Little story

ちょっとした雑学や役に立つ話を紹介するページです。

バリ島 旅行

インドネシア・バリ島のチップ事情を現地在住者が解説! 相場と渡し方は?

投稿日:2018年11月14日 更新日:

 

 

海外へ旅行に行く際、ちょっと煩わしいのがチップ…。

行く際でチップの習慣はあるのか、いくらくらい渡すのか、いつどうやって…?

チップの習慣がない日本人にとっては、ちょっと面倒に思っちゃいますよね。

けれどそこは海外を訪れる際のエチケットと思って、必ず事前にチェックしておきましょうね。

 

さて、日本人も多く訪れるバリ島もチップは必要なんでしょうか?

ここでは、バリ島でのチップの習慣やその相場、渡し方などについてご紹介していきたいと思います。

バリ島でチップは必要?

 

バリ島を含むインドネシアには、もともとチップの習慣はありません。

ですが、バリ島には世界中から観光客が訪れ、特にヨーロッパや欧米の人々がチップを渡すことから、観光業に携わる人々は、チップを期待するスタッフも多いようです。

…つまり、払っても良し、払わなくても特に問題ではない、一番微妙なやつ。苦笑

ちなみに私は、とても気持ちの良い対応をしてもらい、料金以上に満足した時、

なおかつ細かいお金を持っていれば払います。

料金自体はサービス料込の価格設定ですので、ご自身の気持ちで判断していいと思います。

チップを渡すならいくら?

 

とても親切にしてもらった!この人にはチップ渡したい!

そう思った時、次の悩みはその金額ですよね。

少な過ぎたらかえって失礼だし、多すぎてもちょっと…

そこで、いろんなサイトの情報や、実際にバリ島で観光業に携わる知人に聞いた情報をまとめてみたので、よかったら参考にしてみてください。

 

タクシー、レストラン

Rp. 0~10,000

 

スパ、ホテル(ハウスキーパー・ルームサービス)

Rp. 10,000~20,000

 

カーチャーター(ドライバー・ガイド)

Rp. 50,000

 

ゴルフ キャディ

Rp. 150,000~200,000

 

*ちなみに、バリ島のゴルフ場は、キャディさんへのチップは必須です。

 

また、全てのお店ではないですが、お土産店などに入ると、時々、お店のスタッフがかごを持って後をついてくることがあります。

探し物はないか聞いてくれたり、人気の商品を教えてくれたりと、とても親切なんですが、

海外に行くとどれもが珍しく、じっくりゆっくり見たい私としては、ちょっと落ち着かない…

もし不要な時は「聞きたいことがあったら尋ねるので、一人で大丈夫です。ありがとう」と丁寧に断りましょう。

もし、探し物があり手伝ってもらった時や、親切な対応を受けた際は、そのスタッフにチップを渡すのもOKです。

この場合は、Rp.10,000くらいが相場だと思います。

いつ渡す?

 

これもなかなか難しいですよね。

 

慣れずにもじもじしていると、渡しそびれてしまうことも…

せっかく渡すんだったら、スマートな渡し方もチェックしておきましょう。

 

《タクシー》

支払い時、おつりが10,000ルピア以下なら「Keep the change(おつりは取っておいてください)」と言って受け取らない。またはおつりから改めて渡す。

 

《レストラン》

テーブル会計の場合は、タクシー同様、おつりが細かい時は受け取らないか、

一度受取り、席を立つ際にテーブルの上に置いて帰る。

 

《スパ》

施術後、ドリンクを出してくれるようならその時にお礼の言葉と一緒に渡すのがベスト。

または、着替える前に呼び止めて手渡すか、会計の際に「担当してくれた方へ」と言って渡す。

 

《ホテル》

ルームクリーニングスタッフには、外出する際、枕の上に置いておく。

*テーブルなどに置くと、チップとして受け取ってよいものか、忘れていったものなのか混乱を招いてしまうこともあるので、必ず枕の上に置きましょう。

 

ルームサービスを頼んだ際は、運んできてもらった際に渡す。

 

《カーチャータードライバー・ガイド》

ホテルへ送り届けてくれた際にお礼の言葉を添えて渡す。

 

《ゴルフ》

プレイ終了時に直接キャディさんに渡す。

【おまけのお話】

 

 

その① インドネシアのお金の種類

インドネシアのお金には、100,000、50,000、20,000、10,000、5,000、2,000、1,000の7種の紙幣と、1,000、500、200、100の4種の硬貨があります。

(ちなみに、おつりで返ってくるお札は基本的にくしゃくしゃ。笑)

 

まぁゼロが多いこと…。

慣れるまではお買い物する度、ゼロの数を指でなぞって数えていました。笑

そんな観光客の気持ちを知ってか知らでか、ゼロ3つを「K」の文字で省略して記載しているところも多く、特にレストランやカフェなどでよく見かけます。

Rp. 35kと書かれていたら、それは35,000ルピアということです。

 

また、紙幣・硬貨ともに、2016年にデザインがリニューアルされ、現在も新旧2種のデザインが出回っています。ニセ札ではないので安心してください。笑

 

その② チップではないけれど…

コンビニやローカルの商店のような小さなお店で買い物をした時、500ルピア以下の小さなおつりは返ってこないことが良くあります。

数字的に、「えーーー!ぼったくられたー!」と一瞬思ってしまいますが、4円にも満たない程の金額なので大目に見てあげてください。

その代わりに、小さなキャンディを一つ二つくれる時もあれば、

逆に小さな数字を切り捨てて会計してくれる時もあります。

 

ところ変わればお金事情も様々ですね。

海外を訪れる際は、事前にチェックして、お互い気持ちの良い旅にしましょう。

まとめ

  • バリ島では、チップは必須ではない。(ゴルフのみ必須)
  • それぞれの相場は10,000~50,000(ゴルフはRp.150,000~200,000)
  • 渡す方法はそれぞれだが、基本的にはサービスを受けた後
  • インドネシアのお金は、紙幣7種と硬貨4種。
  • 細かいおつりは返ってこないこともある

-バリ島, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

京都・伏見区にある羽束師の読み方は? 治安が悪いって本当?

京都の伏見区といえば、伏見稲荷大社が有名ですよね。   私も伏見区は京都の中でも好きな場所です。   京都は元々、都を意味しています。   平安京以来、1200年も長い歴 …

バリ島の雨季の観光ってどうなの? メリット&デメリットを徹底分析

    海外旅行の計画を立てる時、行き先の治安や物価もそうですが、その土地の季節や天候も旅のプランを左右する重要なポイントですよね。 インドネシア・バリ島は、乾季と雨季の2シーズン …

バリ島は今、中国人で溢れている!? マナーが悪いって本当?

  「爆買い」という言葉が日本の市場を騒がせたのは3年程前。   中国人観光客の増加で経済が潤う反面、彼らのマナーが問題視されたのも記憶に新しいですが、最近は、以前ほどの中国人観光 …

乗船者が語るピースボートあるある! 船内トラブルと注意点

    「地球一周の船旅」のキャッチコピーで知られるピースボート。 見ず知らずの大勢が、100日以上も、船という非日常的な環境の中で生活する。 もちろんトラブルの一つや二つは起こる …

ジャワ島に行こう!バリ島からの移動手段と料金&所要時間

海外旅行の目的地として人気のバリ島。 最近は、そのお隣のジャワ島も、観光地として注目されてきており、バリ島を訪れた際、ジャワ島まで足を延ばす観光客も少なくありません。 ビーチリゾート・バリ島とは180 …