Little story

ちょっとした雑学や役に立つ話を紹介するページです。

介護

いつか来るかもしれない義母の介護、それって義務?でも、したくないのにどうしたらよい?

投稿日:2018年9月19日 更新日:

 少子化の現代ですから、いつか、義母の介護もしないといけないのでしょうか。

 

義理とはいえ、親子な訳だから、やはりそれは義務?!

 

でも、しょせんは赤の他人だし、できればしたくない!!

 

そう、思っている人も多いことでしょう。

 

かく言う私だって、それは、出来ることならばしたくはなかったです。

 

でも、現在は絶賛介護中・・・。

 

ウチの主人は一人っ子で、私も一人娘なので、逃げようがなかったのです。

 

今となれば、受け入れてしまえば、まあ、それはそれで良い経験をしているとは思います。

 

こればかりは、ケースバイケースで、正解はありません。

 

ですが、しないですむ場合、しないといけない場合を考えてみましょう。

介護は突然やってくる

 

まず、介護はある日突然やってくる!という事を覚えておいてください。

 

両親ともに元気なうちは問題ないですが、片方が突然亡くなったりした場合に、がっくりきてしまう、という事がまず、考えられます。

 

そもそも、もう義母しか居ない場合でも、元気に一人暮らしなど、してくれてる間は問題ないですよね。

 

けれど、転んだりして、骨折して入院!等の場合は、退院後、介護が必要になってしまう事がとても多いのです。

 

病気になって、入院した場合もそうですね。

 

70代なら、まだ復活できる事も多いですが、80代は厳しいと思ってください。

 

意外と多いのは、お風呂が危なくなってくる事ですね。

 

お風呂で亡くなる高齢者って、結構多いのです。

 

若い時には考えられないですが、湯船の中から立ち上れなくなってしまう事があり、そうなると一人暮らしはちょっと危険になってくるのです。

 

ただ、元気でぴんぴんしているお年寄りも多いので、これはもう「縁」だと思うしかないのかもしれません。

介護しないで済むケース

 

 

ぴんぴんころり、だったり、不慮の事故、または病に気付いた時には手遅れで、あっという間に突然さようなら、となった場合は、もちろん介護はいりません。

 

ただ、この場合、残された家族は、親が若ければ若いほど、かなりなショックだったりします。

 

相続手続き等も、何も聞かされていなくて、かなり大変な事もあります。

 

ウチの義父はこのタイプでした。

 

あっという間に、亡くなってしまい、本人はそれを望んでいたし、もう80歳は過ぎていましたので、お坊さんにも、うらやましいほどですね、と言われました。

 

ですが、残された義母はショックもあり、その後認知症になってしまいました。

 

介護をせずに済むパターンには、他に介護をしてくれる人がいる場合もあります。

 

けれど、それが兄嫁だったり、義理の姉妹だったり、身内の場合がほとんどだと思います。

 

その場合は、全くノータッチでいられるとは思わないほうが良いです。

 

直接介護をしない分、金銭援助をするなり、時には話相手に行くなり、少なくとも、ありがとうの気づかいは必要です。

 

義理の親兄弟と、縁を切ってある場合には、そもそも介護の話もなく、会うこともないかもしれないですが。

 

全く介護出来ないまま、というのも、考えてみたら寂しいことかもしれません。

介護がまわってくる場合

 

旦那さんが一人っ子の場合は、義父母が要介護状態になり、老人だけで暮らせる状態ではなくなってしまった時には、介護をどうするか?考えない訳にはいきません。

 

介護認定だとか、施設はどうする?という事も含めて、なかなか手続きは煩雑です。

 

老人だけで対応するのは難しいので、子世帯にも呼び出しが来ます。

 

病院の入院手続きなどの場合でも、若い人来てください、と連絡がきたりします。

 

旦那さんが仕事辞めて、介護専念します!とでも言ってくれたら、義母の介護からは解放されるかもしれません。

 

けれど、それなら、あなたが大黒柱となって収入を得ないといけないですよね。

 

別に義務ではありませんが、役所の対応などは、平日昼間に動ける人が、せざるを得ないという事になる訳なのです。

 

夫に兄弟がいる場合でも、それがどのような兄弟なのか?によって、状況は全く違うでしょう。

 

とにかく、「平日昼間に、動ける、休みが取れる人」がポイントになってきます。

 

ディサービスも祝日は対応してくれても、たいてい日曜日とお正月はお休みです。

 

その前の、介護認定や、施設や介護レンタル用品などはすべて契約が必要で、署名だけでなく、割り印やら、重要事項説明書やら、という煩雑な手続きが必要なのです。

 

自宅介護なのか、施設を選ぶのか?それとも介護に通うのか?いずれにしても、その土地のケアマネージャーさんと、相談をしないと進みません。

結局は、受け入れる方が楽かも

 

親と早く別れるかどうか?は、これは天に任せるしかありません。

 

となると、いつかは義父母や実家両親の介護が、多かれ少なかれ回ってくることもあるかも?と、一応覚悟はしておく方が楽なのだと思います。

 

しかも自分も、いつか行く道です。

 

誰だって、介護されたくはありませんよね。

 

嫌だ嫌だと思いながら、やらなきゃいけないのは、とてもストレスです。

 

どっちにしても、やらないとしょうがない事は、受け取り方を変えるしかありません。

 

私の場合は、やるもやらないも、「縁」なのだと思うようにしました。

 

この世に生まれて、クリアしないと進めない「ハードル」があるとしたら、その一つが介護かもしれません。

 

人により、来るハードルは違うので、もし、それが自分に来たならば、しょうがない、受け入れましょう、と思いました。

 

きっと、その事で、他にやらなきゃならない別の問題はクリアになるのだと、そう思う事にしたら、案外楽になったのです。

 

そして、実家の介護経験から、義理親の介護の方が、楽だという事もお知らせしておきます。

まとめ

 

 

・介護しない、と思っていても、状況により、介護は突然やって来る事もあります。

 

・親と早く死に別れたなら、介護は必要ありません。

 

・平日昼間にしないといけない手続きが煩雑で、仕事を休んででも若い人の手が絶対必要になるのです。

 

・避けれない状況になって嫌だと思いながらやるよりは、受け入れる方が、結局は楽です。

 

どんなに元気な親でも、人生の最後は誰かの手を必要とします。自分も、です。

 

介護する人される人、これは誰にもわからない「縁」だとしか言えない事です。

 

自分にまわって来た時には「受け入れる」事の方が、結局は楽だし、「天の蔵に貯金ができる」と思って受け入れると、案外楽に過ごせると思いますよ。

 

-介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3人介護してても大丈夫な私が伝授します! 介護ストレス、どう発散するのか? その方法は!?

  3人も介護!?と聞くだけで、皆さん「大変でしょう!」とおっしゃいます。   けれど、心構えと秘密?の発散方法で、意外にストレスなく、笑顔で介護できちゃうのです。   高齢化社会 …

義母の介護が回ってきた!? 姑の介護に嫁はどこまでかかわるべき?

  高齢化社会になり、一人っ子同士の結婚も多い現在、義父母の介護問題も、ある日突然ふってきたりします。   さあ、そんな時、嫁の立場としては、どこまでかかわらないといけないのでしょうか? & …

専業主婦必見! 親の介護をするとき、生活費はどうするか?

あなたは親の介護をしていますか? それとも今後するであろう不安を抱いていますか?   私は介護施設の相談員として、多くの介護家族の悩みを聞いてきました。   介護について悩みを感じ …