生活 食事

朝ごはんを食べないとお腹がならないのは本当? 他にも対策はある?

投稿日:2019年6月19日 更新日:

皆さんは、空腹になった時お腹が「グーグー」なって、恥ずかしい思いをした、という経験はありますか。

 

お腹が空くと、なぜお腹がなるのでしょうか。お腹がならない方法はあるのでしょうか。

 

朝ごはんを食べないとお腹がならない、というのは本当でしょうか。

 

お腹がなる音をどうにかしたい!という人のために、お腹がならない対策についてご紹介しましょう。

そもそもどうしてどうしてお腹がなるの?

皆さんは、どうしてお腹がなるかをご存知ですか?

 

健康な場合は、空腹になると胃が収縮し、それを受け取った小腸が次々と収縮します。

 

これを空腹期収縮と言います。

 

この時、小腸は大きく動き、次から次へと中にあるものを絞り出すようにお腹の中のものと運びます。

 

蠕動運動によって、お腹の中のものが空っぽになると、お腹が「グーグー」なり始めます。

 

グーグーなるのは恥ずかしい、でも太りたくないと、糖質のカロリーがほとんどない蒟蒻や寒天で、お腹を膨らませる人がいますね。

 

カロリーや糖質がなくても、お腹がふくらめば満腹と感じます。

 

しかし、本当にそれでお腹がいっぱいになっていますか?

 

何時間も我慢できますか。

 

すぐお腹が空いてしまうのではないでしょうか。

 

それは、お腹が膨らむことだけでは、糖質のカロリーを含まない蒟蒻などでは、血糖値が上がることはありません。

 

私たちの体は、血糖値が上がることで、脳が満腹を感じるようになっています。

 

満腹中枢が刺激されて、脳からお腹がいっぱいという信号が出されます。

 

糖質を含まない、蒟蒻や寒天では、脳は満腹にはなりませんね。

 

お腹の中は一時的に満腹になっても、血糖値の上昇を確認していないため、脳は空腹のままです。

 

血液中のブドウ糖と遊離脂肪酸の濃度が下がると、空腹を感じます。

 

逆に、血液中のブドウ糖と遊離脂肪酸の濃度が上がると、満腹を感じます。

 

空腹を感じるのは、お腹が空っぽになるだけでなく、血糖値が下がることも原因になります。

 

私たち人間は、生きるために、健康を保つために食べます。

 

そして、糖質を摂ることで脳が働きます。

 

人間は脳が働かないと、生きていくことができません。

 

そこで、糖質が不足して血糖値が下がると、飢餓中枢という神経が刺激され、脳が何か食べ物を摂るように警鐘をならします。

 

脳が警鐘をならすのは、肝臓に蓄えられた糖のグリコーゲンがなくなる、食後およそ4~7時間後になります。

 

しかし、それだけでは糖質ダイエットをしたり、ファスティングをする人は、ずっとお腹がグーグーなり続けて、困ってしまいますね。

 

どうして大丈夫なのでしょうか。

朝ごはんを食べないとお腹がならないのは本当?

朝ごはんを食べないとお腹がならない、というお話がありますが、それは本当でしょうか。

 

確かに、午前中に健康診断で朝ごはんを抜くように言われても、お昼までお腹がならないということは良くあります。

 

それは、内臓の働きが鈍るからと言われています。

 

お腹の中にあるものを胃から小腸へ運ぶときの、蠕動運動は、食後4~7時間目のため、夕飯の後にお腹がなるのは、ちょうど夜中の2時頃になります。

 

お腹の中では、夜眠っている時に、グーグーとなることになっていますが、ほとんどの人は睡眠中ですね。

 

そのため、朝起きたときには、すでにお腹がなるタイミングを過ぎています。

 

お腹はすっかり空っぽで、内臓の動きは鈍っているため、グーグーなることはありません。

 

そのまま、食事を摂らずに水分だけで過ごしても大丈夫という人もいます。

 

確かに、朝ごはんを食べないとお腹がならないということは、あるようです。

 

しかし、それだけでは痩せることにはつながるわけではありません。

 

また、誰でもお腹がならないということではありません。

 

それでは、どんな人は朝ごはんを食べないと、お腹がなってしまうのでしょうか。

 

朝ごはんをしっかり食べないといけないのは、どんな人でしょうか。

成長期にはススメない! 朝ごはんを食べないという方法

お腹がなるのが嫌だと朝ご飯を抜いても、お腹がなる人はなってしまいます。

 

成長期の中高生や若い人は朝ご飯を抜いても、食べてもお腹がなる時はなります。

 

