ウィーン 旅行

オーストリア・ウィーンのお土産といえば? 職場のばらまきにおすすめ5選!

投稿日:2019年3月25日 更新日:

音楽の都であるウィーン。

モーツァルトをはじめ、

たくさんの芸術家が活躍したという歴史があります。

 

また、歴史の教科書に必ずでてくるハプスブルク家が活躍したという過去も。

 

そのため、ウィーンには宮殿や美術品が数多く残っており、

芸術の都の歴史を肌で感じ取ることができる人気の観光地です。

 

ウィーンに旅行に行ったら、職場のみんなに喜んでもらえるお土産を買いたい!

どうせなら、ウィーンの雰囲気を感じられるお土産を選びたいものです。

 

そこで、ウィーンの歴史や家庭の味を日本で味わえ、

職場のばらまきにも利用しやすいお土産の

おすすめ5選をまとめてみました。

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産1.
音楽の都ならでは!モーツァルトチョコレート

ウィーンと言えば、音楽の都として有名な場所。

そんなウィーンらしさがたっぷりのお土産がモーツァルトチョコレートです。

 

モーツァルトの顔が印刷された銀紙は、音楽の都ならでは。

 

チョコレート1つ1つが銀紙につつまれているので、

ばらまき用のお土産にぴったりです。

 

もっとも定番のタイプがマジパン入りのチョコレート。

マジパンとは、砂糖とアーモンドの粉末を練ったお菓子です。

 

日本ではあまり食べる機会が少ないマジパンですが、

ヨーロッパでは古くから愛されている伝統的なお菓子。

 

モーツァルトチョコレートは、ウィーンらしさはもちろん

ヨーロッパの雰囲気も存分に味わえるお土産です。

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産2.
本場の味を自宅で再現!?クノールのインスタントスープの素

スーパーなどで気軽に買えるクノールのインスタントスープの素も

職場のばらまき用のお土産としておすすめです。

 

日本でも手に取る機会が多いクノールですが、

ウィーンで売っているのは、オーストリアの家庭の味。

 

オーストリアのシチューであるグラーシュや、

細切りのクレープ生地がパスタのように入ったフリタッテンズッペなど、

日本では馴染みがないスープの素を買うことができます。

 

料理をあまりしない人であっても、

インスタントスープの素なら簡単に調理ができるので、

相手を選ばずにお土産として渡せるのも大きな魅力です。

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産3.
職場でシェアするならハース&ハースの紅茶

ひとりひとり配るのではなく、職場のみんなでシェアするのであれば、

紅茶の茶葉を買うという選択も。

 

ウィーンは、音楽家や芸術家が集う場所として、

カフェ文化が独自に発達した場所。

 

そのため、ウィーン発の紅茶ブランドも充実しているんです。

 

そのひとつが、ハース&ハース。

 

なかでも人気があるのが、新鮮なドライフルーツを使ったフルーツティー。

 

フレーバーも、さまざまなハーブとの組み合わせがあり、

種類もおどろくほど豊富。

 

オフィスにお土産として置くだけで、

ほっと一息つける時間をプレゼントすることができます!

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産4.
気軽にばらまけるのが魅力!マナーのウェハース

マナーのウェハースは、スーパーはもちろん、

お土産屋さんや空港などでも手ごろな価格で買えるお菓子。

 

コストパフォーマンスがいいことはもちろん、

味の好みの差が出にくいのも人気の秘密です。

 

味のバリエーションの豊富なので、

いくつかの種類を買って選んでもらうことも。

 

マナーの専門店なら、職場の上司などちょっと特別な相手向けに、

紙袋を有料でつけてもらうことも可能です。

 

ウェハースは軽いので、帰りの荷物の負担にならないのが魅力ですが、

持ち運びのコンディションが悪いと割れてしまうことが。

 

せっかくお土産として買っても、こわれてしまっては配ることもできません。

 

マナーのウェハースは、空港で買っても高額ではないので、

旅の最後にまとめ買いするのもいいですね。

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産5.
岩塩は見た目もかわいく、価格もお手頃

モーツァルトの生家もある人気の観光地であるザルツブルク。

ザルツは塩、ブルクは砦を意味する、岩塩の名産地でもあります。

 

そのため、ウィーンには、スーパーや専門店など、

岩塩を取り扱っているお店がたくさんあります。

 

岩塩は、もちろん日本でも買うことが可能。

ただ、ウィーンで購入すると、種類がとにかく豊富。

 

日本ではお目にかかれないフレーバーがたくさんあるという違いが。

野菜にかけるだけで、サラダがおしゃれに変身させてくれます。

 

岩塩は、ハーブとの組み合わせも豊富で、色彩がきれい。

 

小さい瓶入りのものや、かわいい缶入りのものなど、

とくに女性の多い職場で喜ばれそうな見た目です。

 

ハーブ入りの岩塩は、ウィーンの家庭の必須アイテムなので、

思いのほか価格もお手頃なので、お土産としても現実的です。

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産まとめ

・モーツァルトのチョコレートは、個別包装なのでばらまき用のお土産にもぴったり。

 

・クノールのインスタントスープの素はウィーンの家庭の味を再現できるのが魅力。

 

・職場でシェアするならウィーン発の紅茶をハース&ハースで購入!

 

・マナーのウェハースは、お手頃価格でおいしいと評判。軽いのでまとめ買いに便利。

 

・日本ではめずらしい種類も豊富な岩塩は、かわいいパッケージがお土産にうれしい。

 

ウィーンというとお土産も高くなりそう!というイメージがありますが、ウィーンの歴史を感じさせるものや地元の味に触れることができるものなど、思いのほかお手頃価格で買うことができます!

 

-ウィーン, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オーロラ鑑賞のベストシーズンはいつ? 春夏秋冬どの季節が最適? カナダ・イエローナイフ, アラスカ・フェアバンクス, ノルウェー・トロムソ, ニュージーランド・デカポ湖それぞれについて解説します!

皆さんは、もしオーロラを見るとするならば、いつ見ますか。私なら冬の寒い夜に見ます。   なぜなら、オーロラと聞いて想像する場所は、寒いところだからです。また、寒いところでオーロラを見ると、ロ …

ピースボートのあるある! 船内トラブルと注意点も乗船者が語ります!

「地球一周の船旅」のキャッチコピーで知られるピースボート。 見ず知らずの大勢が、100日以上も、船という非日常的な環境の中で生活する。 もちろんトラブルの一つや二つは起こるでしょう。 それも旅の醍醐味 …

バリ島で日本食が食べたい! そんな時のレストランやワルンおすすめ5選!

海外旅行の楽しみの一つに「食」は皆さんはいっているんじゃないでしょうか。   旅行先でしか食べられないような、ローカルフードを満喫するのも旅の醍醐味ですよね。   ただ、長期滞在と …

ベトナムでのグラブタクシーとグラブバイクの乗り方・使い方の違いや注意点は? メリット, デメリットはある?

ベトナムでもっとも大手の会社となるのがグラブ。   アプリをダウンロードすれば、気軽に予約することができるので、 利用したい!と思う人も多い移動手段です。   グラブには、グラブタ …

ベトナムの食文化の南部と北部の違い4選! 実は丸っきり違います!

ベトナムに旅行にいくとき、どんな名物料理があるのか、 ガイドブックやインターネットでいろいろ調べますよね。   ベトナム料理というと、フォーを筆頭においしい料理がたくさん。   実 …