Little story

ちょっとした雑学や役に立つ話を紹介するページです。

生活 育児

子供が学習障害かもしれない?! この子の進路はどうなるの?!

投稿日:2018年10月25日 更新日:

お子さんがもし、学習障害かも?と思われるような時、親御さんは、将来についてもとても心配になるのではないでしょうか。

 

今でこそ、学習障害とか発達障害とかよく聞くようになりましたが、10数年前には、まだあまり一般的ではありませんでした。

 

このころ、中学生だった長男は全然勉強についていけず、成績表は見事に1か2で、学校ではずっと寝てた、と途中で知りました。

 

当時は、この子に入れる高校があるのかしら?と、心配しましたが、今ではなんとか社会人として働いてくれています。

 

そんな経験が、今悩んでいるお母さまたちに、何かの参考になれば、と思います。

早く知ることで、出来ることも

 

現在では、発達障害や、学習障害という名前が世間に認知されていますから、もし不安な症状があったら、早めに相談する窓口もあります。

 

ただ、「障害」という事で躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。

 

けれど、学習障害の場合は、特に知的障害が無いのに、読む、書く、計算や推論などが極端に苦手だったりする、脳の発達のでこぼこだと言われています。

 

気軽に、市の子育て支援センターや、学校の保険室、支援学級の先生などに相談されてみると良いと思います。

 

色々な学習塾のようなところで、学習障害の子の対応をしてくれるところもあるようです。

 

それに、その子の苦手な所がわかる事で、どのような対応をしたら、より良いかがわかると、ただやみくもに怒ったりしなくて良くなりますよ。

みんな違って、みんな良いと思うこと

 日本人は特に「ふつう」が良い、みんなと同じだと安心、という感覚が多いようなので、我が子がちょっと「違う」事に戸惑う方もあると思います。

 

息子の場合は、結局グレーだと言われたのですが、そんな人は結構多いのだと思います。

 

考えてみたら、夫も私も、どこかグレーだろうと思われますし、もしかしたら全部標準の人間なんていないのかもしれません。

 

どこからが障害で、どこからが普通?という考えも、おかしなものですし。

 

脳だって五感の感覚だって、本当は全員違うかもしれない訳です。

 

同じ葉っぱの色が、自分と人の見てる「緑色」が完全に同じ緑かどうか?は比較する事はできない訳で、もしかしたら少しずつ全員違う可能性だってありますよね。

 

それでとにかく、自分は「エジソンの母だ」と、思うことにしました。

 

どの子も違うし、どの子も無限の可能性は持ってるはずです。

 

そのように、ちょっと「見かた」を変えることで、息子を追い詰めることなく、対応できたのでは?と思います。

どのような進路がある?

 

息子の場合は、私立の高校でしたが、小学校程度から戻って、丁寧に教えてくれる学校と出会いました。

 

漢字検定や英語検定や、簿記検定やパソコン検定なども、次々と「受かるまで」繰り返し面倒みてくださる学校のお陰で、ゲーム感覚で次々と合格できていきました。

 

中学生の時に「You」のスペルが書けなかったり、小学校2年生の漢字も書けない子に、しかも「困ってない」子に、一体どうやって勉強の意欲を持たせてくれたのか、不思議でした。

 

普通高校ではなく、「サポート校」に近い学校でしたが、いま、色々な特徴の学校がありますから、その子にあった学校に、探したらきっと出会えると思います。

 

そして無事に彼の行きたいと希望した専門学校にも進めました。

 

まあ、独特の感覚の子なので、「いい大学」「いい企業」という世間の常識の範疇にはないかもしれません。

 

けれど、それが本当にその人の「幸福」なのかどうかはわからない訳です。

 

彼が彼らしく、「生まれてきて良かった」と、思って過ごせるように、見守るのも母の役目かなと思っています。

 

親の思っていた「レール」とは違うかもしれません。

 

けれど、長い目で見た時に、本当に「レールに乗せる」のがその子の為だったかどうか?はわかりませんから、早めにそれが出来なくて、良かったのかもしれません。

まとめ

 

・子供が学習障害かもしれない?と気づいたら、早めに専門の機関で調べてもらいましょう。

 

どこに相談に行って良いかわからなければ、市の保険センターなどの窓口もあります。

 

・対応がわかった方が怒らずに済みますが、困った事と思わずに、一人一人が皆違うのだと知る事で、子供を追い詰めずにすみます。

 

・今は、色々な特色のある学校が増えていますので、その子に合った学校がきっとあります。

 

あきらめずに探してみましょう。

 

「普通」が良いと思いがちですが、全部が普通、という事はあり得ません。

 

ちょっとでこぼこの我が子は、逆をいえば、天才の部分もあるという事です。

 

良い部分も沢山ありますから、ぜひ探してあげてくださいね!

-生活, 育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

卒園式でカメラやビデオ撮影が禁止?! その理由とは?

  入園式では、泣いていて返事が出来ないどころか、親から離れられなかった我が子。 しばらくは泣いて登園、バスに乗せるのも一苦労。   毎日笑って泣いて、いろんな行事も乗り越えて… …

ベジタリアンの成長への影響は?ベジタリアンを子どもに強要し、押し付ける危険性

  ニュースでよく見る虐待問題。 自分の力で生活することも逃げることもできず、 命を落としてしまう子ども達を見ると、 本当に胸が痛くなります。   その中でも、ネグレクト(育児放棄 …

やってしまった!机に突っ伏して寝たら腕がしびれた!原因と対策は?

    働きすぎと言われている日本人。 朝早くに満員電車に揺られて出社し、ハードワークをこなして、 帰宅するのは0時近く、という人も多いでしょう。   私も、営業をしてい …

幼稚園の先生が自分の子どもを同じ幼稚園に入れる時の注意点とは?

  幼稚園教諭として働いているみなさん。 我が子が入園できる年齢になったらどうしますか?   「今は保育園に預けているけど、自分のいる幼稚園に入園させようかな」 「それとも、このま …

液晶テレビに残像が!? 故障? 修理に出す前に知っておきたい原因と対策

皆さんは、最近はテレビを見ますか? 私はテレビを見ることが少なくなってきて、どちらかと言えばYoutubeのほうをよく見ます。 最近はYoutubeで番組を見ることができるとまで言われているので、テレ …