スポーツ フィギュアスケート

フィギュアスケートの選手出待ちや過剰な追っかけはどうなの? 度が過ぎるファンの行動はやめたほうが…

投稿日:2019年2月4日 更新日:

皆さんは、好きなアイドルや選手の出待ちというのをしたことはありますか。

 

フィギュアスケートだけでなく、芸能人やサッカー・野球選手でもいいです。

 

大好きな選手を一目見たい、握手してほしいというのは、誰にでもあります。

 

しかし、アイドルや選手はコンサートやライブ・試合後くたくたで早く解放されたいという時もあります。

 

それでも、アイドルやプロのサッカー選手・野球選手は、ファンサービスも仕事の一つになりますので、どんなに疲れていても、ニコニコと出待ちのファンのサインや握手に答えます。

 

しかし、現役のフィギュアスケーターは、本業が学生という人がほとんどで、芸能人でもプロのスポーツ選手でもありません。

 

今回は、フィギュアスケート選手の出待ちや追っかけに対する意見をまとめました。

 

ちなみに、当記事以外のフィギュアスケート記事をまとめた記事は以下になります。

フィギュアスケートをより楽しむために~当ブログの記事を解説付きでまとめました!

ぜひ他の記事も読んでみてください!

フィギュアスケートの出待ちと追っかけ

追っかけといえば、アイドルグループや芸能人の「追っかけ」というのをよく耳にしますね。

 

テレビ撮影の仕事先はもちろん、地方公演や地方での宿泊先での出待ちというのを良く聞きます。

 

普通「出待ち」「追っかけ」をするといえばファンの中でも、さらにその上を行くくらい、好きといった人のことといったイメージがあります。

 

しかし、こういった出待ちや追っかけの人たちの行き過ぎたファンの行動に、不快感を感じるファンの人もいます。

 

行き過ぎた行動をしているファンの中には、盲目になってしまい、出待ちをしている自分こそが正しく、それに対して不快感を表すのは、出待ちをしているファンへの嫉妬心と勘違いをしている人もいるようです。

 

アイドルというのは、元々ファンが公平に声援をしたり応援をする存在、と考える人もいます。

 

しかし、中にはファンの中の一人ではなく、自分はより近い存在になりたい、と願う人もいます。

 

こういったファンの中は、より近くにいたいと出待ちをしたり追っかけをしてしまいます。

 

コンサート会場やライブ会場でアイドルが利用する関係者出口で、出てくるのを待って、更に声援をしたり握手を求めたり、プレゼントを渡します。

 

近年では、アイドルだけでなくスポーツ選手、中でも急に増えたのが、フィギュアスケーターのファンです。

 

同じスポーツでも、サッカーや野球は、チームで動いていますので、チームの事務方がファンの整理などをしています。

 

サッカーは所属チームとオフィシャルのサポーター同士が、色々な取り決めなどを行っているため、度を過ぎた追っかけや出待ち・他のチームとのトラブルなどを起こしたファンは、試合会場に出入り禁止になることもあります。

 

そのため、本当にファンとして好きな選手と親しくなりたいときは、無名のうちからの応援を続けています。

 

試合だけでなくオフィシャルの練習場に足を運んだり、ファン感謝デーなどに足を運ぶといった応援を続けます。

 

選手が移籍しても、移籍先で応援を続けるサポーターもいれば、特定の選手ではなくチーム全体を常に応援し続けるサポーターもいるのが、サッカーや野球の良いところです。

 

それでは、フィギュアスケーターのファンの人はどうでしょうか。

 

無名のジュニアやノービスのうちから、ファンがつく選手もいますね。

 

すでに、本田真凛・望夢の妹、本田沙来は小学生の今から姉たちと同じようにファンがいます。

 

こういったファンも試合会場やオフィシャルで応援をしているうちは良いですが、度が過ぎると怖いです。

 

どれほど選手が好きでも、一方通行の「好き」という気持ちは周囲や相手にとって迷惑なこともあります。

 

地方や海外の試合に応援に行くだけなら、それは選手としても励みになり有難いことです。

 

しかし、選手のプライベートを侵害したり、選手の家族や関係者、周辺の住人にまで迷惑をかけるのは、本当のファンなのでしょうか。

 

追っかけや出待ちの中には、こういった常識がない人もいるということで、以前から問題になっています。

常識のない出待ちファン, 追っかけファンは本当のフィギュアスケートファンではない!

フィギュアスケーターの中でも人気ナンバーワンといえば羽生結弦ですね。

 

他にも人気の選手はたくさんいますが、中でも羽生結弦ファンは世界中にいます。

 

羽生結弦ファンの中には、試合会場だけでなく遠征先の宿泊ホテルや彼の家の前まで出待ちをする人がいる、ということです。

 

他のファンの間から、出待ちやストーカー・追っかけまでする人は、本当のファンではないという指摘もあります。

 

羽生結弦はファンの出待ちは、宿泊先周辺の近隣の人や関係者にも迷惑をかけるから、やめてほしいといったファンの声もあります。

 

羽生結弦本人が疲れているのか、それとも近隣の迷惑を考えてかは明らかではありませんが、遠征先のホテルから出ない、といった書き込みもあります。

 

出待ちだけでなく、羽生結弦の細かい私生活や練習方法まで、まるでストーカーのように赤裸々にSNSに上げてしまっている人や、中には彼の練習拠点のカナダにまで移住してしまうという、怖いくらいのファンもいるらしいという話もあります。

 

これは日本人だけでなく、外国人の羽生結弦ファンの中にもいるようで、ファンという言葉でまとめてしまうことができないような、悪質な人もいるようです。

 

最終的には選手本人にも迷惑がかかりますのでやめましょう。

 

日本国内の試合や大会だけでなく、海外での試合にも駆け付けるのは当たり前、ホテルでの出待ちだけでなく、試合後のアフターパーティーの出待ち、エレベーターに無理やり乗り込む、家族にプレゼントを押し付けるといった、迷惑で非常識な人がいると、不快に感じる、本来の羽生結弦ファンは多いようです。

フィギュアスケートの出待ちや追っかけのルール?隠し撮りはNG!

