歯医者

歯医者に行きたくない! 行かないといけないのは分かってるけど… 克服する方法はある?

投稿日:2019年5月1日 更新日:

ヒトは面倒なことや嫌なことの代わりに別のことを考えようとするため、自然と嫌なことや苦手なことを回避しながら生活しています。

 

歯科医院が嫌い、行きたくない人はみなさんが思ってる以上に実は多いです。

 

単純に歯科医院を受診することが面倒くさいだけの人もいれば、軽度から重度の歯科恐怖症の人など、人によって理由はさまざまです。

 

そのため、歯科医院を克服をすることにも時間に個人差がありますが、焦らずゆっくり、自身のペースでも大丈夫です。

 

克服するためのコツについて、元歯科衛生士が説明します。

歯科医院が嫌い・行きたくない理由

私が以前の口腔外科専門の歯科医院に勤めており、歯科医院が嫌い、怖い、などの不安や恐怖心を抱えた患者さんと多く接してきました。

 

また、歯科医院を受診することが面倒で長年放置し続けてきた人も少なからずいました。

 

上記にも記載したとおり、歯科医院が嫌な理由は人によってさまざまです。

 

歯科恐怖症の人に関しては主に歯科医院に対するトラウマが深く関係しており、そのトラウマによる不安や恐怖心から、めまいや動悸、吐き気をなどを伴う歯科恐怖症を引き起こす場合もあります。

 

トラウマのなかでも、過去の治療中に受けた痛み、痛くて手を挙げても応じてもらうことができなかったり、雑な治療を受けた経験からトラウマになっているケースが非常に多いです。

 

また、医師や歯科衛生士から強く注意を受けたり、口のなかの状態を見て笑われたり呆れられたりといった精神的なトラウマを抱えている人も多いです。

 

歯科医院が好きな人はいません。

 

私自身、大きな歯の治療の経験はありませんが、定期的なクリーニングの際の歯に響く超音波の独特な感覚は嫌いです。

歯医者を克服するためにできること

はじめに歯科医院に行かなきゃいけないと思いつつも、行けない理由をしっかり把握することが大切です。

 

上記にも記載したとおり、歯科医院が嫌いな理由や行きたくない理由はさまざまです。

 

おそらく、歯科医院に行かなきゃと思う理由は、何かしらの症状や不調があり悩んでいるからではないでしょうか?

 

歯科医院に行かなきゃと思えたことは大きな一歩です。

 

では、嫌いな歯科医院を克服するためにできることを下記に記載していきます。

 

伝えること

 

歯科医院を受診する際に、思いきって歯医者が嫌いで怖いことを伝え相談することが大切です。

 

最近は、痛みをなるべく感じない治療法で行われており、音の出にくい機械や笑気ガスを導入している歯科医院もあるので、ひとりひとりに合わせたやり方で治療することが可能になりました。

 

歯科医院が嫌い、行きたくないと思う歯科恐怖症は誰にでも起こることです。

 

珍しいことではないので、ひとりで抱え込まないで歯科医師や歯科衛生士としっかりと相談して少しずつ歯科医院に慣れるようにしましょう。

 

小児歯科を扱う歯科医院を受診する

 

小児歯科を扱う歯科医院や小児歯科専門の歯科医院へ歯科恐怖症について相談をしたうえで受診するようにしましょう。

 

小児歯科を扱う歯科医院は外装や内装が子供向けになっていることが多く、歯科医師や歯科衛生士の雰囲気も子供受けが良い優しい人が多いので、普通の歯科医院より比較的に受け入れやすい環境に整えられています。

 

また、小さな子供が頑張って歯科治療を行っている様子を見ると少しだけ勇気もわきます。

 

虫歯にならないためにもクリーニングへ通う

 

虫歯になると治療のために必然的に歯科医院に行く回数は増えてしまいます。

 

虫歯など口のなかに問題さえなければ、半年に1回だけの定期検診だけで済みます。

 

極論ですか、虫歯にならないように、食生活と歯磨きケアを徹底的に行い嫌いな歯科医院に最低限しか行かなくてもいいようにすれば問題はありません。

 

虫歯になって、月に何度も歯科医院に通うくらいなら、半年に1度のクリーニングに通うほうが気持ち的にも楽かと思います。

 

自宅もしくは会社から近い歯科医院を受診する

 

歯科医院を受診することが面倒だと感じている人は自宅や会社から近い歯科医院を受診することがおすすめです。

 

自宅や会社とは違う方向に歯科医院を受診することは、誰でも面倒だと感じます。

 

私は、面倒よりも移動に時間を取られることが嫌いなので、病院なども含めて最低でも車で20分以内で行ける場所や自分が主に通る道沿いにある場所をあえて選んでいます。

 

会社から自宅方向に向かう帰りの道沿いに歯科医院があれば会社帰りにも受診することができるので尚更おすすめです。

まとめ

  • 歯科医院が嫌な理由はさまざまな理由がある。
  • 歯科恐怖症の人は、主に歯科医院に対するトラウマが深く関係している。
  • 歯科恐怖症には、めまいや動悸、吐き気をなどを伴うケースがある。
  • 歯科医院が嫌い、行きたくない理由をしっかり把握することが大切である。
  • 歯科医院が嫌い、苦手ということを伝えて歯科医師や歯科衛生士に相談する。
  • 虫歯など問題がおきないように管理を徹底する。
  • 自宅や会社から近くの歯科医院を探すと便利。

 

嫌なこと、面倒なことから自然と回避してしまいますが、回避することにも限界は来ます。

 

克服したいと少しでも考えているのであれば、今がチャンスです。

 

嫌いなこと、面倒なことが1つでも克服することが出来れば、今後の自信にもつながるので是非試してみてください。

-歯医者

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤ちゃんは歯医者にいつから行けばいいの? 元歯科衛生士が解説します!

赤ちゃんの歯は、妊娠7週目(妊娠2カ月)頃から乳歯の芽がつくられ、妊娠12週目(妊娠4カ月)頃から永久歯の芽がつくられ始めます。   成長には個人差がありますが、いつから歯磨きを行えばよいよ …

歯医者で行われるラバーダムは痛い? 苦しい? 保険は適応出来るの? 元歯科衛生士が解説します!

歯科医院で使われている防湿法の一つ、ラバーダム防湿法は何の目的の為に、どんな治療で使われているのか、メリット、デメリットを踏まえて元歯科衛生士が説明します。 ラバーダム防湿法の必要性 食生活や生活習慣 …

歯医者は予約なしに当日に行っても治療できる?急でも大丈夫? 歯科医院は迷惑? 元歯科衛生士が解説します!

歯科医院のほとんどは予約制が多いですが、突然、歯が痛くなってしまった、歯がしみるようになってしまった時、どうしたら良いのか迷ってしまうかと思います。 そんなもしもの時の参考に、元歯科衛生士が説明します …

ラポール(信頼関係)の形成を行う方法! 歯医者の場合はどうするの?

ラポールの形成は、仕事やプライベートのも使えるコミュニケーション技術です。 歯科の場合は、治療を行うにも患者の協力が必要なため、ラポールの形成は重要なものとされています。 ラポールの形成を行うためのテ …

歯医者に木曜休みが多い理由って? なぜ平日にも休むの? 元歯科衛生士が解説します!

歯が痛くて歯科医院に行きたいのに、木曜休診で困った経験はありませんか? 一般的に多くの歯科医院が、木曜休診の体制を取っているかと思います。 その木曜休診は何のために存在するのか、それは必要な休みなのか …