育児

子供の運動神経が悪いのはなぜ? イライラしないためには? 対処法4選

投稿日:2019年3月29日 更新日:

皆さんは、自分の子供が鈍い、動かないとイライラすることはありませんか?

イライラする理由は何ですか?

 

子供は本当に運動神経が悪いのでしょうか。悪い原因は子供自身に原因があるのでしょうか。

 

今回は、子供の運動神経が悪い原因と対処法についてのご紹介です。

子供の運動神経が悪いのはなぜ?原因を考えてみよう

まず、子供の運動神経が悪い原因を考えてみましょう。

 

まず原因の一つ目です。子供は「早生まれ」ですか?

1人目ですか?

周囲の子供と比較した時、早生まれの場合は、小学校低学年まで運動神経が悪いと思うようなことがあります。

 

特に幼稚園での1年は大きな差があります。しかし、幼稚園に入園すると、年少・年中・年長と同じレベルで考えられてしまいます。

 

ここで、4月に生まれた子供と3月に生まれた子供を比較してみましょう。

 

4月生まれの子供が歩き始める時、3月生まれの子供はまだ生まれて間もないのです。

 

これでは身体の大きさも違い、身体能力も違うのは当たり前です。

 

この差を小学校入学までの3年間でカバーするのですから、早生まれの子供たちの努力は並ではありません。

 

しかし、幼稚園や保育園の運動会で走るのが遅いと、親は自分の子供は運動神経が悪いと思い込んでしまうことがあります。

 

それこそ、子供自身が運動をする気がなくなってしまう行為です。

 

もし、幼稚園に行って子供が苦労するのが嫌なら、入園前から運動をする機会をたくさん作ってあげましょう。

 

しかし、早生まれの子供は運動だけでなく勉強も追いつくことが必要なので、大変ですね。

 

イライラする前に、自分の子どもが「1月・2月・3月」生まれなら、他の子供よりもゆっくりと成長していくのだと、長い目で見てあげて下さい。

 

二つ目は、1人目の子供か2人目以降の子供か、ということです。

 

上に兄や姉がいると、幼少期から上の子供と一緒に遊んだり、運動をするため運動神経が発達することが早いです。

 

しかし、初めの子供の場合は、大人がいつも手助けをするため、なかなか運動神経が発達しないこともあります。

 

保育園のように、乳幼児のころから周囲に同年代の子供と遊んだり運動をすることができます。

 

常に、大人に囲まれて育つと、小さい頃から競争をして過ごす機会が少なくなりますね。周囲は大人なので、子供のペースに合わせて、時間が進んでいきます。

 

そのため、運動不足になったり、機敏に動くことが少ないまま、幼稚園や小学校に入学することになってしまいます。

 

幼稚園や小学校に入ったとき、マイペースといえば聞こえがいいですが、周囲のペースに合わせられないと、集団行動に支障が起こる場合もあります。

 

運動神経が悪い子供を少しでも早く、改善してあげられたら一番の対処法です。

運動神経が悪い子どもにイライラ!対処法その1「ママ友の先輩に相談」

30代よりも下の世代は、すぐに結論が欲しい新幹線ひかり世代なのだそうです。

 

しかし、子育ては逆です。運動神経が悪い、子供が動かない、それならやってあげる、やらせないという選択をすると、子供はますます運動神経が悪いままで、親もイライラしてしまいます。

 

しかし、これはどんな親も経験しています。

 

どうしても、イライラもやもやがあって、どうにもならない時は、ママ友の先輩に相談してみましょう。

 

ママ友のお付き合いの仕方は難しいですが、2人目、3人目の子育てをしているママの中には、あなたと同じ経験をしている人もいます。

 

○○さんの家に子どもはみんな運動神経が良いから、そんな苦労は解ってもらえない、と思っているかもしれませんが、親はみんなそれぞれに苦労をしています。

 

夫や姑にはわからない、同世代の親の先輩は、その時に子育てをしている人の苦労を理解してくれます。

 

この時に注意してほしいのが、信頼できるママ友の先輩を1人でも多く持つことが大切です。

 

ママ友の先輩の中には、後輩ママを引き連れて、いつもおしゃべりの中心になっている人もいます。

 

しかし、誰とでも上手にお付き合いをしているママ友の先輩の中には、聞いた秘密をペラペラと、他の人に話す人もいます。気を付けて下さいね。

 

誰かに相談をする、ということはそれだけで、イライラもやもやが薄くなることにつながります。

 

ぜひ、誰かに聞いてもらって下さい。ママ友が嫌なら、こういった子育て相談を受けるセンターもあります。

 

誰かに話すということは、自分の気持ちを冷静に見直すことにもつながります。

運動神経が悪い子どもにイライラ!対処法その2「趣味でストレス発散!」

イライラを子供にぶつけるのは、自分でも一番やってはいけないこと、と皆さんもわかっていますね。

 

