健康 食材

ヨーグルトは実は体に悪い!? その理由とは? ポイントは甘味料などの添加物!

投稿日:2019年1月9日 更新日:

皆さんは、ヨーグルトはよく食べますか?

 

私は食べていません。味がどうも好きになれないからです。あの酸っぱさが口に合いませんね。

 

ヨーグルトは体に良い感じのイメージだと思います。しかし、実はヨーグルトは体に悪いところもあるのです。

 

今回は、なぜヨーグルトが体に悪いのかをご紹介します。

ヨーグルトの悪いところとは?

ヨーグルトには、悪いところがいくつかあります。

1. 添加物

一つ目は、添加物です。

ヨーグルトには牛乳以外の原料はもちろん入っていますが、プレーンと呼べるのはそこまで多くありません。

コンビニエンスストアのヨーグルトは無添加のプレーンヨーグルトはほぼないといってよいでしょう。

 

市販のヨーグルトにはアスパルテームや、アセスルファムK、ステビア抽出物などの甘味料、香料、ペクチンなどの安定剤、酸味料などが入っています。

また、砂糖、ゼラチンなど、別に入れなくても良い成分まで入っていることがあります。

 

アスパルテームは、たとえゼロカロリーの商品にそれが入っていれば、太ってしまいます。

 

アセスルファムKは、0キロカロリーの甘味料ですが、砂糖の約200倍もの甘さを持ちます。

安いため、コストを抑えられることから、お菓子や飲料などに使われます。

 

ステビア抽出物の「ステビア」というのは、植物の一種です。

ステビアは砂糖に比べて低カロリーで、砂糖の200倍以上の甘さがあります。

 

子供が摂取すると少し危ないです。

なぜなら、血圧を下げる効果がステビアにはあるからです。

子供の場合、その血圧を下げる効果が聞きすぎて低血圧になる恐れがあります。

 

また、アレルギーがある人もいるようで、アナフィラキシーショックにより死亡した例もあります。

 

2. 乳酸菌の合う合わない

二つ目は、菌についてです。

これは人によって合う合わないがあります。

ヨーグルトにはたくさんの種類がありますが、人によって合うものと合わないものがあります。

 

5日間ほど食べ続けて、効果がないと感じたり、お腹が張ると思ったりしたら合わないタイプであると言えます。

ひどいと、自分が持つアレルギーが悪化する可能性もあるので、注意しましょう。

 

3. 実は冷たいヨーグルトはよくない?

三つめは、温度との関係になります。

ヨーグルトは、皆さんがご想像する中だと冷たいものが多いと思います。

しかし、ヨーグルトを冷やして食べたりするのは日本や、ほかの一部の地域のみです。

 

本場のブルガリなどは、ヨーグルトを温めて食べます。

冷たいままだと、胃腸に負担がかかってしまいます。

冷蔵庫にはなるべく入れずに、最低でも常温で食べるようにしましょう。

 

4. 食べ過ぎるとよくない?

4つ目は、量についてです。

ヨーグルトをとりすぎることはよくありません。

ヨーグルトをラットに与えると白内障になったという例があります。

 

ヨーグルトを摂取すると、乳糖は分解されグルコースとガラクトースという成分になります。

グルコースは分解吸収できるのですが、ガラクトースは日本人では分解することができないのです。

 

吸収されたガラクトースは目の水晶体にたまっていきます。

すると、白内障となるのです。

もちろん、食べ過ぎたら危ないという話なので、少なければ何も問題はないでしょう。

ヨーグルトを食べることのメリットは?

ヨーグルトはデメリットもありますが、メリットももちろんあります。

 

一つ目は、インフルエンザについてです。

 

ヨーグルトを摂取するとインフルエンザに効果的なのです。

なぜなら、インフルエンザなどから守ってくれる免疫細胞は人間の腸に約60パーセントも集中しているからです。

もちろん、インフルエンザだけでなく、風邪などの他の病気にも効果的です。

 

二つ目は、がんについてです。

 

ものにもよりますが、ヨーグルトにはLG21乳酸菌という成分が摂れます。

この菌は、生きたまま腸に届いて、ピロリ菌と戦ってくれます。

 

ピロリ菌は、胃の調子を悪くするだけでなく胃がんの原因でもあるため、多くあると危険です。

ほかにも、クレモリス菌という菌も、がんに対する免疫力を高めてくれます。

 

また、ヨーグルトを摂取することで、体、皮膚を丈夫にしたり、血液をサラサラにしたりできます。体や皮膚を丈夫にしてくれるのはビフィズス菌です。

皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

血液をサラサラにしてくれるのは、クレモリス菌です。

まとめ

・ヨーグルトは添加物である人工甘味料が入っている。

 

・ヨーグルトを摂りすぎると白内障の原因になる可能性がある。

 

・ヨーグルトを摂ると、いろんな病気の予防になったり、血液がサラサラになったりする。

-健康, 食材

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

深夜にやる筋トレは老化を早めてしまう!? やる時間がない場合はどうすればいい?

皆さんは、筋トレをしますか。   運動不足だから筋トレをする、少し太ってきたら筋トレをするなど、筋トレをするにはそれぞれに理由があります。   しかし、仕事や家事などで時間が取れな …

秋刀魚の卵は美味しい?食べられる?秋刀魚の卵について徹底解明!

  もうすぐ秋ですね。   秋の味覚といえば、秋刀魚という人も多いのではないでしょうか。   何を隠そう私もそのひとりです(笑)。   脂の乗った秋刀魚を焼いて …

デンマークのお土産はまずい? 選ぶときの注意点は? それぞれの特徴を把握しよう!

デンマークと言えば、食べ物が日本人に合う! と言われることもありますが、 なかには、まずい!という声も。   まずいだけならいいのですが、 「世界一まずい!」とまで評されることも 少なくあり …

豆乳にココアが溶けない! 上手に溶かす方法を5つ紹介します!

最近の健康ブームで注目されているのが豆乳。   女性ホルモンのバランスを整えてくれる大豆イソフラボンに加え、 生活習慣病やダイエットにも効果が期待できると、 毎日の生活に豆乳を取り入れる人も …

蜂蜜, 黒蜜, メープルシロップ, マヌカハニーの違いとは? きちんと区別できますか?

天然素材の甘味料として、お菓子や食事に使われることもある「蜂蜜」「黒蜜」「メープルシロップ」「マヌカハニー」ですが、甘さや色合いなど非常によく似ていると思ったことはありませんか?   知って …