Little story

ちょっとした雑学や役に立つ話を紹介するページです。

韓国ドラマ

まだ韓国ドラマを観た事のない初心者に贈る、韓国ドラマの魅力! 3選

投稿日:2018年10月5日 更新日:

最近、地上波での韓国ドラマ放送は、一時よりも少なくなりました。

 

ですが、冬ソナ以来、韓国ドラマの魅力にハマっている人は、まだまだ沢山いるのをご存知ですか?

 

最初は興味が無かった人も、何故か、見始めるとハマってしまう、それが韓国ドラマなんです。

 

かくいう私も、全然興味ありませんでした。

 

それよりも、どちらかというと、苦手な方でした。

 

でも、何故苦手だったのかというと、「知らなかった」のが一番大きな理由だったのだと、今では思っています。

その1・中毒性

一番最初に見たのは「冬のソナタ」でした。

 

名前くらいは知ってる人が多い「冬ソナ」ですが、放送当時偶然、TVで放送しているのを3話から見たのです。

 

日本のドラマかと思ったら、なんか、吹き替えに違和感があって、え?これ何?と思って見たのがきっかけでした。

 

それが、見終わった後、最初から見たくなって、前から「冬ソナ」面白いよ!と言ってたお隣さんにビデオを借りにいったのです。

 

お隣さんは、「私もまた見たいから、すぐ返して」と言って貸してくれました。

 

普通、ドラマは1回見れば終わりで、そんなに何度も見るものでは無い、と思っていたのに、「冬ソナ」は違っていました。

 

私も、最終回を見たら、とたんにまた1話から繰り返し、見たくなっていました。

 

この中毒性は、どこから来ているのでしょう?

 

子どもは、好きなアニメなどを繰り返し何度も見たりしますが、まさか、大人になってそんな事が起こるとは思っていませんでした。

 

お隣さんにビデオを返したけれど、すぐにまた見たくなった私は、他の友人がDVDを持ってるのを知って、雨の夜に車を走らせてまで、借りに行きました。

 

そして、たて続けに5~6回は見たでしょうか・・・!?

 

そんな中毒性が、韓国ドラマにはあります。

 

何故夢中になってしまうのか?その後わかってきた事ですが、もしかしたらそれは、ほとんどリアルタイムに近い、撮影方法にあるのかもしれません。

 

日本のドラマでは考えられませんが、韓国ドラマは、最終回放送のその日に、最終回の撮影があったりするのです。

 

ネット社会の韓国は、ドラマの内容も、ネットの評価で変わったりするので、それで脚本がぎりぎりになるのだそうです。

 

そして、放送時間内にCMがなく、ノンストップな事と、週に2回連続の放送で、たいてい20話や24話と、日本のドラマでは終わっている後に、二転三転するからかもしれません。

その2・俳優にハマる

その後、猛烈にハマって見たのは、これも名前くらいは知ってる人も多い「チャン・グンソク」の出世作「美男(イケメン)ですね」でした。

 

この時、チャン・グンソクは、まだ二十歳そこそこでしたが、その前に出ていた時代劇の「快刀ホン・ギルドン」で妖艶な元王子の役をやったり、「ファン・ジニ」で主人公の妓生の初恋の相手役をやっていて、この子、後で化けるだろうな!と思って注目していた訳なのです。

 

地上波で放送する前に、彼が主演と知って、見よう!と思ってはいたのですが、たまたま5話まで無料放送で見れて、その続きが見たくて、毎晩夜中まで娘とYouTubeを検索して見ました。

 

娘と私は、好みは全然違うので、押す俳優は全然別なのですが、その辺も、うまく少女漫画のように、タイプの違うキャラクターが登場するのが良いのかもしれません。

 

そして韓国ドラマは、集中して撮影するせいなのか?俳優の役への入り込み方がすごいのです。

 

初めて、地上波フジテレビで放送された時に、今まで韓国ドラマにハマった事のなかった人たちが、かなりドハマりしたものです。

 

このフジテレビ放送の時は、本編の後に、主演のチャン・グンソクとパク・シネ本人がコメントを言うコーナーがあったのですが、ここで出ているチャン・グンソクと、本編の彼が、同一人物だとは気付かない人もいた程、役で別人になるのです。

