料理

男だけど料理教室に参加したい! 女性に囲まれない時間帯はある?

投稿日:2019年3月30日 更新日:

昔は、親から子へと受け継がれていた料理も、今では家事・育児・仕事に追われる母親たちによって、難しくなりました。

 

母親自身も親から料理を教わるだけでは、対応できないくらい、今の料理は多種にわたります。

 

そこで、料理教室に通って、新しい料理を学んだり、基礎的な料理を学んだりと教室も色々な人に対応できるようになっています。

 

そんな料理教室は、子どもから高齢者まで人気のある習い事です。

 

特に人気の先生が指導をすることがわかると、募集をかけたとたん、あっという間に満席になることもあります。

 

最近は、男性の料理教室人気が急上昇だそうです。

 

20代の若いパパ世代から中高年の一人暮らしの男性、仕事を引退した男性と幅広い男性が利用をするそうです。

 

今回は、色々な料理教室と時間帯、そして利用する年齢層についてのご紹介です。

どんな料理教室があるの?

料理教室には、全く包丁を触ったこともない「ド素人」の人から、自宅で料理教室を開きたい、料理人を目指したいという本格的なコースまであります。

 

コースによってかかる時間や金額も違い、中には一回だけのワンコインレッスンというものもあります。

 

また、一日で本格的な料理を一品だけ習うことができる教室もあり、希望者に合った色々な教室を展開しています。

 

教室の場所も、オフィスビルの中や、雑居ビルの中にあるもの、ショッピングモールの中にあるものと様々で、利用者が利用しやすい場所にあります。

 

一般的な人向けの人気の料理教室には「ベターホーム協会」「ABCクッキングスタジオ」「ホームメイドクッキング」といった大手クッキングスクールの他に、東京ガスや大阪ガスといった会社が開設しているものもあります。

 

いずれのクッキングスクールも、500円ワンコインの体験レッスンを開催していますので、料理教室の雰囲気を感じながら、自分に合った教室を探すことができます。

男性に大人気!基礎から学べる料理教室

基礎から学ぶことができる料理教室は、若い独身者や新婚女性、男性の間でも人気です。半年で20,000円~25,000円くらいで受講できます。

 

基礎を学ぶための教室は、平日の午前中10時から12時半、土日の13時半から15時半、平日の14時から16時くらいまで、平日の夕方18時半から21時くらいまでの時間に受講することができます。

 

中には、11時から13時半といった昼食にピッタリのコース、夕方の17時から19時半の夕飯にピッタリのコースもあります。

 

教室によって受講できる時間や内容も違いますので、行ってみたい教室が決まったら問い合わせをして下さい。

 

男性教室だから夜間や土日かと思いきや、平日の午前中に教室があるのも驚きです。平日午前中の男性教室は、どちらかというと高齢の男性が多いようです。

 

土日や夜間に行われている料理教室もあり、20代から60代までの男性がサークル感覚で、料理を学んでいます。

 

神奈川県には「メンズキッチン」という男性用の料理教室もあります。

 

男性教室は、新しい教室開催が発表されると、あっという間に定員になってしまうくらい人気のようです。

 

50代以上の男性は、中学生・高校生のころ家庭科が男女共修ではなかったため、調理実習の経験がほとんどありません。

 

中には、包丁の洗い方がわからない人もいます。そのために、基礎教室では本当に基礎中の基礎から料理を教えてもらうようです。

 

基礎から学べる料理教室に通う年齢は様々で、女性は20代から40代、男性は20代から60代くらいの人が受講してるということです。

女性が多い時間帯に注意

20代から40代の仕事を持つ独身者は、夕方や夜間、土日といった仕事帰りや休みの日に受講をしていることが多くあります。

 

こちらは女性だけでなく男性にも人気で、若い人の食への関心の高さがうかがえます。

 

平日の午前中クラスは、20代、30代の専業主婦が多く受講し、少しでも料理の腕前を上げるために頑張っています。

 