中高生は、学校で勉強をしたり運動をしたりと、身体も脳も使います。

 

若くて健康なため、朝ごはんを抜くくらいでは内臓の動きが鈍ることはありません。

 

朝ごはんを食べないとお腹がならない、という人の中には子供もいます。

 

こういった子供の中にも、家庭の事情で朝ごはんを食べることができず、長年の習慣になってしまっています。

 

習慣になっていると、朝ご飯を食べなくても空腹を感じることがなく、お腹がなりません。

 

しかし、子供の時から朝ごはんを食べないため、充分な成長ができないこともあります。

 

朝ご飯を食べることは、子供の成長に大切です。

 

お腹がなるのが嫌だからと、朝ご飯を食べないということは病めましょう。

 

中高生の中には、夜遅くまで勉強をしているため夜中に夜食を食べるという習慣のある人もいます。

 

夜中に食べてしまうため、朝起きたときに食べられないということがあります。

 

朝ごはんの時に、まだ空腹を感じないためです。

 

昼夜逆転の人ですね。

 

成長期の時に、昼夜逆転生活をしていると、体内時計がアンバランスになってしまい太りやすくなります。

 

さらに、疲れやすくなります。

 

血糖値がバランスよく働くことができないため、危険な病気になるかもしれません。

 

必要な睡眠時間も確保されていないため、身長が伸びるための、成長ホルモンの分泌も悪くなります。

 

しっかりと背が伸びないだけでなく、肥満になることもあります。

 

確かに、朝は空腹を感じないためお腹はなりませんが、中途半端な時間に空腹になり、起きて数時間後に急激にお腹がなってしまうことがあります。

 

健康な成長期の中高生は、朝ご飯を抜いても、食べてもお腹はなります。

 

成長期の子供に、朝ご飯を抜いてお腹がならないようにする、という方法はおススメできません。

 

違う方法で、お昼より少し前の時間を過ごしましょう。

こうすればお腹がならない! 若い人にオススメの方法

お腹がなることが一番気になるのは、やはり中高生や若い世代の人ではないでしょうか。

 

私たちは、食べなくても空腹にならないことがあります。

 

よくあるのは、体調が悪くて食欲がない時です。

 

食事をしてから何時間も経ってしまっていても、空腹を感じることがありません。

 

それは、体調を崩すことで胃腸の働きも悪くなるからです。

 

しかし、病気はイレギュラーな場合のため、参考にはなりませんね。

 

それでは、普段の生活で空腹を感じない時はどんな時でしょうか。

 

私たちは何かに夢中になっている時、空腹を感じないことがあります。

 

夢中になってゲームをしたり、本を読んでいると食事をすることを忘れてしまうこともありますね。

 

脳の飢餓中枢という空腹を感じる場所が、他のことに夢中になっていることで、ブロックされているからだと言います。

 

学校の授業でも、苦手な教科の時はお腹がなるのに、大好きな教科の時にはならない、ということもあります。

 

仕事をしている人は、退屈な会議の時にお腹がなってしまうけれど、好きな仕事をしていると空腹を忘れて続けてしまう、という経験はありませんか。

 

気がつくと昼を回ってしまうこともあります。

 

私たちは、好きなことに夢中になっていると、空腹を感じないため、お腹がならないようです。

 

実は、ストレスで食べられない時も同じことです。

 

頭の中が悩みでいっぱいの時も、お腹が空かないということになります。

 

この時も、飢餓中枢がブロックされてしまっているからということです。

 

そこで、お腹がなりそうな時は、楽しいことを考えてみましょう。

 

「そんなことは無理!だって3時間目は苦手な数学だから」という人は、好きな人のことを考えると良いということです。

 

授業中や仕事中に、好きな人のことを考えるのは、不謹慎かもしれませんが。

 

軽く運動をするのもオススメです。

 

なぜ、運動?と不思議に思いましたか?

 

実は、15分ほど軽い運動をすると体に蓄積されている脂肪が糖に分解されてエネルギーになります。

 

この時、一時的に下がった血糖値を上げることができます。

 

社会人なら、少し歩いて外に出かけるような仕事を受けるのも良いですね。

 

血糖値が上がると、満腹中枢が刺激されます。

 

そのため、空腹を感じないようになります。

 

体育の授業で、しっかり運動をするとお腹がさらに空いてしまいますが、軽い運動くらいならむしろお腹がなることを防ぐことができます。

 

移動教室の時に、階段を上がり下りするのは良いかもしれません。

 

大きく深呼吸をして、背伸びをする、ストレッチをするのも良いと言います。

 

仕事の合間にちょっとストレッチしてみましょう。

 

学生は、机の下で足をバタバタしても良いかもしれません。

 

お腹がなりそうな時に、グッとお腹に力を入れるという人もいます。

 

しかし、色々な方法をやってみても、意外とお腹がなってしまう人はなってしまいます。

 

中には、わざと咳払いをしたり、椅子を動かして音を出してごまかすという人もいます。

結局、お腹がなるのを防ぐには、朝ごはんをしっかり食べるのが一番!