しかし、子供が他の子供と同じように動けない!素早く動けない!どうしてうちの子供だけ鈍いの?と、ついイライラを溜めてしまいます。

 

こんな時は、趣味を思い切りやりましょう。

 

以前、筆者の友人に忙しいことを理由に、趣味のサークルをやめてしまった人がいました。

 

彼女は、サークルをやめたとたんに、子供へのイライラを解消する場所がなくなり、ますます溜め込むようになってしまったそうです。

 

ただ、趣味の中でも考え込むようなものは、むしろストレスを抱えてしまうかもしれません。スポーツやコーラス、カラオケなどが良いですね。

 

サッカーボールを思い切り蹴る、テニスのラケットを思い切り振る、好きなJチームの応援に行く、カラオケで歌う、というのはイライラ解消に最適です。

 

気分転換にもなるため、趣味にイライラをぶつけるのはお勧めです。

運動神経が悪い子どもにイライラ!対処法その3「カエルの子はカエル?」

子供の運動神経が悪いと思った時、自分の運動神経が良いかどうかを、ちょっと考えてみましょう。自分自身の運動神経を思い出してみましょう。

 

自分自身が努力の結果運動ができるようになったら、それを子供にも勧めるという方法もあります。

 

しかし、自分自身が苦手、運動神経が悪いなら、「カエルの子はカエル」という言葉を思い出してみましょう。

 

この子は私の子供なのだから、と思えばイライラも変わっていきます。

 

諦め?といえば聞こえが悪いですが、子供を長い目で見ることも大切だ、と自身にも言い聞かせてみましょう。

 

「鳶が鷹を生む」という言葉もありますが、鳶は鷹を生みませんよ。

運動神経が悪い子どもにイライラ!対処法その4「子供の運動神経改善」

長い目で見て、一番良い方法は、子供の運動神経を改善してあげましょう。

 

子供は成長に従って、運動神経は変わります。

 

早生まれの子供や、1人目の子供は周囲の子供よりもゆっくりですが、訓練することで、運動神経を改善することができます。

 

初めから運動神経が苦手、と決めつけずに親子で遊んだり運動をすることで、運動神経が悪い、を改善してあげましょう。

 

そして、少しでも良くなったら、たくさん褒めてあげて下さい。

 

一緒に身体を動かすと、親自身も気分転換になります。

 

ただし、子供の運動神経が悪すぎて、ますますイライラが溜まると困りますので、まずは子供が得意そうな運動からやってみると良いですね。

 

鬼ごっこやかくれんぼといったものでも良いです。

 

運動神経が悪い子供でも、身体が小さい子供よりも隠れるのが上手です。

 

子供の運動にもなり、皆さんも思い切り遊ぶことで、ストレス解消にもなります。

まとめ

・運動神経が悪いと親は見ていてもイライラしてしまいますね。そこで、親もただ見ているとイライラが溜まりますので、気分転換をしましょう。

 

・誰かに聞いてもらうだけでも、気持ちが冷静になることもできます。

 

・趣味で思い切り気分転換をすることもお勧めです。

 

運動神経が悪い子供に対するイライラの対処法の一番は、その子自身に運動を好きになってもらうことです。

 

そして人並みの運動神経を身につけてもらうことです。

 

しかし、いきなり運動をするということがハードルが高い場合は、鬼ごっこやかくれんぼといった遊びで身体を動かしましょう。

-育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保育士志望だけどピアノができない! 対策・練習方法を元保育士が解説します!

保育士になりたいけどピアノが弾けない…ピアノが弾けないと保育士になれないのかな?とお悩みの就活生さんや保育士志望の方もおられると思います。   私も以前保育士をしていたのですが、保育士になる …

最近の保育士さんは名札を付けないんです! その理由は? 保護者だって先生の名前を覚えたい!

保育士さんといえば、ジャージにエプロン。そして、胸には手作りのかわいい名札!   そんなイメージを持っている人が多いと思います。   しかし、子どもを保育園に預けたことのあるお母さ …

海外の男性保育士事情! 海外でも少ないの? なぜ? その理由は?

男性保育士というと、どんな印象を持ちますか?   日本では、保育士不足解消の為に男性保育士を増やそうという考えがあります。   一方で、男性保育士に対する差別や偏見も多く、少しずつ …

ランドセルにボールペンで落書き…どうしたらいい?! 落とし方を8つご紹介!

小学生になると毎日使うことになるランドセル。   入学したばかりのピカピカの新品も学年が上がるごとに使いこんだランドセルも愛着があって大事に使いたいものです。   そんな大事なラン …

インドネシア・バリ島と日本の子育ての違い8選! 驚くこと間違いなし! 現地在住者が解説します!

海外に住むお母さん達なら誰しも、日本とは違う子育て環境に、困惑したり、逆に関心する点もあると思います。 バリ島ももちろん例外ではなく、日本と異なる点はたくさんあります。 南国リゾートのイメージから、の …