄積すると急に壊れることがある。

 

・カーボンの自転車は、雨にとても強く、軽く、衝撃が伝わりにくいが、価格が高く、壊れると修理できない場合が多い。

 

・チタンの自転車は快適に乗れ、雨に強く、軽いというものだが、取り扱っている所が少なく、価格も高い。

 

・雨による劣化を防ぐなら、スプレーを使ったり、オイルなどを使って保護する。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

100円ローソンが安い4つの理由! その意外な仕組みとは・・・?

あなたのおうちの近くには、どこのコンビニがありますか?   私の家は、ローソンが最寄りのコンビニです。   ポンタポイントやdポイントもたまって、 パンのシールを集めたらお皿とかも …

迷惑な私有地の通り抜けをやめさせる対策5選! 簡単かつ効果のあるものを解説します!

ちょっとした近道、天気悪い日に便利だから…などの理由で私有地を通り抜けする人が結構います。   私有地の持ち主にしてみては良い気持ちは全くしないものです。   迷惑で不快な私有地の …

ニューバランスの子供靴の上手な洗い方とは? しつこい汚れはどうしたらいい?

毎日元気に走り回る子供たちのための子供靴。   デザイン、カラーのバリエーションも豊富で男女ともに人気の子供靴がニューバランスです。   スエード素材も使われていておしゃれ度も高め …

絆創膏を貼ったあと皮膚がふやけて白くなるのはなぜ? 進化し続ける医療と注目の治療法

ケガをしたら、消毒して絆創膏をはる。小さい頃からそう教わってきたという人も多いのではないでしょうか。 この常識、実は最近は変わってきつつあるようです。 絆創膏による皮膚トラブル、その原因や対処法と、最 …

ワイシャツの第一ボタンが苦しいときの対策4選! 色々方法はあります!

制服にスーツを着る時につきもののワイシャツ。   フォーマルなシーンだけでなく、身だしなみやマナーとしても第一ボタンまでしっかりとしめることが大前提です。   ワイシャツの第一ボタ …