ビーズステッチ 趣味

ビーズスティッチには色んな種類の糸がある! 使い分けやおすすめをご紹介!

投稿日:2019年5月13日 更新日:

ビーズスティッチには、色んな種類の糸があることはご存知ですか?

 

私も始めた頃は知らなかったのですが、糸の使い分けをするといいことを後々知ることになりました!

 

そんな今回は、ビーズステッチの糸とは何か、糸の種類や色、使い分け方法もお伝えしたいと思います。

 

そして私のオススメのビーズステッチの糸も紹介します。

ビーズステッチの糸とは

ビーズステッチの糸とは、ビーズステッチをするときに使用する糸のことです。

 

普通の手芸糸と何が違うのか簡単に言うと、丈夫なこと!

手で切れるような物を使うと、途中で切れてビーズがバラバラに散らかってしまうんです。(経験談)

 

こうなるとショックも大きいものです。

 

私がよく使うのは、ビーズステッチ糸という名で販売されている、ビーズステッチやビーズ刺繍、ビーズタッセルを作るのに向いている糸です。

 

この糸はビーズステッチのために開発された糸で、ナイロン100%でできています。

ナイロンで出来ているので滑りも良く、作るのもスムーズにできます。

 

しかし私は何度か途中で切れた経験もあります。

どうしても綺麗に作りたくて糸を引っ張ってしまうんです。

 

そんな私でも切れない糸もあるんですよ!

それが「ファイヤーライン」の糸です。

これは釣り糸として使われるもので、その細さと丈夫さでビーズステッチ愛好家から絶大な人気を得ています。

 

私もこれを使ってからは、いくら引っ張っても切れないので安心して作れます。

 

ナイロンの物と比べると滑りは悪いですが、切れる心配がないので大切なビーズを縫う時は愛用しています。

ビーズステッチの糸の種類

私のオススメはビーズステッチ糸とファイヤーラインでしたが、他にも種類は沢山あります。

 

ここでビーズステッチをする際に向いている糸には、どんな種類があるのかご紹介します。

 

まず古くからビーズステッチ愛好家に人気なのが「モノコード」です。


ビーズ用具 ビーズステッチ用品 モノコード #60 K2333/W 白 【メール便可】|ビーズ|用具|コード|ビーズステッチ用|

ナイロン製の糸で、ビーズステッチの中でもしっかりしたシート状の物を作る時に適しています。

糸が太めなので、しっかりビーズを拾うことができます。

 

ただ私の経験だと、とにかく固めで私には使いこなせませんでした。

でもシート状のしっかりしたタイプのビーズステッチをする時には向いているかもしれません。

 

続いては「デュラライン」の糸です。

ビーズファクトリー⇒

https://www.beadsfactory.co.jp/s/index.php?a=c_product_disp_item&item_type=3&page_type=2&item_cd=00040809

 

私はまだ使ったことがないですが、ファイヤーラインにも負けない丈夫さがある糸です。

 

表面が樹脂コーティングしてあるので、何度もビーズを通しても糸の滑りがいいそうです。

 

私も今使っているファイヤーラインがなくなったら、使ってみたい糸No.1ですね!

 

続いては「グリフィンビーズコード」の糸で、シルクでできた高級ジュエリーに使われるものです。


ビーズ用具 グリフィンビーズコード ブラック 【メール便可】|ビーズ|コード|シルク100%|

 

糸先にワイヤー針がついているので、ビーズが通しやすくなっています。

 

糸が見えるのがお洒落な糸なので、シンプルにパールなどと合わせるのに向いている糸ですね。

 

最後にご紹介するのは「C-lon ビーズスレッド」の糸です。


MIYUKIビーズスレッド C-LON #60 白 69メートル

 

これは細かいビーズに向いており、そして何より色の種類が豊富です。

 

高級ジュエリーにも使われていることから、世界中でファンがいる有名な糸ですね。

ビーズステッチの糸の色

ビーズステッチの糸は、昔に比べると豊富なカラーバリエーションがありますよね。

 

私は何にでも合わせやすい、透明な糸を愛用していますが、作るものによって色を変えています。

 

どうして色を変えるのかと言うと、ビーズのカラーが引き立って発色が良く見えるんです。

 

柄の物を編みたい時など、ぼやっとしがちですが、カラーの糸を使うと綺麗な仕上がりになります。

 

それに作品によっては糸も見えてしまうので、お洒落な色の糸を使うと、細かいところまでこだわりが見えて素敵ですよね。

まとめ

  • ビーズステッチの糸は丈夫!
  • ナイロン100%のビーズステッチ糸
  • オススメはファイヤーライン
  • 古くから使われていたのはモノコード
  • デュララインはファイヤーラインと同じ強度
  • グリファンビーズコードはシルク
  • C-lon ビーズスレッドは細かいビーズに向いている
  • ビーズステッチの際に色を使い分けると、細かい所までお洒落な作品になる

 

ビーズステッチには色んな糸の種類があることが分かりました。

私は2種類しか使ったことがなかったので、他にも試してみたいと思います。

 

何種類か試して自分の使い易い糸を見つけると、効率も上がって楽しく作れそうですね。

 

また糸の種類によって、作りたいアクセサリーの向き不向きもありそうなので真似してみたいと思います。

 

ぜひビーズステッチをした際は、糸にもこだわってみて下さい。

きっと今よりもやりやすくなりますよ。

-ビーズステッチ, 趣味

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者さんでもできる! ハンドメイドレジンアクセサリーを売るためのコツ6選!

今人気のレジンアクセサリー。   雑貨屋さんだけでなく、ハンドメイド作品として手作りしている人も多いですよね。   せっかく作ったんだし、綺麗に作れたから売ってみたい… …

ビーズスティッチって何から始める? 初心者向けの本、簡単にできる作品をご紹介します!

ビーズスティッチはご存知ですか? ハンドメイドアクセサリーでも、ビーズスティッチの作品は多数あります。   針と糸を使ってビーズを編んでいくので、文字や絵を描くことができるんですよね。 &n …

海外発の可愛いレジンアクセサリー作品おすすめ5選! 違った魅力も作品作りの参考にしましょう!

レジンアクセサリーって国内だけでなく、海外の作家さんも沢山おられますよね。   実はレジンは40年前から使われているほど、昔からあったんです。   国内の作家さんも素敵な作品が多く …

冬っぽいオススメのレジンアクセサリー! どのように季節感を出せば良い?

今流行りのレジンを使ったアクセサリー。 雑貨屋さんやハンドメイドアクセサリーでも、レジンを使ったものが多くなってきましたよね。   そんな今回は、これから迎える冬に向けてオススメしたいレジン …

グランピング初心者必読の冬の寒さ対策5選! オススメのグランピング場もお教えします!

どんどんと寒くなってきた今日この頃。   でも寒くなるにつれ空気は澄み、冬の夜空や自然を楽しむにはぴったりな季節になってきましたね。   そんな自然を味わうために、アウトドアでグラ …