Little story

ちょっとした雑学や役に立つ話を紹介するページです。

生活 育児

子供が学習障害かもしれない?! この子の進路はどうなるの?!

投稿日:2018年10月25日 更新日:

お子さんがもし、学習障害かも?と思われるような時、親御さんは、将来についてもとても心配になるのではないでしょうか。

 

今でこそ、学習障害とか発達障害とかよく聞くようになりましたが、10数年前には、まだあまり一般的ではありませんでした。

 

このころ、中学生だった長男は全然勉強についていけず、成績表は見事に1か2で、学校ではずっと寝てた、と途中で知りました。

 

当時は、この子に入れる高校があるのかしら?と、心配しましたが、今ではなんとか社会人として働いてくれています。

 

そんな経験が、今悩んでいるお母さまたちに、何かの参考になれば、と思います。

早く知ることで、出来ることも

 

現在では、発達障害や、学習障害という名前が世間に認知されていますから、もし不安な症状があったら、早めに相談する窓口もあります。

 

ただ、「障害」という事で躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。

 

けれど、学習障害の場合は、特に知的障害が無いのに、読む、書く、計算や推論などが極端に苦手だったりする、脳の発達のでこぼこだと言われています。

 

気軽に、市の子育て支援センターや、学校の保険室、支援学級の先生などに相談されてみると良いと思います。

 

色々な学習塾のようなところで、学習障害の子の対応をしてくれるところもあるようです。

 

それに、その子の苦手な所がわかる事で、どのような対応をしたら、より良いかがわかると、ただやみくもに怒ったりしなくて良くなりますよ。

みんな違って、みんな良いと思うこと

 日本人は特に「ふつう」が良い、みんなと同じだと安心、という感覚が多いようなので、我が子がちょっと「違う」事に戸惑う方もあると思います。

 

息子の場合は、結局グレーだと言われたのですが、そんな人は結構多いのだと思います。

 

考えてみたら、夫も私も、どこかグレーだろうと思われますし、もしかしたら全部標準の人間なんていないのかもしれません。

 

どこからが障害で、どこからが普通?という考えも、おかしなものですし。

 

脳だって五感の感覚だって、本当は全員違うかもしれない訳です。

 

同じ葉っぱの色が、自分と人の見てる「緑色」が完全に同じ緑かどうか?は比較する事はできない訳で、もしかしたら少しずつ全員違う可能性だってありますよね。

 

それでとにかく、自分は「エジソンの母だ」と、思うことにしました。

 

どの子も違うし、どの子も無限の可能性は持ってるはずです。

 

そのように、ちょっと「見かた」を変えることで、息子を追い詰めることなく、対応できたのでは?と思います。

どのような進路がある?

 

息子の場合は、私立の高校でしたが、小学校程度から戻って、丁寧に教えてくれる学校と出会いました。

 

漢字検定や英語検定や、簿記検定やパソコン検定なども、次々と「受かるまで」繰り返し面倒みてくださる学校のお陰で、ゲーム感覚で次々と合格できていきました。

 

中学生の時に「You」のスペルが書けなかったり、小学校2年生の漢字も書けない子に、しかも「困ってない」子に、一体どうやって勉強の意欲を持たせてくれたのか、不思議でした。

 

普通高校ではなく、「サポート校」に近い学校でしたが、いま、色々な特徴の学校がありますから、その子にあった学校に、探したらきっと出会えると思います。

 

そして無事に彼の行きたいと希望した専門学校にも進めました。

 

まあ、独特の感覚の子なので、「いい大学」「いい企業」という世間の常識の範疇にはないかもしれません。

 

けれど、それが本当にその人の「幸福」なのかどうかはわからない訳です。

 

彼が彼らしく、「生まれてきて良かった」と、思って過ごせるように、見守るのも母の役目かなと思っています。

 

親の思っていた「レール」とは違うかもしれません。

 

けれど、長い目で見た時に、本当に「レールに乗せる」のがその子の為だったかどうか?はわかりませんから、早めにそれが出来なくて、良かったのかもしれません。

まとめ

 

・子供が学習障害かもしれない?と気づいたら、早めに専門の機関で調べてもらいましょう。

 

どこに相談に行って良いかわからなければ、市の保険センターなどの窓口もあります。

 

・対応がわかった方が怒らずに済みますが、困った事と思わずに、一人一人が皆違うのだと知る事で、子供を追い詰めずにすみます。

 

・今は、色々な特色のある学校が増えていますので、その子に合った学校がきっとあります。

 

あきらめずに探してみましょう。

 

「普通」が良いと思いがちですが、全部が普通、という事はあり得ません。

 

ちょっとでこぼこの我が子は、逆をいえば、天才の部分もあるという事です。

 

良い部分も沢山ありますから、ぜひ探してあげてくださいね!

-生活, 育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

机でうつ伏せに寝たら腕がしびれてしまった! 原因と対策は? 快適に寝るコツも教えます!

働きすぎと言われている日本人。 朝早くに満員電車に揺られて出社し、ハードワークをこなして、 帰宅するのは0時近く、という人も多いでしょう。   私も、営業をしていた頃は、 お客様の都合に合わ …

幼稚園の園長に直接苦情・不満を言いたい時, どうクレームを出せばよい? 上手な出し方とは?     

幼稚園に大事な我が子を預けている保護者は、多かれ少なかれ、園に対して疑問や不満に思うことがあると思います。   それを、直接園長に相談する人もいれば、黙っている人もいるでしょう。 &nbsp …

子供がフィギュアスケートを習い始めるには何歳までならいい? 有名選手の習い始めた年齢から検証しました!

子どもが習い事を始める年齢には、それぞれに一番良いタイミングがあります。   例えば、プロサッカーの選手を目指すなら、12歳までに始めないとダメと言われます。12歳までの子どもを「ゴールデン …

冷凍食品って赤ちゃんにいつから、何を食べさせていいの?? オススメの冷凍食品とは?

わたしはもうすぐ2か月になる子の新米ママです。 まだまだ先のことになりますが、離乳食ちゃんと作れるかな?と不安で、いろんな本を読んで勉強中をしています。   ママさんたちは大体5か月頃からス …

ローソン100(100円ローソン)が安い4つの理由! 100円で販売できる意外な仕組みとは・・・?

あなたのおうちの近くには、どこのコンビニがありますか?   私の家は、ローソンが最寄りのコンビニです。 ポンタポイントやdポイントもたまって、 パンのシールを集めたらお皿とかもらえて 結構す …