お腹がなるのを防ぐ、一番の方法は「朝ごはんをしっかり食べる」ことです。

 

ここで、しっかり食べると言っても、食べすぎたり、糖質を摂りすぎないことが大切です。

 

朝ごはんをしっかり食べているのに、お腹が空いてなってしまう人には、「菓子パン」を食べている人がいます。

 

菓子パンは、1個当たりの糖質が多く、カロリーも高くなります。

 

甘い菓子パンは1個では物足りないからと、2個、3個食べてしまう人もいます。

 

しかし、糖質の量はご飯の数倍になります。

 

お腹がなることを防ぐために、お腹いっぱいに食べすぎるのも、糖質の摂りすぎになります。

 

血糖値が上がるのは良いのですが、上がりすぎると、通常よりもインスリンが分泌されてしまいます。

 

過剰に分泌されたインスリンによって、血糖値が下がる時間が腹八分目のごはんを食べた時よりも、空腹になるのが早くなります。

 

ご飯よりもパンの方が、お腹がなりやすいということです。

 

そこで、朝ご飯はパンやコーヒー、肉類よりも、消化が良く刺激が少ないご飯や野菜、魚などを食べましょう。

 

朝ご飯だけでなく、夕飯やお昼ご飯の時間を、ある程度決めた時間に決めた量食べるというのを習慣化するのも大切です。

 

遅すぎる夕飯は、朝ご飯が食べられない原因になります。

 

また、多すぎる間食も、夕飯が遅くなる原因になります。

 

できるだけ、定期的に時間を決めて、1日3食を摂ることを心がけると、お腹がなることを防ぐだけでなく、肥満を防止することもできます。

まとめ

・朝ごはんを食べないと、お腹がならないという人もいますが、すべての人がならないということではありません。

 

・成長期の人は、朝ごはんを食べないという方法はオススメしません。

 

・若い人は、お腹がなりそうになったら、好きなことを考えたり、体を軽く動かしましょう。

 

・お腹に力を入れるという方法もあります。

 

・お腹がならない一番の方法は、腹八分目の刺激が少なく消化の良い朝ごはんを食べることです。

 

朝ごはんを食べないとお腹がならない、空腹を感じないという人もいますが、それは決して健康に良いわけではありまん。

 

やはり一番良いのは、しっかりと朝ごはんを食べることですね。

-生活, 食事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホテルの絨毯に水をこぼして汚してしまった! 弁償の必要はある? 対処法を教えます!

皆さんは、ホテルなど宿泊施設で泊まった際、宿泊施設の中の絨毯に水をこぼしてしまったことってありますか。   私は小さいころホテルの絨毯に水ではなくよりにもよって醤油をこぼしてしまい、母親に本 …

収れん火災の仕組みと対策とは? すりガラスが有効? 窓際の花瓶にご用心!

皆さんは、「収れん火災」をご存知でしょうか。   収れん火災とは、ガラスなどの透明なものが太陽光を集め、近くの可燃物に太陽光が当たり火がつくという火災です。   今回は、収れん火災 …

夏の暑い時にはシャツを重ね着したほうが涼しい!? 意外なメリットとは?

じりじりと暑さの厳しい夏は汗もかきますし、できるだけ薄着で過ごしたいと考えてしまいます。   しかし、実はシャツの重ね着をしたほうが涼しく、快適に過ごすことができます。   意外な …

彼氏の顔文字・絵文字に「イラッ」「気持ち悪い」と感じる瞬間! 使い方には要注意!

憧れだった男の子と付き合えることになって 彼氏ができて毎日うきうき♪   どこ行こうかな~とか おそろいで何か買いたいな~とか ショートとロングどっちが好きかな~とか 彼氏のことを考えるだけ …

コンビニでの送り状の貰い方は? セブン, ローソン, ファミマ, ミニストップ, ニューデイズ…お店ごとに徹底解説!

宅急便で荷物を送るとき、かならず必要になるのが送り状。   送り先や送り主の住所、名前、電話番号、荷物の中身など、 記載することがかなりたくさん。   さらに、送る荷物がたくさんあ …