Little story

ちょっとした雑学や役に立つ話を紹介するページです。

生活

フローリングに溜まっている髪の毛が気になる! でも掃除も面倒… 対策をご紹介

投稿日:2018年10月21日 更新日:

毎日掃除しているのに、気が付くとフローリングに落ちている髪の毛…気になりますよね。

 

時には掃除した直後にフローリングに落ちている髪の毛を発見してしまい、「掃除したばかりなのに何で!?」と思うことも。

 

そもそも、髪の毛がどのくらい抜けるものなの?

フローリングの髪の毛の掃除方法って?

毎日掃除するのは面倒な時はどうすればよいの?

 

フローリングに溜まっている髪の毛が気になるあなたに対策やグッズをご紹介します。

髪の毛は1日どのくらい抜けるのか?

そもそも、髪の毛は1日にどのくらい抜け落ちるのでしょうか?

 

ネットで調べてみたところ、『1日平均50〜150本』程度 抜けるとありました。

 

ブラッシングやシャンプーの時、髪をドライヤーで乾かす時などに抜けている本数を合計するとこのくらいの本数になるようです。

人によって抜ける本数に差があるのでしょうけど、意外と多いですね。

 

髪の毛は抜けては生えるを繰り返しているので、抜け落ちるのは自然な生理現象です。

 

家族がいれば、さらに抜け落ちる髪の毛の本数は多くなりますね。

フローリングの髪の毛はこうやって掃除しよう

フローリングの髪の毛を掃除する方法はいくつかあります。

 

掃除機をかける

やはり掃除する! というと掃除機を思いつくのは私だけでしょうか?

 

髪の毛は部屋の隅に溜まりやすいので、ここを中心にして、部屋全体を掃除したい時は掃除機を使うとよいと思います。

 

我が家は充電式のハンディタイプの掃除機を使っています。

コードレスで小回りがききますし、意外と場所も取らずに収納できるのでオススメです。

 

また、『ルンバ』などのロボット掃除機に掃除してもらう、というのもアリかと思います。

 

外出中等に掃除してもらうようセットしておけば、自分で掃除をする手間も省けてノンストレスですね!

(…と、ロボット掃除機の良さを書いておいて、私はロボット掃除機を持っていないのですが(笑))

 

ペーパーモップを使う

『クイックルワイパー』などの商品で知られるペーパーモップで髪の毛を集める方法です。

 

ペーパーモップは電気も要らないし、音も出ないので、深夜に掃除したり、赤ちゃんのいるママにはありがたい掃除グッズですね。

 

収納場所もそんなに取らないので使っている方は多いのではないでしょうか。

 

すぐに手に取る場所に置いておけば、気が付いた時にササッと掃除できますし、「テレビを観ながら」「音楽を聴きながら」といった『ながら掃除』ができるところも良いところだと思います。

 

ドライタイプとウェットタイプがあり、どちらも髪の毛を集めることができます。

どちらを使うかは個人の好みによるかと思いますが、私の個人的な考えではドライタイプの方が髪の毛を集めてくれる気がします。

 

掃除機を毎日かけるのがちょっと面倒…という方は、毎日の掃除はペーパーモップにして、週末等の時間に余裕がある時に掃除機をかける! というやり方もあるかと思います。

 

粘着式クリーナー(いわゆるコロコロ)を使う

いわゆる『コロコロ』で髪の毛を集める方法です。

 

フローリングも掃除可能なタイプもありますが、そのまま使うと床に張り付いてしまい、フローリングに塗布してあるワックスを剥がしてしまう恐れがあります。

 

一度、カーペットやクッションカバーなどの布製品に転がしてから使うことをオススメします。

毎日掃除するのは面倒…そんな時は

色々な掃除の方法をご紹介しましたが、「毎日掃除するのは面倒だし大変…」という場合。

 

ラグなどのカーペット類を敷いてしまうことをオススメします。

 

カーペットが髪の毛を集めて絡めとり、舞い上がるのを抑えてくれますので、カーペットの周りのフローリングに髪の毛が溜まるのを防ぐことができます。

 

カーペットの髪の毛は粘着式クリーナーでコロコロして集めてしまいましょう。

 

毛足の長いカーペット類は粘着式クリーナーでもなかなか髪の毛が取れないことがありますが、そういう時はゴム手袋が活躍します。

 

ゴム手袋を手にはめて、円を描くようにカーペットをなでると静電気により髪の毛が簡単に集まります。

(ゴム手袋を使う方法は最近、テレビで紹介されていますね! )

 

普段は座ってテレビを観ながらサッと粘着式クリーナーで髪の毛を取り、フローリングの隅等は週に1〜2度くらいに掃除すればキレイな状態を保てます。

まとめ

 

・髪の毛が抜け落ちる本数は1日平均50〜150本程度。髪の生え変わりで自然に抜け落ちる。

 

・ペーパーモップと掃除機を併用するなどコマメに掃除できるグッズを活用する。ロボット掃除機に掃除してもらって掃除の手間を省くのもアリ!

 

・毎日の掃除が面倒な時はラグなどのカーペット類を敷いて『ながら掃除』をしやすくする。

 

髪の毛は普段、生活しているだけでどうしても抜け落ちてしまいます。

掃除グッズの収納場所を手に取りやすいところに変えてみたり、コマメに掃除できる工夫をして、フローリングをキレイにしていきましょう!

 

 

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スニーカーのメンズとレディースの違い! サイズは同じでも何かが違う?

「おっ、このスニーカーいいじゃん♪」と思いよく見てみると、 レディース用でガックシ。なんてことありますよね。   皆さんはスニーカーのメンズとレディース、何が違うのか知っていますか? &nb …

電車の車内放送アナウンスが聞こえにくい! その理由とは? 対策はある?

  通勤、通学で毎日電車に乗る人やたまにしか乗らない人、電車の利用頻度は人それぞれですね。   私は、学生の頃は毎日使っていましたが、今では2、3ヶ月に1度乗るかどうか… という程 …

どちらがお得? 遠いけど安いスーパーVS近いけど高いコンビニ! 本物の節約上手の選択は!?

  買い物から帰ってきて、荷物を出して、 「さあ、作るぞ!」と気合いを入れた矢先 「マヨネーズ買い忘れた~!!」 なんてこと、主婦の皆さんなら経験がありますよね。   ポテサラだし …

個人で開く料理教室の場合は、価格設定と集金方法はどうするのがおススメ!?

自分で料理教室を開こうと思ったら、特に資格や看板などが無くても始めることはできます。   どこかの教室に所属するなら、いろいろと規制や登録料などもある程度決まっていますが、自力で開催する場合 …

女性ひとりで合宿免許取りに行って大丈夫?その注意点は?

自動車免許を、どうせ取りに行くなら合宿免許が、早くてお得だと聞きますね。   けれど、一人で地方などの合宿免許、行くのって大丈夫なのでしょうか?   行くとしたら注意点は? &nb …