 

そして「美男ですね」は明るめのラブコメ路線の上、バンドメンバーの話で、音楽もウケたので、それまでの韓国ドラマとは、ちょっと違うパターンの人にも人気が出たのでしょう。

 

と、いうのも、韓国ドラマには、結構復讐ものも多くて、暗いドラマも多いからです。

 

私は、その手のドラマは好きじゃなくて、はじめは見ましたが、わざわざ時間かけて、暗くなるドラマは見たくなかったですね。

 

韓国ドラマを見ずに、嫌いと思っている人の中には、そういうタイプの人もいるかもしれません。

その3・ギャップ萌え

韓国ドラマは不思議なのですが、歌手が必ずと言って良いほど、たいていの作品に一人は出演しています。

 

そして、不思議ですが、歌手はドラマ出演するけど、俳優は音楽番組には、まず出れません。

 

あ、司会者としては出ますが、日本は俳優でもCD出しますが、韓国では、まず有り得ないみたいなんですね。

 

それで、前出のチャン・グンソクは、韓国では俳優でCD出せないので、日本で出しています。

 

それはともかく、歌手として音楽番組に出てる時と、役者としてドラマに出てる時とでは、ものすごいギャップがあるのです。

 

日本のドラマで、歌手が出演する時は、そんなに変な役じゃないような気がしますが、韓国ドラマの歌手は、主役の時ももちろんあるし、情けない役ばかりでもないのですが、歌ってるところをちょっと見てしまうと、びっくりする位、格好良いので、驚かされる事が多いのです。

 

韓国で歌手デビューしようと思ったら、十何年という歳月を、練習生として過ごすことが多いので、もしかしたら、それだけ、トレーニングを積んでいるからかもしれません。

まとめ

・韓国ドラマは、日本のドラマの倍の話数で、たいてい週二回放送で集中して撮影されるせいか、中毒性が高いのです。

 

・その為もあってか、俳優も、役への入り込みが凄いので、最初は何ともなく思った俳優が、すごく素敵に見えてくるのです。

 

・K-POPの歌手もよく俳優として出演しますが、その歌手の時とのギャップが凄いので、それで、また惹きつけられます。

 

韓国ドラマ、もしかしたら毛嫌いされている方もいるかと思いますが、ご自分の好きそうなジャンルのドラマを、ぜひ見てみてください。

 

ただ、地上波で放送されているものは、ドラマの尺が日本とは全く違うために、たいてい1/4はカットされていますから、変な所で切れたり、話の繋がりがおかしかったりする事があります。

 

それが嫌な方は、ぜひレンタルDVD等を試してみる事もおススメします。

 

-韓国ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

韓国ドラマの時代劇、私がハマったおすすめベスト5!

韓国ドラマには、正統派歴史ドラマともいうべき時代劇と、フュージョン時代劇と言われたりする、ちょっと現代調の時代劇、それから、タイムスリップもので、現代と時代劇が交互に出てくるものなど、時代劇といっても …

韓国ドラマを夫も一緒に楽しむために!男性にもおススメのドラマは?

韓国ドラマにハマってる奥様、まだまだいらっしゃると思います。   ご主人さまは、なかなか見るヒマがなかったり、先入観念があって、見ないままでノーサンキューという方も多いのではないでしょうか。 …

韓国ドラマで見た事ある筈!? 韓国あるある7選! 韓流ドラマを通じて韓国文化に詳しくなれるかも?

今まで、沢山韓国ドラマを見てきました。   同じお米を食べる、黄色人種の韓国と日本ですが、ドラマを見ると、びっくりする事も沢山あります。   似ているようで、全く違う国、韓国。 & …

韓国ドラマにハマった私の、恋愛ものおすすめ、勝手なベスト10

冬ソナから韓国ドラマにハマったお陰で、有料チャンネルを見るために、新聞を解約した事のある、そんな主婦な私です。   ヨン様作品は全部見たけれど、暗いのが嫌で、何か明るい韓国ドラマは?と探して …