美容

抜け毛が多い, 気になる,辛い人必見! 対策を教えます!

投稿日:2019年1月14日 更新日:

皆さんは、抜け毛は気になりますか。

私は抜け毛は今のところないので心配はしていませんが、いつか抜け毛が増えるのかなと思うと、あまり良い気持ちにはなれません。

 

そんな抜け毛ですが、みなさんは対策していますか。知らないから対策をしていないという人もいるかもしれません。

 

今回は、抜け毛の対策、抜け毛が気にならなくなる方法をご紹介します。

気になる抜け毛の対策方法その1:生活習慣の改善

皆さんは、もし抜け毛が気になったら、対策をしますよね。その対策方法をまずはご紹介します。

 

抜け毛対策の一つに、生活習慣を見直すという方法があります。

 

睡眠を十分とるように心がけましょう。

髪の成長には、成長ホルモンの分泌が必要になりますが、睡眠不足によりその成長ホルモンの分泌が抑えられてしまうと、髪に必要な栄養が行き届かなくなります。

 

具体的には、夜10時から、2時の間に成長ホルモンは分泌されるため、この時間帯に眠ることができるようにしましょう。

 

過度なダイエットも控えた方が良いでしょう。

食事制限を過度に行うと、体への栄養制限でなく、髪への栄養制限にもなります。

そうすることで、ホルモンバランスが乱れ、抜け毛を引き起こしてしまいます。

 

食生活にも気を付けましょう。

ハンバーガー、ポテトチップスなど、脂っこい食品も髪にあまりよくありません。

さっぱりとした食べ物をおすすめします。

 

他にもおすすめの食品はたくさんあります。

 

まず、髪の主成分がタンパク質であることを頭に入れておいてください。

タンパク質を構成する主な成分は、アミノ酸です。

 

ビタミンBを多く含む食品は、頭皮の新陳代謝を促進させ、コラーゲンを多く含む食品は、髪のハリを良くしてくれます。

「ハリ」というのは、髪の強度のことです。

ハリが強いと、引っ張ってもなかなかちぎれることはなく、ハリが弱いと、すぐに切れてしまいます。

気になる抜け毛の対策方法その2:良いシャンプーを選び、適切に髪を洗う

頭皮を傷めないようにすることも大切です。

そのためには、シャンプー選びが重要だといえます。

もっともおすすめのシャンプーは、これも「アミノ酸系シャンプー」です。

 

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄力が非常にマイルドで、頭皮にも髪にも優しいシャンプーです。

シャンプーの裏の洗浄成分に、「ラウロイル・・・」や、「ココイル・・・」、「コカミド・・・」などと書いているのが、アミノ酸系の洗浄成分です。

 

シャンプーの方法も重要です。

シャンプーの前に目の粗いブラシで髪をとくと、髪の表面にある汚れやほこりが浮いてきます。

そうすることで、汚れをきれいに落とすことができるのです。

 

しかし、根元から毛先に、髪のキューティクルに沿ってとかすようにしましょう。

キューティクルと逆の方向に髪をといてしまうと、髪にダメージを与えてしまいます。

 

シャンプーは、必ず手で泡立ててから髪につけ、洗いましょう。

シャンプーが泡立ってないと、シャンプーが液体の状態で頭皮につまり、薄毛を悪化させてしまいます。

 

すすぐときは、シャンプーが残らないよう、しっかりすすぎましょう。

すすぎ残しがあると、フケや、かゆみの原因になったり、薄毛を悪化させたりしてしまいます。

 

ドライヤーは必ずしましょう。

濡れた髪というのは、キューティクルが開いたままです。

そのまま寝てしまうと、キューティクルは剥がれ落ちてしまい、中にある栄養分が外に流れ出てしまいます。

 

しっかり乾かし、最後に冷風を髪に当てると、キューティクルはしっかり閉じてくれます。

抜け毛が気にならなくなる方法は?

抜け毛は、対策もできますが、気にならなくする方法もあります。

しかし、これは個人の感じ方があるということを、覚えておいてください。

 

抜け毛が気になるなら、髪を短めにすると良いでしょう。

これは経験上なのですが、髪が薄い人の中で、髪が長い人は、「この人髪薄いな」と感じてしまいます。

私の家族も、そういう風に感じるそうです。

 

しかし、薄毛でも、髪を短くしていると、髪が薄いことを感じませんでした。

 

薄毛は、不健康であると思い、気にする人もいるようですが、自身の性格や雰囲気などが元気なものであれば、不健康さは例え薄毛であってもなくなるはずです。

まとめ

・抜け毛は、生活習慣、シャンプー選び、シャンプーの方法で防ぐことができる。

 

・成長ホルモンが分泌される時間帯には、寝られるようにするのが良い。

 

・気にならなくする方法の一つは、髪を短くすること。髪が長いと、逆に目立つ。

-美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男性必見! シャンプーの頻度はどのくらいが良い? おすすめのシャンプーも合わせてご紹介!

皆さんは、シャンプーをどのくらいの頻度で使用していますか?   私は毎日使っています。 しかし、人によっては2日に一回の人もいるようです。 しかも、ネットでは、「シャンプーは毎日使わないほう …

カカオニブ、ココア、チョコレートの違いはなに? 健康, 美容, ダイエットへの効果とは?

チョコレートやココアの原料として知られるカカオ。   最近ではカカオが持つ健康効果が注目され、甘さを楽しむことよりも、健康を意識した「高カカオチョコレート」などが人気になっています。 &nb …

お金がない高校生でも少ない費用で歯を白くするホワイトニング方法4選! 元歯科衛生士が解説します!

白い歯に憧れたり、自分の歯の色がコンプレックスだったり、見た目が気になる高校生…。   お小遣いやバイト代でもできる歯を白くする方法について元歯科衛生士がお教えします。 歯を白くする前に原因 …

ホワイトニングを自宅で簡単に行うやり方! ホームホワイトニングとセルフホワイトニングのメリットとデメリットについて元歯科衛生士がお答えします!

性別や年齢に関係なく、歯のホワイトニングを行っている人は増えてきています。 歯のホワイトニングの方法は4つありますが、今回は比較的に気軽に行えるホームホワイトニングとセルフホワイトニングについて、メリ …

化粧品を使い切る期間はどれくらい? チーク, 化粧水, ファンデーション,アイシャドウ, マスカラなど気になるものをご紹介!

化粧品は開封してから使い切るまで、どれくらいですか?   マメな人だと日付をつけてますが、多くの方は大体半年〜1年くらいではないでしょうか。 中には何年も保管していると言う人も。 &nbsp …