Little story

ちょっとした雑学や役に立つ話を紹介するページです。

幼稚園 育児

幼稚園の先生が自分の子どもを同じ園に入れるのはアリ? 注意点やメリット・デメリットとは? 元保育士が解説します!

投稿日:2018年9月22日 更新日:

幼稚園教諭として働いているみなさん。

我が子が入園できる年齢になったらどうしますか?

 

「今は保育園に預けているけど、自分のいる幼稚園に入園させようかな」

「それとも、このまま保育園に預けようかな」

と、迷っている人はいませんか?

 

実際に幼稚園の先生で、自分の子どもを同じ幼稚園に通わせている人はいますよね。

でも、自分が働いている園にはそういう人がいないから、どうしたらいいのかわからない!という人もいると思います。

 

「同じ園だとやりにくくないのかな」

「子どもは幼稚園で親のこと、なんて呼んでいるんだろう」

「ほかの先生や保護者はどう思っているのかな」

など、気になることもたくさんありますよね。

 

元幼稚園教諭で、自分の子どもを同じ園に通わせている先生を何人か見てきた私が、様々な疑問にお答えしていきたいと思います。

働いている幼稚園に自分の子どもを入園させるのはよくあること?

私が働いていた幼稚園では、園長のほうから、入園させないか?と話をしていましたし、ほかの園でも割とよくあることだと思います。

 

自分の子どもを同じ園に入園させれば、園の情報や担任の先生のことをよく知っていますし、怪我や病気の時も近くにいてすぐに対応できるので安心ですよね。

 

ただ、やはりメリットばかりではなく、仕事中に我が子のことが気になってしまったり、行事の時は自分の仕事もあるので、ゆっくり見れなかったりと、デメリットもあります。

 

ほかの先生や保護者に気を使うこともあると思います。

 

もし、我が子を自分のいる園に入れようか迷っているのであれば、こういったメリット、デメリットをよく考えてみましょう。

 

入園させてから、「こんなはずじゃなかった!」と思っても遅いですからね。

 

では、もし入園させるなら、どんなことに気をつければいいのでしょう。

幼稚園の先生が自分の子供を同じ園に入れるときに注意するべきこととは?

入園させることになったら、大体の場合は自分の子どもの担任にならないよう、園で配慮してくれると思います。

 

それでも、園全体の行事などで会うことはよくあるでしょう。

 

特に年少の初め頃は、お母さんのいるクラスに行きたがったり、姿を見かければ追いかけて行ってしまったりということがあるかもしれません。

 

そうすると、担任の先生も困ってしまいます。

なので、園では「先生」、家では「お母さん」と区別がつけられるよう、入園前にしっかり話しておいたほうが良いかもしれませんね。

 

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくればすぐに理解できるようになりますよ。

 

私のいた園で、自分の子どもを通わせていた先生は、幼稚園にいる間は子どもにも「先生」と呼ばせていました。

 

また、特別扱いしていると思われないよう、自分の子どもとはなるべく関わらないようにしていましたね。

行事などで保護者も集まる時には、特に気を使っていたと思います。

 

とはいえ、ほかの保護者も、先生の子どもがいることを気にしている人はほとんどいなかったですよ。

幼稚園の先生がもし他の先生の子どもを受け持ったら

正直、気を使うと思います。

 

これは私も経験したことがありますが、私の場合は、同僚の先生の子どもであり園長の孫でもあったので、すごく気を使いましたし、やりにくかったですね。

 

運動会や生活発表会などの行事では、リレーの選手や園児代表、劇の主役、合奏でのメイン楽器担当など、目立つ役割があります。

 

特別扱いしていると思われないように、でも園長の孫だからそれなりのポジションにと、毎回頭を悩ませました。

 

保育参観では毎回園長も見に来ましたし、子どもの指導記録には、その子の苦手なことも書かなければいけないので、とても気を使いました。

また、頻繁に子どものクラスでの様子を聞かれ、それがプレッシャーになることもありましたね。

 

「同僚の先生の子ども」というだけなら、ここまで気を使うことはないと思いますが…

 

でも担任になった先生には、よっぽどのことがない限り、基本的にはすべてお任せしますという気持ちでいたほうが良いと思います。

まとめ

・自分の働いている園に通わせるなら、メリットやデメリットをよく考えてからにしよう。

 

・子どもには、園では「先生」家では「お母さん」の区別がつくようしっかり話をしておこう。

 

・保護者で、先生の子どもがいることを気にしている人はほとんどいない。しかし、特別扱いしていると思われないように、特に保護者が集まる行事などでは注意しよう。

 

・自分の子どもの担任には、基本的にはすべておまかせする気持ちでいよう。

 

同じ園に通わせることには、メリットもデメリットもありますが、やはり我が子が近くにいる安心感は大きいですよね。

よく考えて、子どもも親も後悔しない選択をしましょう。

-幼稚園, 育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

幼稚園の先生の夏休みの過ごし方とは? 仕事はむしろ忙しい!? 元保育士の私がご紹介!

幼稚園の夏休み。 子どもたちは約1ヶ月半の休みになります。   「その間は先生たちも休みなんでしょ?うらやましい!」 「子どもがいないと、やることもないんじゃないの?」 私が幼稚園教諭時代、 …

保育士の正社員とパート格差問題!正社員だって辛い! 差別って何されてるの?

保育士あるあるのひとつとして、正社員とパートの格差問題。実際の保育士さんであれば体験されたことはあるのではないでしょうか?   わたしも以前は保育士の正社員として働いていましたが、臨時と正社 …

小学生の息子がYoutubeにハマった時の注意点! 悪影響は? 動画を投稿してしまったら?

皆さんは、小学生くらいのお子さんはいらっしゃいますか。今の時代、子供はテレビよりもYoutubeを見るようになってきました。   しかし、Youtubeを正しく使えてないと、危険な場合があり …

赤ちゃんに絆創膏はいつから使っても良い? 使用する際の注意点とは? 実はほとんど必要ないんです!

産まれたころは寝てばかりだった赤ちゃんが、あっという間に寝返りをして、自分で動けるようになって、気が付けばハイハイやつかまり立ちをするようになって…   どんどん成長していき嬉しい反面、自分 …

保育園や幼稚園の卒園式でなぜカメラやビデオ撮影が禁止なの? その理由とは? 元保育士が解説します!

入園式では、泣いていて返事が出来ないどころか、親から離れられなかった我が子。 しばらくは泣いて登園、バスに乗せるのも一苦労。   毎日笑って泣いて、いろんな行事も乗り越えて… 立派になってい …