雑学

電卓で暇つぶしできるおもしろい計算4選!

投稿日:2019年3月23日 更新日:

皆さんは、電卓で面白い計算ってどのくらい知っていますか。

 

私は18782(嫌な奴)+18782(嫌な奴)=37564(皆殺し)というような怖い計算しか知らなかったのですが、調べてみると他にも面白い計算があるようです。

 

今回は、電卓でできる面白い計算を4個ご紹介します。

電卓の面白い計算その1: 答えが必ず3になる

面白い計算の一つ目は、「答えが必ず3になる」という計算です。

 

まず、好きな数を思い浮かべ、その数に1を足してください。

 

そのあと、その数を2倍にし、4を足しましょう。

 

そしてそれを2で割って、最初に思い浮かべた数を引きます。

 

そうすると、答えは3になるのです。

 

試しにやってみましょう。ラッキーセブンの7でやってみます。

 

まず、1を足すので7+1=8。その数を2倍するため8×2=16。

 

そしてその数に4を足します。

 

すると、16+4=20。

 

それを2で割ってから元の数である7を引くと、20÷2=10―7=3になります。

 

これを方程式で表すと、「(2〔x+1〕+4)×1/2―x」という方程式になります。

 

この方程式のxは、入れたい数字なので、自由です。

 

この方程式を解いていくと最終的には3になるはずです。

 

これにより、答えは必ず3になるという証明ができます。

電卓の面白い計算その2: 答えが必ずゾロ目になる

電卓の面白い計算の2つ目は、「答えが必ずゾロ目になる」というものです。

 

まず最初に、1から9までの、8を抜いた数字を打ち込みます。

 

つまり、「12345679」を電卓に打ちます。

 

次に、その「12345679」に何でもよいので好きな数字をかけます。

 

ただし、その好きな数字は一桁で、0を除くという条件付きです。

 

最後に、9をかけます。

 

これも、7でやっていくと、12345679×7=8642053になり、それに9をかけると、8642053×9で、777777777になります。

 

これを証明するのはなかなか骨ですが、興味のある人はやってみてください。

電卓の面白い計算その3: 元の数字に戻ってくる

3つ目の電卓の面白い計算は、「好きな数字が帰ってくる計算」です。

 

別の言い方で言うと、「元の数字に戻ってくる計算」です。

 

まず、100から999までの好きな数字を電卓に打ち込みます。それの数字をもう一度打ち込み、6桁の数字にします。

 

そしてその数を7で割り、次に11で割り、最後に13で割ります。

 

するとどうなるでしょうか。最初に打ち込んだ3桁の数字になっているはずです。

 

今回は少し複雑に、219で計算をしてみましょう。

 

6桁にするので、最初の数字は219219になります。

 

それをまず7で割ると、219219÷7=31317になります。

 

次に11で割ると、31317÷11=2847になり、最後に13で割ると2847÷13=219になります。

 

これを方程式で表してみましょう。

 

今回は少し面倒ですが、頑張れば行けそうです。

 

まず、最初に思い浮かべる3桁の数字ですが、3桁の数字は「100x+10y+z」で表すことができます。

 

それをもう一度電卓に打ち、6桁の数字にするのですが、ここで一つ小さな豆知識。

 

同じ数字を2回入力した数字をもとの数字で割ると、必ず答えは1001になります。

 

なので、最初に作る式は、1001(100x+10y+z)になります。ここから方程式を解いていきましょう。

 

最初は7で割るので、方程式は「1001(100x+10y+z)÷7=14300x+1430y+143z」になります。

 

次に、その数字を11で割るので、「14300x+1430y+143z÷11=1300x+130y+13z」になります。

 

最後のその数字を13でわると、「1300x+130y+13z÷13=100x+10y+z」となります。

 

ということは、元の数に戻ることが証明できます。

電卓の面白い計算その4: 相手の電話番号を当てられる!?

電卓の面白い計算の4つ目は、「相手の電話番号を当てる」ということです。

 

電話番号の、090もしくは080以外を当てることができます。

 

電話番号を例として「090-1234-5678」とします。この時、「1234」をA、「5678」をBとします。

 

まず、Aに250をかけます。さらにAに、80をかけます。

 

今回の場合、「1234×250×80」なので、答えは「24680000」になります。

 

次に、Bを2回足します。

 

今回だと、「5678+5678」なので、「11356」になります。

 

そして、数字をすべて足します。

 

今回の場合、「2468000+11356」で、答えは「24691356」になります。

 

最後に、できた数字である「24691356」を2で割ります。

 

すると、「12345678」になり、電話番号の090もしくは080以外の数字を当てることができます。

 

数学が得意な方ならわかるのではと思いますが、これは単純に電話番号の2倍の数字をだぜば良いだけなのです。

 

もし電話番号を当てられる側の人が数学の得意な人だと、種がすぐにばれてしまう可能性がありますので、相手を選ぶことも重要です。

暇つぶしになる電卓の面白い計算まとめ

・電卓を使うと、答えが必ず3になる計算や、最初に指定した数字に戻るような計算ができる。

 

・電卓によってできる面白い計算は、方程式で証明できるものもある。

 

・電卓を使い、相手の電話番号を当てることができる。しかし、相手が数学の得意な人だと種がばれてしまう可能性がある。

-雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本のフィギュアスケートの競技人口が少ない理由は? 世界との比較と違いを紹介

皆さんは、フィギュアスケートの試合を見たことがありますか?   わずか5分足らずの中、美しくも力強い演技に誰もが魅了されるフィギュアスケート。   その美しさに、自分でも滑ってみた …

天才・秀才・鬼才・奇才・非凡の意味と違いとは? 知らずに使ってると恥ずかしい?

賢い人とか優秀な人を表す言葉っていっぱいありますよね、彼は天才だ!あの子は秀才だ!といったように、天才、秀才、鬼才、奇才、非凡……。   でも、これらの言葉を意識して使い分けてる人って、実は …

世界各国のじゃんけんまとめ! なんと世界大会も!? 海外だと国によってここまで違う!

ちょっとした物事の判断を決める時に簡単で分かりやすく、公平な手段としてわたしたちがよく使うじゃんけん。   日本人なら誰でも知っていてすぐにできるものですが、海外でじゃんけんってあるの?なん …

松阪牛の読み方が変わったのはいつから? なぜ? まつざかぎゅうVSまつさかうし!

日本三大和牛の1つであり、霜降り肉が特徴的な松阪牛は国内国外を問わず人気を誇る高級牛肉です。   「松阪牛」とみて、何と読みますか?   以前と読み方が変わったような気がすると感じ …

ニュージーランドを漢字表記すると…? 新西蘭? 乳国? 驚きの漢字のセンス力!

日本のメディアを中心に日常生活で目にする外国の国名の漢字表記。   どの国の漢字表記も一般化し、定着していますが、「NZ」と表記されることが多いニュージーランドにも漢字表記があるのでしょうか …