歯医者 生活

50代で行う歯列矯正のメリットやデメリットについて元歯科衛生士が説明します!

投稿日:2019年3月26日 更新日:

歯列矯正は子供が行っているイメージが強いかと思いますが、何歳になっても綺麗な歯並びは健康的で憧れます。

 

歯並びや咬み合わせに悩んでいたけど、治療のタイミングがなく今に至る人も多く、大人になり歯列矯正を行う人も増えてきました。

 

50代で歯列矯正を行うにあたってのメリットやデメリットついて元歯科衛生士が説明します。

50代でも歯列矯正はできる?

歯列矯正とは、歯の根が埋まっている骨のなかで歯に一定の力を加えて少しずつ移動させることです。

 

歯列矯正は子供の頃に顎や歯の成長に合わせて行うことが一番の良いとされていますが、年齢に関係なく何歳からでも歯列矯正は行うことができます。

 

近年では目立たない裏側矯正やマウスピースで行う歯列矯正の方法もあるので、大人になってから歯列矯正を始める人も増えているのかもしれません。

 

ただ、50代になると、虫歯や歯周病で歯を失っている人や歯周病により歯を支えている顎の骨が減っている場合も多いです。

 

そのため、口のなかの健康状態が良く、歯が揃ってる場合は50代でも歯列矯正を受けることができます。

50代で歯列矯正を受けるメリット

歯列を綺麗に整えることによって歯みがきなど自身での口腔ケアが行いやすくなります。

 

歯みがきによる磨き残しが少なくなり、口のなかの細菌の数を減らすことができるので虫歯や歯周病の改善にもつながります。

 

また、歯並びを整えることによって噛み合わせも良くなり、咬む力を最大限に発揮することができ、口呼吸も改善されるとも言われています。

 

そして、歯列が綺麗に整うことによって歯に対して関心を持ち、歯みがきに対する意識も変化があらわれるため、口のなかの状態がとてもよくなり、歯の健康寿命をのばすことができます。

50代で歯列矯正を受けるデメリット

加齢とともに歯茎は免疫力の低下によって下がってしまいますが、もともと歯茎が下がり気味の場合や歯茎が薄い場合は歯列矯正によって歯茎が下がることを促進してしまうことがあります。

 

また、歯列矯正による歯の移動は自身の自然治癒力を応用して行うため、子供と比べると歯を動きがゆっくりなため時間がかかります。

 

少しずつ歯を動かして歯列を整えるので個人差はありますが2~3年など年単位で治療を行うため時間がかかり、必然的に通院の回数は多くなります。

 

そして何より、歯列矯正のデメリットは痛みです。

 

私も歯列矯正を行っていましたが、歯科医院に行った後から数日間はご飯を食べることも苦痛な状態で、氷を口に含んで冷やして痛みを麻痺させていたことを覚えています。

 

歯列矯正は、痛みに耐えられなくてリタイアする人も多いです。

 

しかし、痛みを全く無くすことはできませんが痛みを少しでも軽減するように歯列矯正を行っている歯科医院も勤めているのでしっかりと相談するようにしましょう。

 

また、矯正装置により歯みがきが行いにくくなり虫歯や歯周炎になることもあるため、歯科医院の指示にしたがって歯みがきを正しく行う必要があります。

歯列矯正を行う場合は矯正専門の歯科医院へ

歯科医院の数は、コンビニエンスストアよりも多いです。

 

そのため、歯科医院によって得意分野が異なります。

 

一般歯科や小児歯科、矯正歯科、審美歯科など全く異なる分野を手広く行っている歯科医院には注意が必要です。

 

私は小学生から高校生の間に矯正を歯列矯正を行ってきましたが、治療後は基本的には整えた歯列を維持するための処置や装置を使用するのですが、それがなくせっかく整えた歯列は動いてしまい歯列が少し崩れてしまいました。

 

歯科医院によっては広く浅く治療を行っている医院もあります。

 

歯列矯正は時間もかかり、費用もかかる治療になるため、せっかく歯並びを整えるのであれば矯正歯科のみ専門で行っている歯科医院を探すことをおすすめします。

50代で歯列矯正を受けるメリットデメリットまとめ

50代でも歯列矯正はできる?

