歯磨き 生活

ワンタフトブラシは使い方ひとつで奥歯まで綺麗に! その効果を元歯科衛生士がお話します!

投稿日:

ワンタフトブラシとは、歯ブラシの毛の束が1つの形状になっている最も小さな歯ブラシです。

 

歯科医院ですすめられたり、ドラッグストアに売られているものをみて購入したけど正しい使い方がわからない…。

 

ワンタフトブラシの効果的に行う正しい使い方について、元歯科衛生士が説明します。

ワンタフトブラシの効果と毛の硬さ

良く使う一般的な歯ブラシは、歯垢(プラーク)を効率良く除去するには適していますが、細かな部分に対してはブラシ部分がしっかり歯に当たっていないことが多いです。

 

ワンタフトブラシは、ピンポイントでブラシ部分を歯に当てることができる

小さな歯ブラシです。

 

歯ブラシだけでは落としきれなかった細菌のかたまりである歯垢(プラーク)を簡単に除去することができ、様々な使い方があるため1本持っているととても便利で万能な歯ブラシです。

 

一般的な歯ブラシと同様にブラシ部分の毛の固さが硬いものと柔らかいものの2種類あり、毛先の形状も平らのフラットタイプと山型のポイントタイプがあります。

 

毛質の硬めのタイプは矯正治療中や歯並びが悪く歯が重なってしまっている部分に使用します。

 

毛質の柔らかいタイプは乳歯から永久歯に生え変わる時の凸凹な歯の高さの部分や親不知、インプラントなどデリケートな部分に使用します。

ワンタフトブラシがもっとも有効な部分

奥歯や奥歯の後ろ側、親不知、ブリッジや入れ歯、矯正装置、歯が重なっている部分や歯の裏側は歯ブラシの毛先がしっかり届きにくいため磨き残しが多く虫歯や歯周病がもっとも発生しやすい部分です。

 

そのため、ピンポイントで汚れを落とすことができるワンタフトブラシの効果はとても高く、歯ブラシとワンタフトブラシを併用して使うことによって磨き残しが確実に減ります。

 

歯の生え変わりの時に歯の高さがバラバラになって歯ブラシが行いにくい時も背の低い歯にしっかりとブラシを当てることができ、歯みがきが苦手な赤ちゃんや磨き残しの多い子供の仕上げ磨きにも適しています。

 

また、嘔吐反射が強くて奥歯が磨けない人や悪阻がひどい妊娠中にもおすすめです。

正しい使い方と交換目安

ワンタフトブラシは歯ブラシの補助として使うため、普段の歯ブラシが終わった後に使用します。

 

持ち方は過度な力が歯にかからないように歯ブラシと同様に鉛筆持ち(ペングリップ)で持ち、毛先が歯にしっかり当たっているか鏡で見ながら歯と歯の間や歯と歯茎の境目に当てて小刻みに動かします。

 

毛先の形状が山型のポイントタイプを使用する場合は歯と歯の間にすっぽりと毛先がおさまるので小さくクルクルと円を書くように動かすようにしましょう。

 

ワンタフトブラシを使用するときは歯みがき粉は使いませんが、マウスウォッシュ(洗口剤)に浸しながら行うと泡立つことなくスッキリ感を得ることができます。

 

また、マウスウォッシュ(洗口剤)に含まれる殺菌成分により歯周病予防や改善にも繋がるのでおすすめです。

 

ワンタフトブラシを毎回の歯みがきで使用することが難しい場合は、時間が比較的に取りやすい寝る前の歯みがきの後に行うようにしてください。

 

ワンタフトブラシの交換目安は使用頻度にもよりますが、衛生面を考えると歯ブラシと同様に1~2ヵ月が交換の目安です。

 