料理教室に通っている女性の年齢は、ほとんどが20代から40代で、50代以上の女性の姿はあまり見かけません。

 

40代~50代の女性の多くが受講する場合は、基礎というよりも凝った料理がしたい、いずれ料理教室が開きたいという考えの人が多いようです。

 

40代よりも上の女性は、中高生時代、家庭科が女子だけの時代だったため、学校でしっかりと基礎を学んでいます。

 

また、結婚当初、今のように女性が家事と仕事を両立している人もほとんどいませんでした。

 

当時は、結婚退職をした人も多く、結婚した20代、30代のころに、基礎の料理教室には通ってしまったため、基礎の教室に通うことはほとんどないようですね。

 

むしろ、40代~50代の女性は、子育てが終わり何か仕事を始めたいと、教室を開くための資格が取れる教室に通う人が多くいます。

 

60代以上の女性でも、家族が巣立ち1人になったときに、長年独学で慣れでやっていた料理を見直すために、健康寿命を延ばす教室やヘルシーメニューを学べるコースを受講しています。

 

健康寿命を延ばす教室は中高年が多いためか、平日の午前中の教室が多く、働く人が受講する時間帯はあまりないようです。

初心者を卒業した男性のための料理教室もある

料理教室では、料理が大好き、資格を取っていずれ自宅で料理教室を開きたいという人のための教室もあります。

 

パン専門のコース、魚専門、肉専門といった素材に分けたコースを設定している教室から、フランス料理・中華料理と料理内容でコースを分けている教室まで様々です。

 

内容は基本的なものを卒業した人のためのものとなり、男性教室もあります。

 

メンズキッチンは男性専門の料理教室ですが、恵方巻やイタリアン、本格中華といった凝ったメニューをたくさん学ぶことができます。

 

受講する男性は20代から60代までの幅広い男性が多く、受講するようです。

 

メンズキッチンは毎月一回の週末に開かれています。

 

毎回単発の申し込みで、レシピ材料費込で5000円と高額ですが、あっという間に定員になる人気の教室です。

 

こちらではパパと子どものための教室もあり、こちらも人気の教室になります。

企業が開催している料理教室

料理教室には、キッコーマンや東京ガス、味の素など食関係の企業がイベント的に開催している教室、有名シェフが自分の店で開催している教室などもあります。

 

こういった教室は、企業のイベントが目的で開催されるため、定期的に開催しているところもあれば、イベント的に開催しているところもあります。

 

定期的でない料理教室は、その時にならないと開催の日時がわかりません。

 

興味がある場合は食関係の企業の公式のホームページで確認してみましょう。

まとめ

・料理教室は、凝った料理や本格的な料理を学ぶだけではなく、基本的な料理を学ぶこともできます。

 

・料理教室では、一日の中で細かい時間設定があり、それぞれの都合で好きな時間に好きなコースを選ぶことができます。

 

・平日の午前中は、中高年の人が健康寿命を延ばすための料理を習いに来る教室もあるようです。

 

料理は親から子へと受け継がれていたものでしたが、今では子どもが自ら学んだり、新しい趣味として学ぶものへと変わりました。

 

今まではワパターンの料理しか作れなかった、という人が教室で新しいメニューを学ぶこともあります。

 

次のイベントに向けて、何か新しい料理を覚えてみたいと思われたら、ぜひ料理教室の門をたたいてみてはいかがでしょうか。

-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お菓子作りの初心者必見! 何から作るのがオススメ? 道具は? レシピは?

手作りお菓子を家族や恋人に作ってあげたい!子供に無添加の安全なお菓子を食べさせてあげたい! でもお菓子作りは得意じゃないから…と諦めがちのあなたに朗報です! 今回は初心者でも簡単に作れてしまうおすすめ …

料理教室に男性一人で行くのって, あり? なし? どう思われる? 主催者の視点から

最近は男性がお料理する事も増えてきて、男性がお料理教室に参加する事も結構増えているのだそうです。   定年後も元気な方々が多い現代は、定年後の趣味の一つとして、また、奥様との役割分担の場合や …