  • 歯列矯正とは、歯の根が埋まっている骨のなかで歯に一定の力を加えて少しずつ移動させること。
  • 歯列矯正は、口のなかの健康状態が良く、歯が揃っていれば年齢に関係なく50代からでも行うことができる。

 

メリット

  • 歯列を綺麗に整えることによって歯みがきなど自身での口腔ケアが行いやすくなる。
  • 歯みがきによる磨き残しが少なくなり、口のなかの細菌の数を減らすことができるので虫歯や歯周病の改善にもつながる。
  • 歯並びを整えることによって噛み合わせも良くなり、咬む力を最大限に発揮することができ、口呼吸も改善される。
  • 歯列が綺麗に整うことによって歯に対して関心を持ち、歯みがきに対する意識も変化があらわれるため、口のなかの健康状態がとてもよく改善させる。

 

デメリット

  • もともと歯茎が下がり気味の場合や歯茎が薄い場合は歯列矯正によって歯茎が下がることを促進してしまうことがある。
  • 子供と比べると歯を動かすことに時間がかかる。
  • 少しずつ歯を動かして歯列を整えるので個人差はあるが年単位での治療になり、通院の回数は多い。
  • 歯列矯正による独特の痛みは全く無くすことができないため、痛みに耐えられずリタイアする人も多い。
  • 矯正装置により、歯みがきが行いにくくなり虫歯や歯周炎になることもあるため、正しい歯みがきを行う要がある。

 

歯列矯正を行う場合は矯正専門の歯科医院へ

  • 歯科医院によって得意分野が異なる。
  • 一般歯科や小児歯科、矯正歯科、審美歯科など全く異なる分野を手広く行っている歯科医院は注意が必要。
  • 歯列矯正は時間もかかり、費用もかかる治療になるため、矯正歯科のみ専門で行っている知識の深い歯科医院を探す方がよって良い。

 

50代でも、口のなかの健康状態が良く、歯が揃っていれば行う価値は十分にあります。

 

痛みは伴いますが、自身の歯で健康的に今後を過ごすためにも歯並びや噛み合わせは大切です。

 

歯列矯正の方法にもよりますが、自身に合った方法をしっかりと矯正歯科で相談し、綺麗な歯並びを手に入れてください。

-歯医者, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷蔵庫の付箋が剥がれてイライラ! どうすればいい? おすすめの対策6選!

スケジュールやその日の献立、スーパーで買うものなど、 冷蔵庫にメモを書いて貼ると、うっかり忘れることもなくなり便利。   とくに付箋は、気軽に冷蔵に貼ることができるので、 使っている人も多い …

彼氏の顔文字・絵文字に「イラッ」「気持ち悪い」と感じる瞬間! 使い方には要注意!

憧れだった男の子と付き合えることになって 彼氏ができて毎日うきうき♪   どこ行こうかな~とか おそろいで何か買いたいな~とか ショートとロングどっちが好きかな~とか 彼氏のことを考えるだけ …

満員電車でベビーカーを畳まないのは迷惑? 邪魔? 不快? 畳まない理由を1児の母が解説します

満員電車に乗ったことはありますか?   疲れるし、出来れば乗りたくないですよね。 通勤ラッシュなんて、本当に地獄だと思います。   でも乗らざるを得ない人もたくさんいるでしょう。 …

歯医者に木曜休みが多い理由って? なぜ平日にも休むの? 元歯科衛生士が解説します!

歯が痛くて歯科医院に行きたいのに、木曜休診で困った経験はありませんか? 一般的に多くの歯科医院が、木曜休診の体制を取っているかと思います。 その木曜休診は何のために存在するのか、それは必要な休みなのか …

夏の暑い時にはシャツを重ね着したほうが涼しい!? 意外なメリットとは?

じりじりと暑さの厳しい夏は汗もかきますし、できるだけ薄着で過ごしたいと考えてしまいます。   しかし、実はシャツの重ね着をしたほうが涼しく、快適に過ごすことができます。   意外な …