ワンタフトブラシは毛先が歯ブラシより密集しているため、水気をしっかりきって乾燥が行える風通しの良い場所に保管するように注意してください。

まとめ

ワンタフトブラシの効果と毛の硬さ

  • 歯ブラシだけでは落としきれなかった歯垢(プラーク)を簡単に除去することができ、様々な使い方がある。
  • ブラシ部分の毛の固さが硬いものと柔らかいものの2種類ある。
  • 毛先の形状は平らのフラットタイプと山型のポイントタイプがある。
  • 毛質の硬いタイプは矯正治療中や歯並びが悪く歯が重なってしまっている部分に使用する。
  • 毛質の柔らかいタイプは乳歯から永久歯に生え変わる時の凸凹な歯の高さの部分や親不知、インプラントなどデリケートな部分に使用する。

 

ワンタフトブラシがもっとも有効な部分

  • 奥歯や奥歯の後ろ側、親不知、ブリッジや入れ歯、矯正装置、歯が重なっている部分や歯の裏側の部分。
  • 歯ブラシとワンタフトブラシを併用して使うことにより、磨き残しが確実に減らすことができる。
  • 歯みがきが苦手な赤ちゃんや磨き残しの多い子供の仕上げ磨きにも最適。
  • 嘔吐反射が強くて奥歯が磨けない人や悪阻がひどい妊娠中にもおすすめ。

 

正しい使い方と交換目安

  • ワンタフトブラシは歯ブラシの補助用具。
  • 普段の歯ブラシが終わった後に使用する。
  • 持ち方は過度な力が歯にかからないように歯ブラシと同様に鉛筆持ち(ペングリップ)で持つ。
  • 毛先が歯にしっかり当たっているか鏡を見ながら歯と歯の間や歯と歯茎の境目に当てて小刻みに動かす。
  • 毛先の形状が山型のポイントタイプを使用する場合は歯と歯の間に毛先を入れて小さくクルクルと円を書くように動かす。
  • ワンタフトブラシを使用するときは、歯みがき粉は使用しない。
  • マウスウォッシュ(洗口剤)に浸しながら行うと泡立つことなくスッキリ感を得ることができ、殺菌成分により歯周病予防や改善にも繋がる。

 

ワンタフトブラシを毎回の歯みがきで使用することが難しい場合は、時間が比較的に取りやすい寝る前の歯みがきの後に行うようにしてください。

 

交換目安は使用頻度にもよりますが、衛生面を考えると歯ブラシと同様に1~2ヵ月が交換の目安です。

 

また、毛先が歯ブラシより密集しているため、水気をしっかりきって乾燥が行える風通しの良い場所に保管するように注意してください。

 

ワンタフトブラシは、歯間ブラシやフロス(糸ようじ)などの歯みがきの補助用具のなかでもっとも使い方が簡単で取り入れやすいです。

 

是非ワンタフトブラシを歯みがきに取り入れて口のなかの磨き残しを減らして虫歯や歯周病の予防や改善を行うようにしてください。

-歯磨き, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜中にマンションの窓を開けたまま寝る危険性…防犯対策は万全?

毎日暑い日が続いて、寝苦しい日々ですね。 暑くて寝付けない、夜中に目を覚ます、という人も多いのではないでしょうか。   そんな中、我が家では、 「寝ている間、エアコンをつけっぱなしにするか、 …

あなたは化粧品の使用期限を気にする? 気にしない? 意外な意見が多数!

化粧品の使用期限があることはご存知でしょうか?   世間でも気にする人、気にしない人と様々な意見がありますよね。   私は開封後は半年を目安に買い換えています。   でも …

水筒に白い汚れが? 上手な落とし方は? どうしたらいい?

行楽シーズンや気温が上がってくると日常的に活躍する水筒。   毎日きちんと洗っているのに気が付いたらなんだか白い汚れが内側に出てきていることはありませんか?   この白い汚れは一体 …

駐車場 を一週間だけ借りたい…そんな方法ってあるの? 実は色々あります!

短期の旅行や出張などで一週間だけ駐車場を借りたい…そういうことはありませんか?   月極駐車場やコインパーキングを見かけることが多いですが、一週間だけの短期間駐車したい時にはどうしたらいいの …

コードをまとめるやつの名前が思い出せない? 便利グッズもご紹介!

皆さんは、コードをまとめることのできるあのグッズの名前を知っていますか。   特に気にすることが無ければ、名前を知ることはないと思います。   もちろん、あのグッズにはちゃんと名前 …