ハノイ ベトナム 旅行

ベトナムでハノイからホーチミンに移動する時の注意点や空港へのおすすめの行き方を解説! 時間や価格は?

投稿日:2019年1月27日 更新日:

観光旅行や出張で、ハノイからホーチミンへ移動!

そんな人が、意外と多いのがベトナム。

 

少し遠いのでは?と思う人もいるかもしれません。

 

でも、思いのほか気軽に移動できるのが大きな特徴。

 

短い時間に2つの都市を満喫することも可能なんです。

 

そこで、ハノイからホーチミンへの行き方は?

移動するならおすすめの時間はある?

価格は航空会社によってどのくらい違うの?

 

そのほか、ハノイからホーチミンへ移動するときの

おすすめの方法や注意点について、いろいろまとめてみました!

ハノイのノイバイ国際空港に行く移動手段はバス?タクシー?バイク?

ハノイからノイバイ国際空港に行くには、

バス、タクシー、バイクという3つの手段が。

 

荷物の量や時間帯、予算によって、

どのようにするのか選ぶことができます。

 

タクシーを使う場合、ベトナム人の協力が得られるなら、

グラブカーを予約することがおすすめ。

 

路上でタクシーを拾う場合とくらべて、

3分の2~半額程度のお値段で、

空港に移動することができます。

 

ハノイの滞在先によっては、バス移動がお得な場合も。

 

ノイバイ国際空港へ行くバスは、主に4路線。

 

カウザイ地区、ロンビエン地区、ホアンキエム近くのハノイ駅、

そして、日本人が宿泊することが多いキンマー地区です。

 

空港行きのバスは、どこから乗車しても7,000ドン~8,000ドン、40円前後です。

ただ、荷物が多い場合、乗車拒否されることもあるので、

荷物が少ない人におすすすめの移動手段です。

 

荷物が少なくて、渋滞の時間帯に移動するなら、

グラブタクシーという選択肢も。

 

とくに朝の8時~10時、夕方の16時~18時頃は、

空港へ向かう道の混雑は相当なもの。

 

1人で身軽に移動できる人は、ぜひ、チャレンジしてみてください。

意外と広いハノイのノイバイ空港! 国内便だと油断すると危険!

ノイバイ国際空港は、意外と広い空港。

 

そのため、いくつかの注意点が。

 

国際便と国内便では、ターミナルの建物がまったく別。

 

早朝や夜は2つの建物をつなぐシャトルバスが

ほとんど走っていません。

 

タクシーやバイクで移動する場合、

しっかりと国内線であることを伝えましょう。

 

バスの場合は、途中で空港が見えても絶対におりないこと。

 

最後まで乗っていると、国内便のターミナルに到着します。

 

また、国内便のターミナル内でも注意点が。

 

それは、利用する航空会社によって、

カウンターがある場所がまったく異なる点。

 

降りる場所が適切でないと、

かなりの距離を歩く羽目に。

 

タクシーやバイクを使う人は、

運転手さんに航空会社を伝えることで、

いちばん近い場所でおろしてくれます。

 

バスの場合は、空港の端っこに停車。

 

利用者が多いベトナム航空はいちばん遠い場所にあるので、

場所を確認しながら探すのがおすすめです。

ホーチミンのタンソンニャット国際空港への所要時間は?注意点はある?

ノイバイ国際空港からホーチミンへ行く場合、

降り立つのがタンソンニャット国際空港。

 

2つの空港移動の所要時間は約2時間。

 

飛行機内でかんたんな機内食もでるので、

食べたり飲んだりしているとあっという間に到着です。

 

ぼったくりが多い、スリが多いと言われることが多いベトナム。

 

このイメージがそのままあてはまるのがタンソンニャット国際空港。

 

空港の出口をでると、タクシーへ誘導する男性がたくさん待ち受けています。

 

タクシーには、事前に値段を設定するタイプとメーター式のタイプの2種類が。

 

事前に値段を提示してくるタクシーは、ほぼ100%ぼったくりなので、

メーターがある車かどうかをしっかりチェックしましょう。

 

