健康

寒さが身体の健康に与える影響やメリットとデメリットは? 寒さも悪いばかりじゃない!

投稿日:2019年3月1日 更新日:

皆さんは、寒いのって好きですか。

 

私は寒いのが結構好きです。寒い日に布団で毛布にくるまることが、とても幸せに感じます。

 

ところで、寒さというのは、健康にメリットはあるのでしょうか。また、デメリットはあるのでしょうか。

 

今回は、寒さが健康に与えるメリットと、デメリットをご紹介したいと思います。

寒さが健康に与えるメリットその1

寒さが健康に与えるメリットの一つ目は、脂肪の燃焼がしやすいということです。

 

人間の体には、「褐色脂肪細胞」という細胞があります。この細胞は、脂肪細胞の一つですが、脂肪を燃焼する働きがあります。

 

2012年頃のある研究で、外の温度が低ければ、褐色脂肪細胞が活性化することがわかりました。したがって、カロリーの消費も多くなるということになります。

 

脂肪を燃焼するダイエットは、夏に汗をかきながら行ったほうが効率が良いと思われやすいですが、実は違うのです。

 

夏は気温が高いため、体温を保つためのエネルギー消費が少なくなり、冬よりもダイエットの効率は悪くなってしまいます。

 

逆に冬は、体温を維持するためのエネルギー消費が多くなるため、ダイエットの効率が良くなるのです。

寒さが健康に与えるメリットその2

寒さが健康に与えるメリットの二つ目は、なんと寒さで怪我が治りやすくなるということです。

 

「スポーツの秋」という言葉がありますが、正直なところ、寒い冬にスポーツをして、体を温めた方が良いと思います。

 

けがをしても冬には治りやすくなるため、冬にスポーツをするのは良いのではないでしょうか。

 

打撲や捻挫などのけがをしたら、皆さんは何をしますか。

 

冷やすという方が多いと思います。確かにその方法は正解です。

 

打撲や捻挫などのけがは氷などで冷やすと治りが早くなります。

 

それと同じように、気温が低下すると炎症や痛みが抑えることができます。

 

「寒冷療法」という治療方がアスリートたちの中にあり、アスリートたちは気温が低い状況で休憩した方が早いということが知られています。

 

ちなみにですが、捻挫などを直すためのアイシングは、氷水が効果が高いとされます。

 

熱伝導率の高い水は熱を奪い、氷によって水温は低くなります。なので、冷やす効果は高くなります。

寒さが健康に与えるデメリットその1

寒さが健康に与えるデメリットの一つ目は、免疫力低下です。

 

免疫力が低下すると、様々な病気のリスクが高くなります。

 

冬には、流行しやすいインフルエンザにもかかりやすくなってしまいます。

 

また、寒さによって自律神経が不調を起こし、風邪を引きやすくしてしまう可能性もあります。

 

人間には、交感神経、副交感神経の二つの自律神経があります。

 

人間が「寒い」と感じるときには、交感神経が優位になります。

 

しかし、交感神経が優位になることで、自己免疫の活動が悪くなってしまいます。

 

冬に風邪になりやすいのは、このような自律神経の不調や、寒さにより免疫力の低下などにあります。

寒さが健康に与えるデメリットその2

寒さが健康に与えるデメリットの二つ目は、肌の乾燥です。

 

女性にとって、肌の乾燥は大敵ですよね。肌が乾燥するから寒い冬は嫌いという人もいると思います。

 

寒くなると空気中の水分は少なくなり、皮膚は乾燥します。

 

さらに、温度の低い風が強く吹くと、皮膚をより乾燥させ、皮膚を保護しているバリアにダメージを与えることがあります。

 

水分が外に逃げることを防ぐなら、ジメチコンという、シリコンの一種が入った化粧下地を使うと良いでしょう。

 

シリコンはコーティング力が強いため、保湿液を肌に閉じ込めることができ、乾燥した肌を滑らかにしてくれます。

 

しかし、シリコンは人によっては合わない場合があります。

 

脂性肌の人が要注意です。

 

脂性肌の人は肌から分泌される皮脂が普通の人よりも多いため、シリコンで肌をコーティングしてしまうと、べたつきの原因になってしまいます。

 

また、睡眠時には、加湿器を使うと良いでしょう。

 

部屋の湿度を高くすれば、寝ている間に水分を肌に取り入れることができます。

寒さが体の健康に与える影響やメリットとデメリットまとめ

・寒さで脂肪が燃焼しやすいのは、体温を維持するためのエネルギー消費が多くなるため、ダイエットに効率的である。

 

・寒さで怪我が治りやすいのは、怪我をしたときのアイシングと同じ原理。

 

・寒さで風邪になりやすいのは、自律神経の不調や免疫力低下など。

 

・寒さで肌が乾燥しやすいのは、空気中の水分が少ないから。ジメチコン入り化粧下地はおすすめだが、人によってデメリットも出てしまう。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

電車で座ることは実は体に悪かった!? 居眠りもよくない? その意外な理由とは?

皆さんは、電車に乗った際、吊り革をつかんで立ちますか。それとも椅子に座りますか。椅子がそんなに混んでいない場合は椅子に座り、椅子が混んでいたりすると吊革につかむというように、その場の状況で判断する人が …

ラー油って健康に良いの? 悪いの? 本当のところは?

中華料理のアクセントとして、または、料理の隠し味としても使われるラー油。   ほんの数滴入れるだけでも味の変化が楽しめる調味料です。   常備している家庭は多いのではないでしょうか …

古くなったり酸化してしまったオリーブオイルの使い道5選! そもそも古くても大丈夫!?

健康や美容によいと注目され、人気のオリーブオイル。   スーパーマーケットでも取り扱われるようになり、ギフト品の1つとして選ばれることも増えてきたように感じます。   しかし、いざ …

いわし缶の汁は飲む? 汁に含まれる栄養やカロリーはどれくらい?

【いわし】人気缶詰のいわし缶詰!国産イワシ使用 醤油煮 化学調味料不使用 美味しい缶詰を子供達に!|缶詰| created by Rinker Amazon 楽天市場 Yahooショッピング …

朝のラジオ体操は体に悪い? 早死にする? その理由と知られざるデメリット

 夏休みといえばきっと皆さん苦しめられた記憶があるもの、そうラジオ体操。   今も続けている! もう何年もやっていない! と人によっては様々だと思います。   私は完全に後者。でも …