それでも、好きなスケーターの顔を見たい、というファンの人に出待ちのルールというのはあるのでしょうか。

 

基本的にNGなことは、選手の隠し撮りです。

 

試合中でさえ撮影がNGのフィギュアスケートです。

 

リンクの外の素顔やホテルの出入りは、本人はもちろん他のお客様の迷惑になります。

 

写真を撮りたいなら、まずは一緒に写真を撮りたいといった許可を求めるのは常識ですね。

 

特にSNSなどにアップされてしまうと、周囲にいた人まで顔出しになってしまうこともあり関係者の中には困る人もいます。

 

もちろん、選手は無許可で自分の写真が出回ることほど「気持ち悪い」ことはありません。絶対にやめましょう。

 

ホテルの中にまで入って、中には同じエレベーターの中で隠し撮りをする人もいるようですが、これもNGです。

 

偶然、同じエレベーターになったら、選手の気持ちを考えて握手しても良いか、くらいにするのが常識ですね。

 

プレゼントの押し付けもNGです。

 

プレゼントは、試合後に花束と一緒に投げ込むことができます。

 

その時に選手が好きなキャラクターのぬいぐるみや、花を投げ入れるようになっています。

 

これはフィギュアスケートのルールですので、ホテルや選手の家の前に出待ちをして、プレゼントを渡すというのは、言語道断です。

 

出かける場所によっては、荷物にもなり有難迷惑になることもあります。

 

本当に好きだからこそ、相手の気持ちを考えて行動をするのは、ファンも恋愛も同じです。

 

こういった行き過ぎた行動は、場合によっては犯罪行為にもなりますので、絶対にやめましょう。

フィギュアスケートの出待ちや追っかけだけではない! 行き過ぎた行動は自分の足元をすくわれる?

フィギュアスケートのファンではありませんが、アイドルファンのクラブに入っている人たちを狙った詐欺事件というのもあります。

 

「サクラサイト商法」と言います。

 

その人や周辺の関係者に成りすまして、徐々にお金をむしり取っていくといった詐欺です。

 

もちろん、羽生結弦クラスになれば、そういったことで詐欺にあうことはほとんどないかもしれませんが、夢中になっていると真実が見えないこともあります。

 

出待ちや追っかけに夢中になっていると、自分自身の顔が周辺にも見られているということです。

 

今は、ちょっとしたことでも自分のプライベートが露出する世の中です。気を付けて下さい。

フィギュアスケートの出待ちや追っかけの是非まとめ

・フィギュアスケート選手の多くは、学生です。プロやアイドルではありませんので、節度を持った応援をしましょう。

 

・常識のない出待ちや追っかけは、選手はもちろん関係者や近隣住人にも迷惑がかかります。最終的には、選手に迷惑をかけることになりますのでやめましょう。

 

・選手の隠し撮りは他のファンだけでなく、選手や関係者にも迷惑がかかります。ルールや常識を守った応援をしましょう。

 

フィギュアスケート人気が高い日本だけでなく、中国や韓国にもファンがいる日本のフィギュアスケーターです。

 

ファンの皆さんは、自分が好きということを押し付けるのではなく、相手の気持ちを考えた応援をしましょう。

 

ちなみに、当記事以外のフィギュアスケート記事をまとめた記事は以下になります。

フィギュアスケートをより楽しむために~当ブログの記事を解説付きでまとめました!

ぜひ他の記事も読んでみてください!

-スポーツ, フィギュアスケート

執筆者:


  1. […] フィギュアスケートの選手出待ちや過剰な追っかけはどうなの? 度が過ぎるファンの行動はやめたほうが… […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィギュアスケートの年齢制限ってなに? 理由は? 区切りが1月じゃなくて7月?

色々な競技や大会で、年齢制限というものがあります。   出場年齢は満15歳以上、17歳以上といったものです。   例えば、ポーランドで5年に一度開催される「ショパンピアノ国際コンク …

フィギュアスケートのコンパルソリーとは何か? なぜ廃止されたの?その理由は?

フィギュアスケートの試合では、ショートプログラムとフリーがあります。   どちらも音楽に乗って、氷上のバレエと呼ばれる演技をします。   美しく華やかな競技に誰もが憧れをいだきなが …

スキージャンプの競技人口は少ない? 雑学やスキーの人口についても解説します!

皆さんは、スキージャンプに興味はありますか。   皆さん知っていると思いますが、スキージャンプは日本にも世界にも競技している人はいます。   では、その競技人口は、日本と世界でそれ …

フィギュアスケート選手はシーズンオフの夏に何をしている? 実は練習や大会で忙しい! 噂の夏合宿って何?

一年中練習ができるスポーツをしている人にとって、シーズンというのは試合が続く季節を言うのでしょうか。   例えば、サッカーや野球・バレーボール・テニスなどは今なら一年中練習をすることができま …

大学の部活でフィギュアスケートをしてみたい! 初心者でも大丈夫? 費用はどれくらいかかる?

本格的にオリンピックや世界大会、グランプリシリーズを目指すなら、フィギュアスケートや水泳、体操などは小学生のうちから始めることが大切です。   しかし、趣味の一つとして始めたいというなら大学 …