バイクを使いたい!という場合は、

タンソンニャット国際空港の敷地を出たところに、

バイクが集まっている場所が。

 

そこもやっぱりぼったくり価格。

 

ねばって値引き交渉をするか、

アプリを使ってグラブバイクを呼ぶことをおすすめします。

 

バス移動については、特定のエリア以外は行きにくい傾向が。

 

行先がベンタイン市場付近など観光エリアである場合は複数の路線バスの利用が可能。

 

その他のエリアの場合は、移動が難しいことも多いのでタクシーを使う方が安心です。

ベトナムでハノイからホーチミンへの航空運賃を安くするならお得な時間帯は?LCCはどう?

航空運賃を安くしたい!そんなときは

早朝か深夜の便を中心に探すことで、

価格を安く抑えることができます。

 

とくに安い時間帯は早朝。

 

朝の7時位までの便を予約するのがおすすめです。

 

深夜の場合は、夜10時位の便からお買い得価格。

 

平均的な価格は往復で3,000,000ドン程度、約1万5千円です。

 

タイミングがいいと、さらに価格をおさえることができます。

 

航空運賃を安く抑えるために、LCCを利用するという手段も。

 

LCCとして有名な航空会社は、ベトジェットエアそしてジェットスターパシフィック。

 

座席が狭い、機内食がない、そんなイメージがあるLCCですが

意外と機内食もおいしく座席も快適。

ただ、LCCは搭乗時間が大幅に遅れることが大部分。

 

スケジュールに余裕がないときは、ベトナム航空の方が

時間通りに移動できる可能性が高いと思います。

まとめ

・ノイバイ国際空港への行き方は、タクシーやバイクの他、バスが意外と便利。

 

・ノイバイ国際空港は敷地が広いのできちんと国内便のターミナルビルに行くように。

 

・タンソンニャット国際空港への移動時間は約2時間。スリやぼったくりに注意。

 

・航空運賃を安く抑えるなら早朝か深夜がおすすめ。LCCは快適だが時間にルーズ。

 

冬の季節にハノイからホーチミンへ移動する場合、びっくりするほどの寒暖差。

ハノイではダウンジャケットが必要で、ホーチミンでは半そでという時期もあるので、気温は事前にチェックしてみてくださいね。

-ハノイ, ベトナム, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外での女性一人旅! 旅行先のホテルの選び方と注意点を教えます!

気分転換したい〜!! そう思った時、あなたは何をしますか? 家で映画三昧?有名なカフェにパンケーキを食べに行く?お家で寝て過ごす? ちょっと待った。いつもと同じことばかりしていいの?   今 …

ニュージーランドにカップラーメンの持ち込みはできない!? 規制のルールを解説します!

豊かな自然が魅力的な酪農大国、ニュージーランド。   持ち込める食品への規制が厳しく、違反者への対応も厳しいのですが、手軽に日本の味を楽しめるカップラーメンの持ち込みはできるのでしょうか? …

ニュージーランドの先住民マオリ族への差別ってあるの? 歴史的背景も合わせてご紹介します!

ニュージーランドの先住民であり、ラグビーの試合で踊られるハカでも有名なマオリ族。ニュージーランドに長く住む歴史を持ちながらも先住民ということからくる摩擦や差別は存在するのでしょうか?   歴 …

インドネシア・バリ島で注意すべき詐欺や危険な犯罪7選! バリ島在住者が解説します!

バリ島を旅行中の日本人女性が襲われ、その後殺害されたという事件があったのは2009年。 日本人にも人気のリゾート地で起きた事件なだけに、その後バリ島旅行を敬遠した人も多いかと思います。 ただ、ぼったく …

モロッコ旅行のベストシーズンっていつ? 人気の観光スポットや言語・通貨・気候を解説します!

色彩豊かでエキゾチックな魅力満載のモロッコ。 日本からの飛行時間も長く、安全とは言えない治安状況でありながら、一人旅や女子旅にも人気で、トリップアドバイザーの『トラベラーズチョイス 世界の人気観光都市 …