ウィーン 旅行

オーストリア・ウィーンのお土産といえば? 職場のばらまきにおすすめ5選!

投稿日:2019年3月25日 更新日:

音楽の都であるウィーン。

モーツァルトをはじめ、

たくさんの芸術家が活躍したという歴史があります。

 

また、歴史の教科書に必ずでてくるハプスブルク家が活躍したという過去も。

 

そのため、ウィーンには宮殿や美術品が数多く残っており、

芸術の都の歴史を肌で感じ取ることができる人気の観光地です。

 

ウィーンに旅行に行ったら、職場のみんなに喜んでもらえるお土産を買いたい!

どうせなら、ウィーンの雰囲気を感じられるお土産を選びたいものです。

 

そこで、ウィーンの歴史や家庭の味を日本で味わえ、

職場のばらまきにも利用しやすいお土産の

おすすめ5選をまとめてみました。

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産1.
音楽の都ならでは!モーツァルトチョコレート

ウィーンと言えば、音楽の都として有名な場所。

そんなウィーンらしさがたっぷりのお土産がモーツァルトチョコレートです。

 

モーツァルトの顔が印刷された銀紙は、音楽の都ならでは。

 

チョコレート1つ1つが銀紙につつまれているので、

ばらまき用のお土産にぴったりです。

 

もっとも定番のタイプがマジパン入りのチョコレート。

マジパンとは、砂糖とアーモンドの粉末を練ったお菓子です。

 

日本ではあまり食べる機会が少ないマジパンですが、

ヨーロッパでは古くから愛されている伝統的なお菓子。

 

モーツァルトチョコレートは、ウィーンらしさはもちろん

ヨーロッパの雰囲気も存分に味わえるお土産です。

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産2.
本場の味を自宅で再現!?クノールのインスタントスープの素

スーパーなどで気軽に買えるクノールのインスタントスープの素も

職場のばらまき用のお土産としておすすめです。

 

日本でも手に取る機会が多いクノールですが、

ウィーンで売っているのは、オーストリアの家庭の味。

 

オーストリアのシチューであるグラーシュや、

細切りのクレープ生地がパスタのように入ったフリタッテンズッペなど、

日本では馴染みがないスープの素を買うことができます。

 

料理をあまりしない人であっても、

インスタントスープの素なら簡単に調理ができるので、

相手を選ばずにお土産として渡せるのも大きな魅力です。

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産3.
職場でシェアするならハース&ハースの紅茶

ひとりひとり配るのではなく、職場のみんなでシェアするのであれば、

紅茶の茶葉を買うという選択も。

 

ウィーンは、音楽家や芸術家が集う場所として、

カフェ文化が独自に発達した場所。

 

そのため、ウィーン発の紅茶ブランドも充実しているんです。

 

そのひとつが、ハース&ハース。

 

なかでも人気があるのが、新鮮なドライフルーツを使ったフルーツティー。

 

フレーバーも、さまざまなハーブとの組み合わせがあり、

種類もおどろくほど豊富。

 

オフィスにお土産として置くだけで、

ほっと一息つける時間をプレゼントすることができます!

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産4.
気軽にばらまけるのが魅力!マナーのウェハース

マナーのウェハースは、スーパーはもちろん、

お土産屋さんや空港などでも手ごろな価格で買えるお菓子。

 

コストパフォーマンスがいいことはもちろん、

味の好みの差が出にくいのも人気の秘密です。

 

味のバリエーションの豊富なので、

いくつかの種類を買って選んでもらうことも。

 

マナーの専門店なら、職場の上司などちょっと特別な相手向けに、

紙袋を有料でつけてもらうことも可能です。

 

ウェハースは軽いので、帰りの荷物の負担にならないのが魅力ですが、

持ち運びのコンディションが悪いと割れてしまうことが。

 

せっかくお土産として買っても、こわれてしまっては配ることもできません。

 

マナーのウェハースは、空港で買っても高額ではないので、

旅の最後にまとめ買いするのもいいですね。

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産5.
岩塩は見た目もかわいく、価格もお手頃

モーツァルトの生家もある人気の観光地であるザルツブルク。

ザルツは塩、ブルクは砦を意味する、岩塩の名産地でもあります。

 

そのため、ウィーンには、スーパーや専門店など、

岩塩を取り扱っているお店がたくさんあります。

 

岩塩は、もちろん日本でも買うことが可能。

ただ、ウィーンで購入すると、種類がとにかく豊富。

 

日本ではお目にかかれないフレーバーがたくさんあるという違いが。

野菜にかけるだけで、サラダがおしゃれに変身させてくれます。

 

岩塩は、ハーブとの組み合わせも豊富で、色彩がきれい。

 

小さい瓶入りのものや、かわいい缶入りのものなど、

とくに女性の多い職場で喜ばれそうな見た目です。

 

ハーブ入りの岩塩は、ウィーンの家庭の必須アイテムなので、

思いのほか価格もお手頃なので、お土産としても現実的です。

ウィーンの職場ばらまき用おすすめお土産まとめ

・モーツァルトのチョコレートは、個別包装なのでばらまき用のお土産にもぴったり。

 

・クノールのインスタントスープの素はウィーンの家庭の味を再現できるのが魅力。

 

・職場でシェアするならウィーン発の紅茶をハース&ハースで購入!

 

・マナーのウェハースは、お手頃価格でおいしいと評判。軽いのでまとめ買いに便利。

 

・日本ではめずらしい種類も豊富な岩塩は、かわいいパッケージがお土産にうれしい。

 

ウィーンというとお土産も高くなりそう!というイメージがありますが、ウィーンの歴史を感じさせるものや地元の味に触れることができるものなど、思いのほかお手頃価格で買うことができます!

 

-ウィーン, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インドネシア・バリ島で注意すべき詐欺や危険な犯罪7選! バリ島在住者が解説します!

バリ島を旅行中の日本人女性が襲われ、その後殺害されたという事件があったのは2009年。 日本人にも人気のリゾート地で起きた事件なだけに、その後バリ島旅行を敬遠した人も多いかと思います。 ただ、ぼったく …

ピースボートの実態! 怪しい噂の真実と費用について元乗船者が語ります!

各国の世界遺産や南国を思わせるビーチの写真を背景に「地球一周の船旅 」と書かれたポスター、皆さん一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。 初めて目にした時、あなたはどう思いましたか? 興味を持っ …

ニュージーランドと日本の料理や食事・食文化, 食べ物の違いってどんなもの? 現地在住者が解説します!

イギリスの植民地だった時代の影響を受け、広く残っているイギリスの文化と先住民であるマオリの文化とを共存させながら独自の文化やスタイルを作り上げたニュージーランド。   一体どのような食文化な …

韓国で英語は通じる? 実は日本語の方が通じる?! 使える韓国語も教えます!

韓国旅行に限らず、外国旅行をする時に、コトバは通じるのか?って気になるところですよね。   韓国語のハングルって、なんだか記号にしか見えなくてとっつきにくいし、外人を見るとなんとなく英語が出 …

海外ではエスカレーターは歩く? 歩かない? どちら側を空ける? 注意点はある?

日本では、東京など関東では左立ち、右を歩くが一般的。   それに対して大阪などの関西では、右立ち、左を歩くことが多いようです。   さらには、最近は、事故を防止するという観点から、 …